FC2ブログ
温暖化が問題と言われて久しいけれど、やっぱり冬は暖かい方が過ごしやすいに決まってる。
思わぬ暖冬だった僕らが高校2年の冬、僕と優二と正樹の3人は、みんな揃って17歳だった。
僕たちは、その年のお正月に親や親戚からもらったお年玉を懐にして、正樹の部屋に集まり、真剣にあることを討議していた。
お年玉で買い物をする。と言っても、ゲームソフトや新しい携帯、i-podを買おうと言うのではない。
女。僕たちはお年玉で女を買いにいく相談をしていたのだ。

僕たちは大学付属の男子高校に通い、ソフトテニス部という体育会とは名ばかりで、実質的には同好会のメンバーだった。幽霊部員を除けば実際に活動しているのはこの3人だけ。とりあえず、狭いながらも部室をあてがわれていたので、放課後、ここに集まるのが日課になっていた。
練習は…あまりやらない。そして集まれば、最終的には女の話になる。
類は友を呼ぶというか、僕ら3人は揃って晩稲で、なかなか女子と触れ合う機会も無く、あふれるほどの性欲を制御できずに、悶々とした学園生活を送っていた。
3人とも、ルックスはそうひどいものでもないと自負しているし、学校のレベルだって、人に言って恥ずかしいというほどのものでもない。
でもダメ。17年間の人生において、女とはトコトン縁が無いところは仲良く一致する僕ら3人だった。
「オレ、もう女だったら誰でもいい!誰でもいいから女とやりたい!」
長身の優二は、青春のエネルギーがオナニーだけでは発散し尽くせず、顔いっぱいのニキビをテカラセながら部室で怒鳴った。
イヤ実際問題、誰でもいいはずはないのだけど、性欲が極限まで高まった時、僕もペニスを激しくしごきながらそう思うことがよくあったから、ヤツの気持ちもよくわかる。
「正確に言うなら、普通程度の容姿であれば誰でもいい…だろ?」
3人のうちで一番ベビーフェイスながら、成績は1番優秀で、クールが売りの正樹が冷静に切り返した。

高2ともなれば、異性交遊に関しては随分と格差が発生してくる頃で、進んでる同級生には当然彼女がいて、エッチまでやっているうらやましいヤツも多い。中には数人の女と器用に付き合う達人もいる。
女子高の女の子を妊娠させてしまったヤツなんて、親は青くなっているのだろうけど、学校では英雄だ。
でも、大多数の男子高生にとっては、セックスなんて夢のまた夢、下半身で過剰に生産される精液の処理に悩む毎日だった。
若さのパワーを、ちょっとやそっとの運動で発散させるなんて、しょせん無理な話なのだ。

もちろん僕らだって、何の努力もしなかったわけではない。部活を利用して、女子高との合ハイに紛れ込んだりもした。合コンで無いところがご愛嬌だけど、男女のグループでディズニーランドにも行きました。
結果は…いいお友だちでいましょう…携帯番号の交換すらままならず。
さらに一大決心して、街角でナンパの真似ごとをしたり。
結果は…苦痛と屈辱と徒労感にさいなまれ、危うく閉じこもりになるところだった。そうならなかったのは、同じ仲間がいたからだが、僕たち3人がナンパのような色事には向いていないことをあらためて思い知らされた。
でも、向いていないからと、あきらめられるほどの境地に達しているわけもなく、結局同病相哀れむで、3人で部室でグダグタ愚痴るしか手が無かったのだ。

