FC2ブログ
僕と祐二は幼馴染で、また母親同士も親友だ。
小学生時代から、夏休みになると祐二の家が所有する海辺の別荘に遊びに行くのが恒例になっていた。
両方の父親は仕事人間で、あまり家庭を顧みないタイプだったこともあり、僕らはいつも母子2組で出掛けていた。
初めてその別荘に行ったのは、たしか僕らが小3の夏。
別荘から歩いて行ける距離に、観光客なんてほとんど来ない、狭いけれど白くて静かな砂浜があって、僕ら子供はそこで穏やかな波と戯れ、母たちは日頃の疲れを癒すようにパラソルの下で午睡を楽しんでいた。
明るい陽光の下、チューブに乗っかって浮遊しながら、僕は意外と露出度の高い水着で寝そべる母たちの姿を遠くから眺めていた。小3ともなれば、充分そういうことが気になる年齢なのだ。

夏の光がようやく和らいだ頃、僕らはおのおの荷物を担ぎ、水着のまま別荘に歩いて戻ると、祐二ママの提案でそのまま4人でお風呂に直行することになった。
小3男子ともなれば、母親と一緒に入浴することに少なからず抵抗を感じる年齢だ。僕も自宅では一人で入浴する習慣が付いていたのでちょっと戸惑ったけれど、祐二が意外とそういうことに拘らないタイプだったので(後で聞いたのだが、普段から祐二は母親と入浴していたらしい)、恥ずかしかったけど平静を装って、みんなと一緒に旅館のように大きなお風呂に入った。

お風呂では、母親のおっぱいを久しぶりに見て懐かしかったけど、やはり祐二ママのヌードが気にかかる。
母のものより、はるかに大きくて形もいいおっぱいをドキドキしながら盗み見したのを思い出す。
母のより薄い祐二ママの陰毛と、その下に見え隠れする割れ目に思わず見とれてしまい、気付いた祐二ママに『ククッ…』と笑われてしまい、照れ隠しに湯船に飛び込んで母に叱られた。

それ以降、毎年夏休みになると、4人で祐二家の海辺の別荘に出掛けるのが夏休みの大事なイベントのひとつとなり、僕の秘かな楽しみでもあった。
僕は前年のお風呂で見た、祐二ママの白い裸体が気になって仕方がなかったのだ。

普段から親しく交わる二組の親子だったが、祐二は僕の母親に妙になつき、僕は僕で優しい祐二ママに惹かれていった。
四年生の夏休み、前の年に続いて海辺の別荘に出掛けた僕らだったが、どんな展開だったか会話の流れで祐二ママが、
『別荘にいる間、親子交換しない?』
と言い出した。
僕は一瞬どういうことなのかよく理解出来なかったのだが、祐二は即座に『いいねえ』と、大人びた返事をし、僕の母は苦笑するだけ。やっと僕が理解する頃には、別荘限定での母子チェンジが決定していた。
もちろん親子交換と言っても他愛のないもので、寝室を入れ替えるぐらいのもの。祐二家の別荘には、いわゆるツインのベッドルームが三つあり、いつもはその一室で僕は母と寝ていたのだが、その夜からは祐二ママと同じ寝室になった。
その夜は、ベッドに入ってからしばらく学校のことを話していたが、不思議なワクワク感にもかかわらず、結局はすぐに眠ってしまった。

翌日は朝からビーチに出てのんびりと泳ぎ、お昼前、祐二ママが『一度戻ろう』と声を掛けたが、僕の母が『もう少し祐二クンと泳ぐ』と、祐二と手をつないで海に入って行った。
僕は、甘酸っぱい羨望感に襲われながら、遠ざかる母と祐二の後ろ姿を見つめていたのだが、『じゃあ、私たちだけで戻ろう』と、祐二ママが僕の手を取ってくれた。
僕は嬉し恥ずかしな気持ちで、祐二ママと手をつないで別荘に戻った。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2010.07.15 Thu l 夏休み l コメント (2) トラックバック (0) l top
別荘に戻ってさっそくお風呂に入り、祐二ママと二人でシャワーを浴びた。
裸になった僕を祐二ママが洗ってくれたのだけど、僕はただ立ちっ放しで体を委ねているだけ。
そして、ボディシャンプーを取るために祐二ママが後ろ向きに屈んだ瞬間、お尻の下のあたりに、見たことの無い女性の部分がチラッと見えてしまって…
その後、呆然と体を洗われていたのだけど、先ほど見えてしまった祐二ママのすぼまったお尻の穴や、その下に続くまばらな毛に囲まれた、ふっくらとした部分が目の前にちらついて、めまいがしそうだった。

