FC2ブログ
作者より
単独の物語としてもお楽しみいただけますが、過去のおはなしを読んでいただければさらに面白い!(?)
想い出エッチ小学生編
想い出エッチ中学生編・奈緒
ついでに
ゆきえの冒険・小学生編
ゆきえの冒険・中学生編


「ゆきえとセックスしたい!」
僕の意志を恋人のゆきえに伝えたのは、2学期が始まってすぐのこと。僕たちは中学2年生でした。
この夏休み、幼なじみの同級生で、ゆきえの親友でもある奈緒と初めてのセックスを経験してしまいましたが、これはあくまでもゆきえとエッチするための予行演習。僕はゆきえと、そして奈緒は高橋先輩とエッチするための練習台として、お互いの体を利用したのです。いわば夏休み短期集中型エッチ体験講座として割り切っていました。
そして奈緒との初体験を終え(おまけにその後も関係を持ってしまった!)、エッチにある程度の自信を持てたこともあり、ついにこの日、強い気持ちを持ってゆきえに意思を示したわけです。
告白したのは夏の名残が残る、夕焼けがきれいな公園のベンチ。
予想通り、ゆきえはうさぎのようにおびえた目になりましたが、もう僕だって後には引けない。だって、ゆきえと早く結ばれないと、奈緒の体にいつまでもズルズル溺れてしまいそうで…
「1年前よりお互い体も心も大人になったし、もうセックスしてもいい頃だと思うんだ」
僕の声は緊張で微妙に裏返っています。
「…」
ゆきえはしばし無言。実は中一の秋にも一度二人でセックスを試したことがあったのですが、その時はゆきえがあまりにも痛がるものだから途中で断念した苦い思い出があるのです。
「もちろん前と同じように、ゆきえがガマン出来なくなったら中止する。だから次の土曜の午後…」
土曜の午後は、うちの両親がお出掛けすることがわかっていました。
「わかった。ケンちゃんに全部任せる」
「…うん」
思わずゆきえを抱き締めてキスしたくなったけれど、まだ人の多い時間帯でもあり、仕方なく手を握り合い、顔を見つめ合うことでガマンしました。すでにゆきえの瞳はウルウルの状態。僕はそんなゆきえを落ち着かせるために、何度もうなづいて見せたのでした。

その夜、ゆきえに決意を伝えたことを、さっそく奈緒に電話で報告しました。
『いよいよ、ゆきえを女にするのね。頑張れケンイチ!』
エールをもらって思わず照れちゃいましたが、続けて奈緒が意味深なセリフを吐きました。
『ケンちゃんとゆきえがうまくいってくれないと、身を退いた私の立つ瀬が無いもんね』
なんとも古風な言い回しですが、『身を退いた』って言われると、なにやら僕と奈緒が付き合っていたようなニュアンスです。僕らはただエッチをしただけなのに…
『ゆきえを優しく女にしてあげるのよ。泣かせたりしたら承知しないんだから!』
「う、うん…」
って、奈緒にお説教をされる筋合いでも無いと思うのですが…

さて、運命の土曜日(大げさな表現ですが、当時の僕たちとすれば、まさしくその土曜日は運命的な日でした)、僕の両親が揃って出掛けて不在となった午後、僕とゆきえは仲良く学校から帰宅し(この日は二人とも午前中はクラブ活動に参加していた)、まず、キッチンで二人並んで買ってきたコンビニのお弁当を食べました。こういうシチュエーションは、なんか夫婦になったみたいで照れるけど嬉しいものです。
でも、さすがにこの日のゆきえは緊張していました。
セックスの前に、一緒にシャワーを浴びようと誘ったけれど、『今日は一人で入りたいから…』と、断られてしまいました。いろいろ気持ちの準備をしたかったのでしょう。
僕はベッドを直したり、自販機で買ったコンドームを確認したりしていたけれど、やっぱり緊張感からか落ち着きません。意味も無く廊下に出て、ゆきえがシャワーを浴びているお風呂場の外から中を伺い、ドアの下の隙間から中を覗こうとして、『僕はいったい何をしているんだ?!』と、自分で呆れたりしていました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011.02.19 Sat l 想い出エッチ中学生編・ゆきえ l コメント (2) トラックバック (0) l top
やがて、バスタオルを体に巻いたゆきえが僕の部屋に戻り、入れ替わりに僕がシャワーを浴びることに。
丁寧にチンコを洗い、簡単に体を流し、歯を磨いたらいよいよ臨戦態勢。洗っているうちにチンコもピンピンです。
『がんばってくれよ!』
思わずチンコをしごきながらの激励。それに応えるようにチンコはビクンビクンと震えました。

