FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
中学2年の夏休み、私は恒例となった母の実家への里帰りに同行しました。
父はこの年は仕事が忙しくて不参加だったので、母と二人での帰郷です。
場所は信州長野県松本市の近郊。
大好きないとこのユリちゃんに会えるのが嬉しくって、何日も前からユリちゃんと、
『ゆきえちゃんが来るのが待ち切れないよ』
「うん、私も今からワクワク」
なんて電話で話し合っていました。
当日、JR松本駅まで伯母さんとユリちゃんが迎えに来てくれました。
「ユリちゃ~ん!」
「ゆきえちゃ~ん!」
私たちは混み合う駅の改札前で子犬みたいに絡み合って再会を喜び合いました。
「あれあれ、あんたたち小学校の頃から全然変わんないねえ」
伯母さんは呆れていたけれど、いいんだもん。私はユリちゃんと会うと嬉しくって子供に戻っちゃうんだもん。
でも当然私たちはもう子供なんかじゃなかった。
特にユリちゃんは身長が伸び、しかも胸なんかもしっかりと充実していて、抱き合った瞬間、ズン!と私の胸を押し返してきたほど。
一方、私はといえば、相変わらず胸もお尻も小さくって…
でも、いいのだ。私にはケンちゃんがいる。ケンチャンは小さな私の胸だって大好きなのだ(たぶん)。
そう、今回はユリちゃんに、恋人のケンちゃんのことを打ち明けようと決めていたのです。

伯母さん運転の車で一度ユリちゃんちに帰ってから、私とユリちゃんの二人だけで近くの公園に出かけました。
夏の信州は東京に比べて格段に過ごしやすいけど、紫外線は強い。だから私たちは大きめの麦わら帽子で陽射しから顔を守ります。若いからこそ美容には気を付けなきゃね。
そして木陰のベンチに座っていろんなことを語り合いました。
最初は学校のことや、クラブ活動のこと、それから好きな音楽やテレビについて話しが盛り上がったのですが、やがてユリちゃんの方から、
「彼氏出来た?」
と、なにげに振ってきました。
ユリちゃんとは何度も電話で話していましたが、ケンちゃんのことを話したことはありません。
だいたいユリちゃんは、自分よりはるかに子供子供している私に彼氏がいるなんて想像もしていなかったと思う。だから今回の『彼氏出来た?』も、ちょっとした社交辞令だったと思います。
私は出来るだけ気をもたせようと言葉を切り、やがて、
「う~ん…うん」
と、首を縦に振ったのでした。
「えっ?ゆきえちゃん…彼氏いるの?」
今度はユリちゃんが絶句した。よほどショックだったのでしょう。
「ええ~!初耳だよ!誰?同級生?」
「う、うん…近所の幼なじみかな」
「そうなんだあ」
ユリちゃん、目が泳いでる。
「ユリちゃんは?」
「私?私はいないよ…でもゆきえちゃんに先を越されてショック~!」
「…えへへ」
最初の衝撃から立ち直ったユリちゃんは、私にしっかと視線を向けると、
「こうなったら詳しく聞かせてもらうからね。正直に答えてよ」
と、笑いながら言ったのですが…目が笑ってないって。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2010.10.21 Thu l ゆきえの冒険・中学生編 l コメント (2) トラックバック (0) l top
それからユリちゃんの質問責めが始まり、私はひとつひとつに丁寧に答えてあげました。
あっ、もちろんケンちゃんのプロフィールに関してのことが中心で、ホントに肝心なことはぼかして話しましたよ。
たとえば、私たちが付き合うきっかけになった私とケンちゃん、それに奈緒ちゃんの3人で、負けたら着ているものを脱いで行くゲームをしたなんてこと話せるわけないですから。
「ふ~ん、で、キスはしたの?」
ユリちゃんが声をひそめて探るように聞いてきたので、
「ん?う~ん…したかな」
って勿体ぶって答えちゃいました。
「ヒエ~!マジっすか~!ゆきえちゃん、おとな~!」
「えへへ」
「でも、それ以上のことはしてないよね?たとえば胸を触られたとかさあ」
「え?ああ、それは無い無い」
ウソついちゃいました。ユリちゃんは、
「そうなんだ、キスまでなんだ。ふ~ん」
と、ちょっと安心したみたいです。
「でもいいな。私も彼氏欲しい~!」
「ユリちゃんなら、その気になればすぐにでも出来るでしょ?」
「う~ん、それがそうでもないのよ。好きな人には振り向いてもらえないのに、変なオタクっぽいヤツからキモい手紙もらったりするのよね。オタクとか死ねばいいのに」
…って、それはちょっと言い過ぎだと思う。
まあ、ほとんどの人がホントに好きな人とは結ばれなかったりするのが人生なのかもしれませんね。成功者の余裕からか、そんなことを思う私でした。

