FC2ブログ
昨年、中二の息子が自転車で転倒し両手を骨折、ギプスで固定されてしまいました。
おしっこもままならずにメソメソしている息子を、母親として心を込めて看病してやりました。
トイレに行くにも、私がパンツを下してやらなければなりません。でも、いつの間にかペニスも陰毛も一人前になっていてちょっと感慨に耽ったりして。
事故から数日たち、心も体も回復してきたので、事故後初めてお風呂に入れることにしました。
もちろん、まだ一人では入れませんので、私が一緒に入ることに。はじめは息子も嫌がっていたけれど、本人もお風呂に入れず気持ちが悪かったのでしょう。結局、私が洗ってやることを受け入れたのでした。

まず息子を裸にし、私も濡れるのが嫌だったので裸になりました。他意は無かったんですよ。親子だし。
息子はかなり嫌がってましたけどね。
体を洗ってやってるうちに、息子がチラチラと私の胸や股間を見ているのに気付きましたが、知らん顔をしていました。
でも、いつの間にやら、息子のおチンチンが膨らみかけているじゃありませんか!そして、
「あれっ?」
と、思う間もなく、ビンビンと本格的に立ってしまって…
息子は顔を真っ赤にし、私は私で動転してしまって、
「何やってんの!いやらしいわねえ。小さくしなさい!」
なんて叫ぶ始末。
「しかたないだろ!」
息子は泣きそうな声です。
ちょっと可哀想になって
「若いから仕方ないけどね」
と言って、平静を装って洗い続けました。

チラチラ観察すると、先っぽだけ少し剥けていて白くてきれいなおチンチンでした。まだまだ薄いけれど、陰毛だって立派に生えている。
私の体を見て勃起させていたと思うと、思わずクスッと笑いたくなります。
お尻の穴までタオルで洗ってやりましたが、さすがにおチンチンには手が出ません。
浴室から出てバスタオルで拭いてやりましたがパンツをはかせるまで勃起は収まらず、息子はしばらく不機嫌でした。

それから三日に一度の割でお風呂に入れるようになったのですが、条件反射のように勃起を見せ付けられてちょっと可哀想になって来ました。
「ギプスじゃ、一人エッチも出来ないね」
と、冗談ぽく言ってみましたが黙りこくっています。
「困ったわね。お父さんにやってもらう?」
と聞くと、
「絶対に嫌だ!」
と断固拒否。
「じゃあ、お母さんがやってあげようか?」
と冗談で言ってみたら、黙りこくってしまいました。
なんだかヤバイ雰囲気になりかけたので、思い切っておチンチンを洗ってやろうと思って、半分皮をかぶった勃起チンチンを少し剥いてみると、白い垢がびっしりで、ひどい匂いがします。
「何よ、これ!病気になるわよ」
私は濡れたタオルで柔らかく垢を取ってやり、息子はヒーヒー痛がってましたが勃起は収まりません。
やっときれいになったので、何気にチンチンを握って軽く手を動かしてみました。ホントに何気にやったんです。
息子はハッとしていましたが、すぐに
「ああ…」
とか声を出しながら、勢いよく精液を飛ばしてしまい、私のお腹のあたりを直撃したのです。
事の成り行きに私もビックリしましたが、ハアハアしている息子の顔を見たら、なんか可笑しくなって
「ダメじゃない。あそこに入ったら子供出来ちゃうよ」
と笑って冗談を言いました。
息子は
「ごめん…」
と言ったきり、うつむいてしまいましたが、さすがに勃起は収まり、その後、体を拭いて服を着せてやり、その日は終わりました。

息子をお風呂で初めて射精させてから三日後に、またお風呂に入れることにしたのですが、脱がす時からピンピンで苦笑い。
「脱がしにくいじゃないの!」
「だって…どうしようもないよ」
息子は口をとがらせます。
まずは座らせて髪を洗ってやりますが、目をつぶっているのをいいことに、あらためてしげしげとペニスを観察。
主人のおチンチンも大きい方ではありませんが、なんとなく似ているものですね。さすがは親子です。
立たせて体を洗う時、偶然ですが何度もおチンチンと私の体が当たってしまいました。硬いというか、すごく弾力があります。
一通り体を洗った後、座らせてチンチンの皮を静かに剥いて、恥垢を取ってあげます。
たった三日間でもすごく溜まるものですね。
キレイにしてから
「どうする?出したいの?」
と聞くと、難しい顔をしながらもコックリうなずきます。ムッツリ助平も父親譲り?
前にお腹に掛けられたので、今日は後ろに回って抱くようにしておチンチンを握りました。
(やっぱり若いチンチンねえ)
と、しごくというより優しく擦ってやりました。
息子の息が乱れてきて、私の乳首が背中に触るとビクッとするのが面白かった。
射精までそう時間はかかりません。
ちょっと強く、早く手を動かすと
「ああ!」
と、大放出。
しばらくピクピクした後、私に体を持たせかけて、ぐったりなってしまいました。
乳房に息子の体重を感じる。
その後は体を拭いて服を着せ、何も無かったように普段の生活です。