ブリーフだけを身に付けて部屋に戻ると、ゆきえはすでに一人でベッドに入って、タオルケットを口の位置にまで引っ張り上げ、目だけを出して僕を見ていました。
僕はその場でブリーフを脱ぎ捨てると、チンコを立てたままベッドに近付くと、タオルケットを乱暴に剥ぎ取り、ゆきえに抱きついて行ったのです。
「キャッ!」
「ゆきえ!」
「ケンちゃん!乱暴にしないで!」
僕は、ハッとわれに戻りました。落ち着いていると思っていましたが、やはり興奮していたようです。
(そうだ!奈緒に言われたように、優しくしないと)
「ゴ、ゴメン…」
僕が謝ると、ゆきえは『うん…』とうなづいてくれた。僕はそっと唇を合わせて心を落ち着かせると、やがてバスタオルを優しく取り去りました。
ゆきえはまだショーツを身に付けています。僕は体を起こすと、ゆきえの体を守る小さな下着を取り去ったのでした。

ここで初めて僕とゆきえの物語を読む人のために、少しだけ僕らのことを説明させていただきます。
僕らに奈緒を加えた3人は幼なじみの同級生。子供だった僕らも、小6の時、3人で僕の家に集まり、負けたら服を脱いでいくゲームで裸を見せ合って以来、微妙にお互いを意識するようになったのでした。
結局、僕はおとなしいゆきえと付き合うことになり、ほどなく、キスしたりお互いの体を愛撫し合ったりする関係になって行ったのです。
いつしか僕は、ゆきえの前でオナニーをして射精の瞬間を見せるまでになり、中学生になってからは、ゆきえが僕のチンコを口で吸ってくれたり、逆に僕がゆきえの乳房や、陰毛も生え揃わない股間を舐め回したりするまでに関係が発展して行きました。
だから、僕とゆきえはセックスこそまだだったけど、性的にはかなり深い間柄になっていたと言えます。つまり、まる裸になっての戯れなんかは、今までに何度も経験してきたことだったのです。
でも、今回は二人の初エッチの時でもあり(一応、僕も童貞ということになっている)、やはりゆきえの動きはいつになく堅いものでした。
可哀相に体が小刻みに震えている。ここは男の僕がリードしなくては!
僕は優しく口づけをし、唇を首筋から乳房へと移動させ、そして乳首を口に含みました。
奈緒の乳房と較べると半分も無いゆきえの小さなおっぱい。でも僕がもっとも愛おしく思うおっぱいはこれなのです。
「ああ…」
ゆきえが小さなあえぎ声を上げました。
やがて僕はゆきえの全身にキスの雨を降らせる。細い体を裏返して、背中に舌を這わせたりします。
「キャッ!くすぐったい」
ゆきえはくすぐったがり。でも、こんなことでゆきえの緊張がほぐれるといいなと思いました。
まるで少年のように華奢なゆきえの背中を、僕の舌先がお尻の割れ目の方まで滑って行き、そして引き返す。ゆきえはくすぐったがりながらも妖しい吐息をつき始めました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.02.20 Sun l 想い出エッチ中学生編・ゆきえ l コメント (2) トラックバック (0) l top
再びゆきえをひっくり返して仰向けにすると、脚を軽く開かせ、性器への愛撫を始めました。
あそこはしっかりと濡れているし、可愛いクリちゃんもいっちょ前に勃っています。
「はあ、はあ…」
ゆきえがこらえきれずに、あえぎ声を漏らしはじめました。しばらく指での愛撫を続けた後、僕は体の位置を低くしてベッドに腹這いになり、顔をゆきえの脚の間に入れて行く。
「あっ、イヤッ!」
恥ずかしがり屋でもあるゆきえが微かな抵抗を見せましたが、実はこの行為も二人の間では繰り返し行われた愛撫なのです。
やがて僕の舌が、ゆきえの温かく濡れた部分を捉え、ゆきえが『ああ…』と小さな声を上げるとともに片脚を天井に向かって伸ばしました。