その夜は親戚一同で賑やかに夕食を共にし、その後、ユリちゃんと一緒にお風呂に入りました。
小学校5年生以来一緒に入るのは控えていた。だって、だんだん大人の体になってきていたし恥ずかしいじゃないですか。
でも、この年はユリちゃんに誘われて、何となく断りそびれてしまったのです。
私がこそこそ脱いで、裸になってもタオルで前を隠しているのと対照的に、ユリちゃんは大胆にすっぽんぽんになると、前も隠さずに浴室へ入って行ったのでした。
その胸やお尻、それにあそこのあたりに思わずに見とれてしまいます。
キレイに盛り上がったまっ白いおっぱい、引き締まったお腹とお尻、程よく生え揃ったあそこの毛、すらりと伸びた長い脚。
「ユリちゃん、キレイ…」
思わず口に出してしまったほどです。
「そんなことないよ」
ユリちゃんは照れもせずにそう言いましたが、それに比べて私ったら…
相変わらず、胸もお尻も貧弱で、毛だってちょぼちょぼ。
(でも、いいんだ!ケンちゃんはこんな私が好きって言ってくれたんだもん)
それが私の心のよりどころです。
「ゆきえちゃん、彼とキスまでってウソでしょ」
「えっ!どうして?」
「だって、おっぱいにキスマーク付いてるもん」
「ええ~っ!ホントに?」
私は慌てて胸を確かめたのですが…
「へっへ、うっそだよ~ん!その慌てっぷりは、さてはおっぱいも愛撫されてるな?」
「ええ!ひどいよユリちゃん!」
私は真っ赤になって抗議です。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2010.10.22 Fri l ゆきえの冒険・中学生編 l コメント (2) トラックバック (0) l top
「あ、ゴメン。感じちゃった?」
ユリちゃんが急に真面目な顔になったので、私は、
「知らない!」
と、拗ねた振りをして、乱暴に体にお湯を掛け、浴槽に入りました。
「あ、怒った?怒んないでよ。私、羨ましがってるんだから」
そう言って、ユリちゃんも浴槽に入って来て私と並びました。半身浴です。
ユリちゃんちのお風呂はとても大きい。ユリちゃんは『古いだけで使い勝手が悪い』と言うけれど、少しうらやましいぐらい。
「ユリちゃんの好きな人って?」
私は気持ちを取り直して逆質問してみました。
「ん?えーとねえ…学校の先輩で、今、高一なんだ。窪田先輩って言って、サッカーやってるの」
「ふ~ん。カッコイイんだ?」
「もう最高!そうだ!明日先輩の学校に練習見に行く?絶対、ゆきえちゃんの彼氏よりカッコいいんだから」
「あっそ…どっちでもいいけど」
ユリちゃんはだんだん自分モードに入って行ったようです。
「ああ、窪田先輩とキス出来たらなあ。おっぱいに触ってもらってもいいし」
夢見るような目で自分のおっぱいを触り始めたのでビックリ。
「ちょっと、ユリちゃん!私がいるのにおっぱいに触らないでよ」
「あ?ああ、ゴメン。でも、窪田先輩になら上げてもいいと思ってるの」
「…」
そう言いなが、らさらに乳首を弄ぶものだから、ピンと勃っちゃってます。
お椀を伏せた形のキレイな乳房の先端のピンク色のコリコリした乳首。私のより大きいその乳首は、すごくエッチっぽくて、ちょっと奈緒ちゃんのに似てるなって思いました。
「ねえ、ゆきえちゃんも一人でするでしょ?」
自分の乳首を軽く引っ張りながら、ユリちゃんが私を見た。
「え、ええ?そんなこと…」
前にもこんなこと聞かれたぞと思いながら、私は言い淀んだ。
「私、夜お布団に入って窪田先輩のことを考えてると、たまらなくなって胸とかあそことか触りたくなるんだよね」
「…」
「ゆきえちゃんも、ケンちゃんだっけ?彼氏のこと考えて一人ですることあるでしょ?」
「ん、う~ん、たまにね」
これも半分はウソでした。最近はひとりエッチも、けっけう頻繁だったりして…
「男子は毎日するらしいよ。きっと彼氏もゆきえちゃんのことを想いながら一人エッチしてるよ」
「…知らない、そんなの」
これもウソです。
知らないどころか、ケンちゃんは私の目の前であれをするのですから。
「窪田先輩は、私のことなんかエッチの対象に考えてないんだわ、きっと」
「そうなの?」
「私は毎晩、先輩をおかずにしてるのに」
「…おかずって言い方は、やめた方がいいんじゃない?で、ユリちゃんは先輩に告白したの?」
「ヤダ!そんなこと出来るわけないじゃん!ガールフレンドいっぱいいるし」
「彼女いっぱいいるんだ?」
「違う!彼女じゃない!ガールフレンド!」
恋は盲目と言うけれど…子供の頃からおりこうさんで評判だったゆりちゃんも、好きな人のことでは見境が無くなるようです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2010.10.23 Sat l ゆきえの冒険・中学生編 l コメント (2) トラックバック (0) l top
想い出エッチ・小学生編』、『想い出エッチ・中学生編』、『ゆきえの冒険・小学生編をご参考に^^