その後、祐二ママに体を拭いてもらい、服を着てリビングのソファまで戻った時、短パンの中で勢いよくチンコが固くなっているのに気付いた。
僕は祐二ママの前で勃起しなかったことに感謝しながらも、祐二ママの股間や形よく揺れていた乳房を思い出しては、うっとりとしていた。しばらく勃起は収まらなかった。

祐二ママが作ってくれた冷たいトマトのパスタを食べていると、僕の母と祐二が戻って来た。
「あら、美味しそうね」
「あなたたちの分もあるから、シャワーを浴びてらっしゃい」
「うん、そうする。祐二クン、行こ」
母は祐二を誘って、二人でバスルームへと消えた。

食後は祐二とゲームで対戦し、それから子供たちだけでビーチに出かけた。
ビニール製の小さなバナナボートで遊んでいる時、祐二が、
「ママと一緒にシャワーを浴びたのか?」
と、聞いて来た。
「うん、洗ってもらった。祐二は?」
「僕もシャワーで流してもらった。で、目の前におばさんのお乳があったから、つい口で吸っちゃった」
僕は、沖から大津波が来て天地がひっくり返るんじゃないかと思うくらい驚いた。
「おっぱい吸ったのか?…叱られただろ?」
「別に。エッチねえっ…て笑ってた」
僕は、口をポカンと開けたまま惚けていた。
僕の母は厳しい人で、僕が小さい頃、甘えておっぱいに手を伸ばしても、邪険に振り払われたものだ。だからもの心付いて以来、誰かのおっぱいを吸うなんて記憶はひとつも無かった。
それなのに、祐二には笑って許したのか!
「なんかさあ…女の人のおっぱいっていいよな」
祐二がしんみりとそんなことを言う。
「…お母さんのおっぱい、小さいだろ?」
嫉妬心に襲われながらうめくように言うと、
「ママより小さいけど、なんかしっかりしてる感じ。先っぽもママのより堅かった」
と、また驚くようなことを言った。
「って、おまえ、おばさんのも吸ってるのか?!」
「う~ん、たまにね」
祐二が珍しく照れながら言ったが、僕は考えこんでしまった。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2010.07.16 Fri l 夏休み l コメント (2) トラックバック (0) l top
「僕にも…吸わせてもらえるかな…」
心の中でつぶやいたつもりだったのに、どうやら声に出ていたらしい。
「言ってみれば?おまえなら大丈夫だよ」
能天気な祐二の声を聞きながら、僕は(いったいなんて言えばいいんだ?)と、再び考えこんでしまった。

その夜は子供同士でお風呂に入り、夕食を食べてみんなでテレビを見て、早々に寝ることになった。
祐二ママと同じ寝室に入り、『おやすみ』を言って別々のベッドに入ったのだけど、なにやら興奮していてなかなか寝付かれない。
そんな僕の気配を察したのか、祐二ママが、
「どうしたの?眠れないの?」
と、声を掛けてくれた。
「う、うん…」
「こっちに来る?なんかお話しようか」
優しい祐二ママの提案に、僕はおずおずとおばさんの寝るベッドに潜りこんだ。

「いつも祐二と仲良くしてくれてありがとう」
肩を接する位置に横たわりながら、祐二ママが意外なことを言い始めた。
「あの子ちょっと変わってるから、いじめにあいやすいでしょ?ナオ君のおかげで助かってるって思ってる」
そんなおばさんの言葉を聞いて、おのずと僕たちの学校生活に思いを馳せることになった。