(よし、もう大丈夫かも!)
僕の舌の愛撫に、ゆきえがねっとりとした粘液を湧出させ、シーツをつかんで悶えるのを確認し、いよいよ僕は挿入を決意しました。
体を起こして、まずチンコにピンクのコンドームを装着。何度か練習をしていたので、割りとスムーズにチンコに被せることが出来ました。
そして、仰向けのまま目を閉じているゆきえの広げられた脚の間に腰を進めると、指で性器を少しだけ開きます。
ゆきえは、いつも恥ずかしがって、明るいところでは容易に性器を見せてくれないのですが、さすがにこの時はおとなしくされるがまま。やはり初めてなんだし、僕としてもよく目で確認しながら進まなくてはいけませんからね。
淡い陰毛の下、ゆきえの小さな性器は(奈緒比較)、内側のキレイなピンクを見せながらじっとりと濡れていました。
僕は慎重にチンコの先端をゆきえのピンクに密着させると、手を添えて亀頭の部分でゆきえの表面をそっと撫でてみます。
「ああ…」
ゆきえが微かにあえぎました。処女のゆきえには、こうやって優しく表面を撫でられる方が気持ちいいに決まっています。でもこれから、ゆきえにとっては厳しい儀式を始めなければならないのです。
「ゆきえ…そろそろ入れるから」
「ハ、ハイ…優しくして」
ここまで、なんとか落ち着きを維持していた僕も、ここに至って急激に心臓がドキドキしてきました。
性器を接したまま、あらためてゆきえにキス。
『キスは何度でもしていいのよ。女の子はそれで安心できるんだから』
知らず知らずのうちに、奈緒のアドバイスを忠実に実行しているようです。
キスでうっとりとなったゆきえの顔を見ながら、僕は密かに深呼吸をひとつすると、ゆっくりと体を進めて行きました。
チンコに強い抵抗感。そして、ゆきえが体を上にずらせてしまいます。
「ゆきえ、力を抜いて」
意識的に優しく囁くと、素直なゆきえの体から、スッと力が抜かれたのが感じられました。
(よし、今だ!)
僕は、正面からゆきえをしっかりと抱き締めながら、思い切って腰を進めて行きました。
「イタイ!」
ゆきえが叫んで、体を上の方にずらして逃げようとしますが、僕はしっかりとゆきえを抱いて逃がしません。
可哀想ですが、奈緒の言う、『中途半端だと余計に痛い』との教訓をしっかりと実践しなければならないのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.02.21 Mon l 想い出エッチ中学生編・ゆきえ l コメント (4) トラックバック (0) l top
『初体験はたしかに痛いけれど、誰もが一度は通らなくてはならない青春の門なの』
僕の頭の中を、奈緒の言葉が神の啓示のようにリフレインする。
「ああ!ケンちゃん、痛い!」
苦しそうなゆきえのあえぎ声に、僕の心も折れそうですが、ここは心を鬼にしてでも頑張らなくてはなりません。妥協してしまったら一年前と同じなのです。
「もう少しだから…ガンバッテ!」
チンコに加えられた圧力強く、とても入らないような窮屈さでしたが、それでも少しづつ埋没していく感覚はありました。気が付けば亀頭の部分はすでにゆきえの中にあるようです。
「あっ、入ってる!少し入ってるよ!…痛い?」
「痛い…でも…ガマンする」
健気なゆきえに思わず涙がこぼれそうになりながら、それでも腰を進めて行くと、温かく濡れて、しなやかだけど堅いゆきえの性器が、徐々に開いて僕を包み込む感触がわかりました。
「ああ…」
「…もう少し」
まさしく二人の愛の共同作業。そしてついに、しっかりと根元まで挿入することが出来たのでした。
「入った!ゆきえ、全部入ったよ!」
「ああ…ケンちゃん!」
ついにゆきえとひとつになれたのです。この感動は、奈緒の体で初体験した時とはまた次元の違うもの。やはり僕が心底愛するのは、ゆきえなのだと実感する瞬間でした。
僕は静止したまま、ゆきえの髪を撫でてあげ、ゆきえの両手は僕の背中を優しく抱いてくれています。
ゆきえの体に包まれて、僕は性的な快感よりも心理的な安堵感でいっぱいでした。
「ごめんね。痛いだろ?よくガマンしたね」
「痛いけど…でも、大丈夫。これで私、本当にケンちゃんの女になれたのね」
”女”という表現が、とてもリアルに僕をくすぐりました。
「そう、これで僕たちは正真正銘の恋人同士だ」
チンコを納めたゆきえの性器から、ドクンドクンと鼓動を感じます。きっとこうしている間も、ゆきえは傷の痛みに耐えているのでしょう。
「じゃあ、離れるから」
ゆきえがハッとして僕を見上げました。
「エッ?ケンちゃん、中で出さなくっていいの?」
「それはまた今度でいいよ。今日はもう充分」
自分の気持ちよさのために、これ以上ゆきえに苦痛を強いることは僕の本意ではないのです。僕は慎重にチンコを抜いて行ったのですが、やはり痛いのか、ゆきえは眉間にしわを寄せていました。
一方、窮屈なゆきえの中から解放されたチンコは相変わらず元気いっぱいで、それは誇らしげにいきり立っていました。