その夜、私はお母さんと一緒に寝ることになりました。
ユリちゃんの部屋で一緒に寝たかったけれど、伯母さんに、
「あんたたち一緒に寝かせたら、いつまでも起きてるから」
って言われちゃって。
たしかに私も、ユリちゃんにケンちゃんとのことを打ち明けたことで、かなりの興奮状態。体が火照って眠れそうにないし、お風呂でマスターベーションを始めそうになったユリちゃんも、私の告白を聞いて刺激されたに違いありません。
早々に寝息を立てる母の隣で、私は何度も寝返りを打ちました。
いつもなら、夜の習慣として胸とかあそこをいじったりするのですが、さすがに母が隣に寝ている今夜は無理です。
仕方なく、掛け布団を股に巻き込んでギューッて力を入れてみた。あそこの奥からトローッとした快感が湧き上がってくる感じ。
(ケンちゃん…)
いつもケンちゃんの顔や、ペニスを思い浮かべて気持ちよくなる。ユリちゃん流に言うなら『おかず』…かな?ふふ。

初めてケンちゃんの勃起を見せられたのは小6の時でした。
その時のことや、ケンちゃんのペニスの根元に陰毛を見つけた時のことは決して忘れられません。
でもあの頃は、いつも隣りに奈緒ちゃんがいた。私とは対照的にハキハキして物怖じせず、大人びた奈緒ちゃんに私はあらゆる面でコンプレックスを感じていたのです。
さらに奈緒ちゃんもケンちゃんに密かな好意を寄せていることに気付いていたので、引っ込み思案な私はケンちゃんへの想いを隠さざるを得ませんでした。
そんな私に、思いもしなかった幸運が舞い降ります。
奈緒ちゃんがインフルエンザで寝込んでいた時に、初めてケンちゃんと二人っきりで裸で抱き合うことが出来たのです。あれは小6の冬、ケンちゃんの部屋のベッドの上でのことでした。
私たちは繰り返しキスをしてきつく抱き合いました。ケンちゃんの大きくなったペニスが私の太ももに押し付けられた熱い感触を、はっきりと憶えています。
そして二人で正式に「付き合おう」と決めた後、ケンちゃんにマスターベーションを見せられた。
「いつもゆきえのことを思いながらしてるんだ」
そう言うと、やがて切なそうに顔をゆがめながら『ゆきえ!』と叫びながら白い液体を発射させたのでした。
「キャッ!」
私はびっくりするとともになにやら荘厳な気持に打たれ、
「ケンちゃん、うれしい!」
と、抱きついたのでした。