たしかに祐二はマイペース過ぎるところがあって、クラスメイトを混乱させることも多く、はっきりと祐二のことを嫌っているヤツもいた。
頭はいい。母親に似て思いやりのある優しい性格だ。でも周囲の誤解を受けやすいのだ。先生も例外ではない。
翻って僕はと言えば、小心なまでに周りに気を遣う性格で、誰にもいい顔をするタイプ。で、結局クラスの面倒な仕事はだいたい僕のところに回って来た。
損な役回りにブツブツ言いながら、教師に言われて実験の準備なんかをしていると、祐二だけが黙って手伝ってくれた。
そんなこんなで、僕たちはいつも一緒に行動するようになったのだ。
たしかに僕には八方美人的なところがあり、教師の受けも悪くは無かったが、僕と一緒だから祐二がいじめのターゲットにならなかったわけではない。
低学年の頃、祐二はよくいじめっ子たちにバカにされ、こづき回されていたが、ある日、突然キレた祐二が大暴れをして、逆にいじめっ子たちを追い掛け回す事件があったのだが、それ以来祐二は一目置かれるようになったのだ。ただそれだけ。
でも僕はあえてそんなことを祐二ママに言ったりはしなかった。僕は子供の頃からけっこう狡猾だったのだ。
「だから…いつまでも祐二と友達でいてね」
「うん…」
祐二ママは、『ありがとう』と言いながら、僕の頭をギューッと抱きしめてくれたので、僕の鼻先は豊かな乳房に埋まってしまうことになった。
僕は淡い化粧水の香りを嗅ぐように、鼻をクンクン鳴らしていたのだが、やがて祐二ママが僕の頭を離した。
もう終わりなのかと思ったら、祐二ママは笑顔を湛えながらパジャマのボタンを外し、たわわな乳房を僕の目の前にこぼしたのだった。
そして再び僕の頭を抱き締めてくれたので、僕は裸の乳房に頬を押し付けることになり、やがて思い切ってさくらんぼのような乳首を口に含んだ。
無心に音を立てて乳首を吸う僕の耳に祐二ママの微かな笑い声が聞こえた。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2010.07.17 Sat l 夏休み l コメント (2) トラックバック (0) l top
次の日、海に出ると喜び勇んでおばさんのおっぱいを吸ったことを祐二に報告した。
「ベッドで吸ったのか?大人みたいだなあ」
感嘆する祐二に勝ち誇りたい気持ちの僕だったが、続く祐二の報告は、またまた衝撃的なものだった。
『寝る前に、おばさんがおやすみのキスをしてくれた』と言うのだ。
「ほっぺにか?」
「いや、唇」
う~ん、祐二おそるべし!

その日は宿泊最後の日だったので、夜は4人でお風呂に入ることになった。
はじめ、子供たちが体を洗ってもらったのだが、もちろん僕と祐二ママ、祐二と僕の母のペアだ。
そして僕は体中を洗われながら、初めてみんなの前でチンコを立ててしまった。
焦った僕は、なんとかカモフラージュしようとしたのだけど、『洗いにくいでしょ』と、おばさんになかば強制的に手を取り除かれて発覚。
でもおばさんは優しい笑顔を浮かべるだけで何も言わなかったし、僕の母も横目でチラチラ見ていたはずなのに、いわゆる見て見ぬフリ。祐二はニヤニヤ笑っていたけれど、彼のチンコは平常を保っていた。オトナだ…
そして僕は、開き直って隠すのをやめた。

やがて洗うのを交代することになり、二人の母親がお風呂イスに座って、小4男子二人がその後ろでタオルを手にして立った。
そして気合いを入れてそれぞれのパートナーの背中をタオルで擦り始める。
「やっぱり男の子は力が強いから気持ちがいいわ」
祐二ママがうっとりと言うと、僕の母も、
「ホント、極楽」
とか言いながら、目を細めている。
でも、いつまでも背中ばかり洗うわけにもいかない。どうしようかと思案していると、祐二が母の肩から腕を洗い始めたので、さっそく真似をする。
自然と二人とも母親たちの前に回ることになったのだけど、祐二ママが目を閉じたまま、気持ちよさそうに胸を反らしたので、思い切って乳房にタオルを伸ばした。
すぐ横で祐二も母の胸を洗っていたのだけど、いつの間にか祐二もチンコを立てていた。
こうして息子たち二人がチンコを立てながら、一心に胸を洗い、母たちはクスクス笑い合っていた。