お風呂も慣れてくると私もだんだん大胆になり、座らせて洗ってやる時わざと乳房を顔に押し付けたり、何気にチンチンに触れたり、しゃがんで脚を開き気味にしたりしました。息子の反応が面白いので。
射精の時も、体をピッタリと後ろから密着し、乳房を背中に押し付けたり陰毛をお尻に密着させたりします。
生意気にも射精をガマンしようとするものだから
「ガマンしないで出しちゃいなさい!」
と、叱りつつ、右手でチンチン、左手でタマタマを愛撫したりして、あっけなく精液を飛ばすのを見て(ムフフ)と喜んでいました。
そのうち私も変な気分になってきて、右手でチンチンをしごきながら、左手で自分の股間をこすったりしました。
息子からは死角だと思っていたのに、しっかり見られてたりして…

夢のような一ヶ月でしたが、ついにギプスが取れる日が来てしまいました。
病院でギプスを取ってもらい、二人で家に戻ってから
「これで思いっきり一人でオナニーできるね」
と言うと、恥ずかしそうに笑っていました。
(おわり)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2009.12.28 Mon l 息子の骨折 l コメント (5) トラックバック (0) l top
朝、一平がスタッフルームに駆け込むと、村田以下が沈鬱な顔で押し黙っていた。
「ひろみさんが逮捕されたって…どうしてですか?」
「おお…一平か」
村田が力ない声で応えた。
「詐欺の容疑だと」
「サギ…?」
「付き合ってた男と一緒にパクられたらしい。その男が宝くじ詐欺を仕掛けてた。加盟金100万、保証金400万で宝くじを販売する権利を取得出来るってな。もちろん大ウソなんだが、その説明会にはいつも飛鳥ひろみがゲストで現れて、その後のパーティーでは客にお酌して回ってたらしい。詐欺の片棒を担いだと見られても仕方ないな。そんな杜撰な詐欺でも被害者は100人以上いるそうだ」
「そんな…ひろみさんは、どうなるんですか?」
「そんなことオレたちにわかるはずないだろう!だいたい、なんでひろみは、そんなすぐにバレそうなことをやったんだ?」
最年長で情報通の前原がそれに答えた。
「貧すれば鈍するさ。ひろみの男はヤグザがらみの借金をだいぶ抱えてたみたいだからな。返せなきゃ警察より怖いヤグザに命を狙われる。もしかしたらひろみは、体まで客に提供させられていたのかもしれない…」
「そんな!そんなことひろみさんが…」
興奮して泣き出してしまいそうな一平を村田が叱咤した。
「泣くな一平!ひろみを庇ってばかりいられないぞ!ひろみのせいで完成直前の映画がお蔵入りになるんだからな!みんな、あんなに頑張ったのに…」
「お蔵入りって…『赤い欲望の女』は上映出来ないんですか?」
「当たり前だろう。主演女優が逮捕されたんだぞ…裁判は時間が掛かるし、完全無罪ってワケにもいかんだろう。フィルムは永遠に倉庫の隅…いや廃棄処分になるかもな」
「そ、そんな…」
一平は体中から力が抜け落ちてへたりこみそうになり、ようやく近くにあったイスに座り込んだ。
「立場がやばいのはプロデューサーの狛江さんだな。上層部の反対を押し切って飛鳥ひろみを主演に据えたのに、会社に大損害を与えてしまった。狛江さん、もうプロデューサーとしてやって行けないかも…」
前原の声も沈んでいた。
「まあ、オレたちはサラリーマンだからな。映画が上映されなくても給料はもらえる。お蔵入りなんて業界ではよくあることだ。気持ちを切り替えて次の映画に取り掛かる。それがプロだ。なあ、一平…」
村田が皆を元気付けるように言った。
「は、はい…でも、ひろみさんはこれからどうなるんでしょうか?」
「今日中に横浜に移されるらしいよ。なんでも詐欺の舞台は横浜なんだって」
教えてくれたのは記録係のユミちゃんだった。
「今ごろ警視庁前にはマスコミが陣取ってるわね。護送車が出てきたら一斉にカメラのシャッターが切られる。テレビニュースでよくやってるヤツよ」
その時、一平が弾かれたように立ち上がった。
「オレ…オレちょっと行ってきます!」
「おい一平!どこ行くんだ?」
脱兎のごとく飛び出した一平をスタッフたちは呆然と見送った。

一平は全速力で駅まで走ると、電車の中でも足踏みを続け、自宅最寄りの駅に着くや再び全速力でアパートに戻り、靴をはいたまま部屋に上がると、押し入れからプラスチック製の衣裳箱を引っ張り出して中身をぶちまけた。
一番底に畳まれていたピンクの布。それを手にすると再び立ち上がり、カギも掛けずに飛び出した。
私鉄と地下鉄を乗り継ぎ、桜田門駅で降りて地上に上がれば、そこにテレビでお馴染みの警視庁本部の、ものものしい建物が一平を睥睨するように見下ろしていた。
一平が再び走りだすと、歩道に立っていた警察官が、『ちょっと待って!』と停止を命じた。
「そんなに急いでどこ行くつもり?」
「あ、はい。ひろみさんは…飛鳥ひろみを乗せた護送車はどこから出ますか?」
「なんだ、マスコミか。そこの辻を曲がったら車の出入口。お仲間がいっぱいいるよ」
「あ、ありがとうございます」
再び走り出した一平が角を曲がると、すでに30人近い人だかりになっていた。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.10.23 Sun l 息子の骨折 l コメント (0) l top