ケンちゃんとの甘い過去を思い出しながら、私は眠りこける母の隣で一人濡らしていました。
その後も二人っきりで会うたびに、ケンちゃんとはいろんなことをした。
自然な流れでマスターベーションをお手伝いするようになり、私が手で愛撫してあげました。
前から、ケンちゃんのオチンチンに触りたくって仕方が無かったので、私は自発的に動いた。
ケンちゃんのオチンチンは弾力性に富んで堅く、そして熱かった。
「ねえ、どうすればいいの?」
「ゆきえの思うようにして」
私は試行錯誤しながら工夫をこらし、ついには白い液をピューっと噴き出させるけとに成功したのでした。
「うわ~!」
その瞬間、ケンちゃんが震えながら劇的な悲鳴を上げ、私までエクスタシーに達するみたいな感動を感じた。
「ゆきえ、スゴイよ!大好きだ!」
私たちは固く抱き合ってディープキスを交わしたのでした。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2010.10.24 Sun l ゆきえの冒険・中学生編 l コメント (2) トラックバック (0) l top
その後さらに二人の関係は深まって行きました。
ケンちゃんの部屋で二人とも全裸になって、まずキスをして、それからおっぱいを揉まれたり吸われたりして、そしてケンちゃんのマスターベーションが始まる。やがて私がお手伝いしながら射精へと進むのですが、そのうちケンちゃんは私にもマスターべーションするよう望みました。
「だって、やり方がわからない…」
ホントはその頃から立派なオナニストだった私ですが、やっぱり好きな人の前ではそんなことを言えません。
ケンちゃんはマジメにいろいろやり方を提案してくれ、私はそれに懸命に応えるふりをしながらケンちゃんに見られる中、割れ目やクリトリスをいじりました。
でも、本気ではしなかった。だって、ケンちゃんの前では乱れたくありませんから。
そのかわり、ケンちゃんのモノをいじって射精させてあげるのは大好き。手の愛撫が口での愛撫に移行するのは時間の問題でした。
ケンちゃんのペニスが愛しくって、ある日、愛撫の途中でそこにキスをしてしまったのです。ケンちゃんは驚いていましたが、喜んでもくれました。
私はテクニックもわからないままにペニスを舐めまわし、先端から漏らす塩辛い液体を舐め取り、やがて口に含みました。
最初は先っぽの部分だけを口に入れて転がしていたのですが、やがてノドまで入れてあえぐと、ケンちゃんも『うう~』と気持ちよさそう。
嬉しくなって、口の中全体を使って愛撫していると、やがてケンちゃんが慌てて私の口からペニスを抜き、手を添えて空中に白い液の弧を描かせました。
私は口の中に出されてもいいと思ってたのに。

ある時は、ケンちゃんが喘ぎながら幼い私の乳房に向けて激しく精液を飛ばしました。
白いミルクは、何回にも分けて私の胸を打ち、小さな乳房や淡いピンクの乳首をべとべとにした。私はそれを手で撫でまわし、皮膚に擦りこもうとしたけれど、ケンちゃんは慌ててそれをタオルで胸を拭き取り始め、私に、
「ごめんね、ごめんね」
と、しきりに謝っています。私はなぜケンちゃんが謝っているのか理解できなかったのですが、
「ゆきえを汚すようなことはしたくない」
と、すまなそうな顔で言いました。
私はそれで汚されるなんて、ちっとも思ってなかったのですが、私を想いやってくれるケンちゃんの気持ちは嬉しかった。

ケンちゃんは、私の性器にもキスしたいと言いましたが、それは私が断った。
恥ずかしいし、やはり汚いという意識が強かったのです。ケンちゃんにそんなことはしてもらいたくないというか…
そのかわり、私は喜んでケンちゃんのペニスを口で吸った。
愛しいケンちゃんのペニス。私はケンちゃんのペニスを舐め、ケンちゃんは私の乳房を吸った。
でも当時の私の乳房は、クリトリスほどは感じることが無く、なにやらくすぐったいだけ。
「ゆきえってまだまだ子供だなあ」
ケンちゃんそう言って笑ったのでした。

お布団の中で、ケンちゃんとの過去を思い出しながら、私は母の横で股間を濡らしていました。
ケンちゃんは今頃どうしているのかな?
私のことを想っていてくれているだろうか?
そんなことを考えながらも、やがて眠りに落ちていったのでした。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2010.10.25 Mon l ゆきえの冒険・中学生編 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。