結局僕たちのサービスはそこまでで終了。僕はもっと他の場所も洗いたかったのだけど、母たちに『もういいわ。ありがとう』と、言われてしまったのだった。
お風呂を出てからひと休みして、それから最後の夕食を取り、食後には母たちも混じってゲームを楽しんだ。
ここでも自然と僕は祐二ママとペアとなり、おばさんに応援してもらっていつも以上に気合いが入り、祐二も負けじと熱戦となった。こうして夏の夜は更けて行く…

珍しく、深夜12時近くまで4人で遊んだのだけど、最初に祐二が睡魔に負けてギブアップ。
そしてそれぞれのカップル(?)で寝室に入ったのだった。
「楽しかったわね。来年も絶対に来ましょうね」
ベッドに入ってから祐二ママが感慨深く言った。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2010.07.18 Sun l 夏休み l コメント (4) トラックバック (0) l top
「うん…今から来年が楽しみ」
僕の答えに、祐二ママはクスッと笑って、『まだ今年の夏は終わってないわよ』と言った。
「じゃあ、今夜も一緒のベッドで寝ようか?いらっしゃい」
祐二ママがそう言ってくれたので、僕は喜んで枕を持ってベッドを移動した。
ひとつの布団に収まって、至近距離で顔を合わせると、二人して意味なくニコニコと笑い合う。
「疲れてるでしょ?眠くないの?」
そこで僕は、気になっていたことを思い切って話すことにした。
「お母さんと祐二はおやすみのキスをするんだって」
「あら…そうなの?」
おばさんはそう言って、悪戯っぽく瞳をクリクリ動かしたけど、よほど僕が物欲しそうな表情をしていたのだろう。笑いながら『わかったわよ。じゃあ、おやすみのキスをしてあげる』と、僕の頬にチュッと唇を付けてくれた。
たしか祐二は唇に受けたって言ってたっけ…
そんな僕の不満が通じたのか、祐二ママは苦笑しながら顔を近付けると、唇をすぼめるようにして、素早く僕の唇に重ねたのだった。
ホントに唇にしてくれるとは思っていなかったので、僕は思わず目を見開いたのだけど、祐二ママは再び悪戯っぽく笑うと、今後は舌を伸ばして近付けてきた。僕も反射的に舌を伸ばし、やがて舌先同士がピトッとくっつきあった。
「はい、おやすみのキス終了。じゃあ、寝ましょうか」
祐二ママはそう言って、灯りを消した。

僕は、すぐそばに祐二ママの体温を感じながら、思いがけない初キスに舞い上がっていた。
興奮して眠れないかと思ったのもつかの間、目を閉じると同時に眠りに落ちていた。
今思えば、あれは酒に酔うのと同じ状況だったのだろう。
こうして僕らの小4の夏休みは終わった。

東京に戻った僕らが、別荘でのことを話題に上げることは稀だった。
家で母親とそのことで話をすることは無かったし、たまに会う祐二ママとは、親しくは接してくれるものの、息子の親友の領域を越えるものではなかった。
あわよくば、あの時のようなキスを…なんて考える僕の考えは甘かったようだ。
祐二と二人きりの時ですら、その話題は出なかった。
そしてなぜか、僕もその話題を振るのははばかられたのだ。
まるで僕一人夢でも見ていたかのような気分だった。いや、逆に三人が示し合わせて僕に忘れさせようとしているのか?
あの海辺の別荘での出来事が夢か真実かは、どうやら次の夏休みを待つしかなさそうだ。

月日は過ぎ去り、僕らは五年生になった。
同級生たちも色気づきはじめ、誰と誰が両想いなんて噂も立つお年頃。
僕と祐二にその手の話題は無かったが、それでも僕らはスクスクと育ち、僕の身長は平均を少し上回るペースで伸びていた。
祐二はどちらかと言えば小柄な方だったが、脳ミソの発育は僕より順調らしく、頭の良さを発揮し始めていた。
もっとも優等生タイプとは違い、自分の興味のある事柄にだけ執着するタイプで、当時すでに日本の戦国時代と第二次大戦におけるヨーロッパ戦線の知識については他の追随を許さなかった。
そんな僕らに、待ちに待った夏休みがやって来た!
また今年も、あの素敵な祐二ママとお風呂に入れるのだろうか?
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2010.07.19 Mon l 夏休み l コメント (2) トラックバック (0) l top