離れるとすぐにティッシュをゆきえに手渡し、彼女はそれで股間を押さえたようです。
「血、出てる?」
ゆきえは、こわごわとティッシュを外すと、僕らの目に少しだけ赤い血を吸った紙が飛び込んできました。
「やっぱり出てる。あ!もしかしてお布団汚しちゃったかも!」
ゆきえが慌てて身を起こすと、やはりシーツの上に微かな血痕が。
「いいよいいよ、僕が自分で洗うから」
これで僕のベッドは、ふたりの処女の血を吸った超果報者と言うことになります。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.02.22 Tue l 想い出エッチ中学生編・ゆきえ l コメント (3) トラックバック (0) l top
ゆきえは新しいティッシュを股間にあて、僕もちょっぴり血液が付着したコンドームを外してティッシュに包んで捨てました。
さすがにチンコは安堵したのか、いつの間にかおとなしくなっていました。戦士の休息です。
僕たちは再びベッドに入ると、あらためて抱き合いました。
「よくガマンしてくれたね。ありがとう、ゆきえ」
「ううん、私もうれしいの。ずっと待ってもらってたから」
「ゆきえ…結婚しようね」
「うれしい!お嫁さんにしてね」
ゆきえは僕の胸に顔を当てると、やがて肩を震わせて泣き始めました。
そして、それを見た僕も急に胸がいっぱいになり、鼻がキュンとなってしまって…
やはり『実験』でセックスした奈緒とは感激度が全然違うんです。
僕は、ゆきえの吐息と涙に胸を濡らされながら、いつまでも髪を撫で続けていました。

しばらく二人でまったりと愛を確かめ合いました。
「まだ、あそこ痛い?」
「ズキズキってしてる。まだケンちゃんが中に入ってるみたい」
やがて、ゆきえが体を起こしました。
「今度はケンちゃんの出してあげなきゃ。手でしてあげる」
「え?でも今日はいいよ」
「いいよなんて言わないで。私がそうしたいの」
傷ついたゆきえを慮って、今日の射精は半ばあきらめていたのですが、ゆきえの言葉を聞いた瞬間、僕のチンコは大喜び。節操なくも瞬く間にいきり立ってしまったのでした。

ゆきえは仰向けになった僕のチンコを握ると、優しくしごき始めました。
愛撫しながら僕と目が合うと、柔らかな笑顔を見せてくれます。
(幸せだなあ)
やがて、ゆきえの舌が伸ばされて、先っぽをチロッと舐めてくれました。
「キャン!」(僕の声です)
思わずピクピクと腰が動いてしまいます。
中1の時以来、ほんの短い期間で、ゆきえのフェラチオテクニックは飛躍的に上達していました。セックスが出来なかったからこそ、僕を歓ばせようと一生懸命研究してくれたのかもしれません。本能のおもむくまま、気ままで自在にチンコを舐め尽くす奈緒とは、こういう点でも対照的なのです。
舌を伸ばして亀頭の部分を唾液で濡らした後、可愛い口で先端を含んでくれました。柔らかで暖かなゆきえの口の中。ゆきえは手は冷たいのに、口の中は熱いぐらいです。
しばらくは、ゆきえが得意とするクラリネットを吹くように(注:ゆきえはブラスバンド部でクラリネットを担当しています)チンコを愛撫した後、一度口から出し、今度はフルートを演奏するように、横から口を付けてレロレロと舐めてくれました。
「うふん!」(僕の声です)
僕は悶えながらもゆきえの胸に手を伸ばして、乳首を軽くつまんだり引っ張ったり。ゆきえは乳房を悪戯されながらも、フェラチオに集中しています。
ゆきえの乳房は、ハッキリ言ってまだ少女の域を出ていません。奈緒と比べたらプレイメイトと劇団ひまわりぐらいの差があります。
でも、そんな幼いゆきえが大人びたフェラチオをしてくれるところに、僕は激しく欲情し、そして感動してしまうのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.02.23 Wed l 想い出エッチ中学生編・ゆきえ l コメント (2) トラックバック (0) l top