国語の授業で習ったドストエフスキーなら、そんな僕たちの日常を『地獄』と呼んだだろうか。
そんなありふれた内的地獄に、石を放り込んでさざ波を立てたのは、部活の先輩の田上さんのアドバイスだった。
田上さんは僕らより2コ上で、今は系列の大学の1回生。たいしてもてるルックスでは無いはずなのだが、高校時代からガールフレンドが途切れることの無い、不思議で、なおかつ僕らを勇気づけるヒーロー的存在だった。
「お前らさあ、早く女を知らなきゃダメだよ。彼女作るのは、童貞捨ててからでいいんだからな」
所用で近所に来たついでと言って、部室に寄ってくれた時、田上先輩は僕らに向かってそう言った。
「だいたい男子校の男どもは、女との接点が少ないから、どうしても女を高尚・神聖なものとしてとらえ過ぎるんだ。女性崇拝、フェミニズム。でも実際の女はそんな高貴なもんじゃない」
僕たちはただ聞き入っていた。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2011.04.18 Mon l ソープ嬢ナナちゃん l コメント (2) l top
「それを頭ではなく、体にわからせるためには、とにかくエッチしちゃうことしかないんだ。風俗でも何でもいい。童貞を捨てた瞬間、『ああ、女ってこんなものか』って実感できるんだ。急に女が身近なモノとして思えてきて、構える必要が無くなる。なぜだかわからんが、そう感じるんだ。チンコから直接感じるのかもしれない。考えるな、感じろ!だ。実際、同年代の女子高生にしたところで、表向きは純情可憐でも、実は男と付き合いたい、セックスしたいって思ってるもんなんだぜ」
僕たちは、聞きながら生唾を飲んだ。
「だから女に慣れたヤツは、そこんとこをうまく突いて次々と女をものにしていく。女をただ崇めているヤツらは、指をくわえて見ているだけ。セックスカースト制だ。人生、カネと女は、特定の男の元に集中するもんなんだぜ」
僕たちを圧倒しつつ、先輩のレクチャーは続く。
「でも、一度女の体を知っちゃえば、不思議とクソ度胸が付く。女なんか怖くなくなる。だからお前ら、童貞を捨てろ!ソープランドに行け!日本の伝統風俗ソープ嬢のお姉さんに、優しくリードしてもらえ!」
さすがに僕らはたじろいだ。
「…で、でも、初めての経験が風俗ってのはちょっと…」
優二が、おずおずと反論したが、実は僕も優二と同じ考えだった。記念すべき初体験を、うらぶれた風俗の店で迎えるなんて…
でもその考えは、すぐに先輩に一蹴されてしまった。
「お前ら風俗を舐めんなよ!ソープランドのお姉さんたちは、厳しいノルマを課せられながら、それでもオレたち男に希望の光を与え続けてくれるありがたい存在なんだよ。まさしく聖母だ。彼女たちのことを汚いだなんて言ったらぶっ飛ばすぞ。定期的に検診を受けているソープのお姉さんたちは、遊んでるシロート姉ちゃんよりよっぽど安全だったりするんだぜ!」
そこで田上先輩は、僕らの顔をゆっくりと眺め回した。
「お前ら、いつ現れるかもしれない運命の人のために、いつまでも童貞を大事に取っておくつもりか?まあ40歳になっても3人揃ってチェリーだったら、あらためて同好会でも立ち上げてみろよ。希少価値もあってネット界のスターになれるぞ。本を書いたら売れるかもな」
田上先輩は、可笑しそうにヒッヒッヒッと笑った。
「…先輩、きついッス」
たしかにその頃の僕は、『40歳まで童貞だったらどうしよう?』と、マジに悩むくらい、女に関しては自信が無かったのだ。
「それに、おまえらの運命の彼女が、もし純情なバージンだったとしたら、未経験のままでうまくリードできるのか?その時のために優しいソープ嬢さんに教えを請うんだ。彼女たちは男に自信を与えてくれる。女に対する妙なコンプレックスが払拭できれば、ナンパでも合コンでも成功率はグッと高くなるぜ。D.T.にサヨナラしろ。言葉でなにが語れる?行動で示せ!経験がすべてだ!」
僕たち3人は、田上先輩の小柄な体からあふれる熱気に圧倒され、そして強い説得力を感じていた。
「とにかく女の体を知ることだ。山に登ったみたいに見える景色が変わってくるぞ。そうすれば、もっと高い山に登る勇気もノウハウも得られるんだ」
田上先輩は、そこで缶コーヒーをゴクゴクと飲んだ。
「おっと、ちょっと興奮しちまったかな。でも、オレが言うことはすべて真実だぜ。まあ騙されたと思って一回試してみろ。若いんだから、なんだって出来る。…そろそろ時間だから、オレ行くわ」
こうして田上先輩は、光り輝くオーラを残しながら去って行った。

「よしっ!オレは先輩の言葉通り、童貞を捨てに行く!」
田上先輩が帰った後、3人の中でもっとも単純思考の優二が宣言した。
「…マジ?」
「ああ。たしかにオレたちは女子の前に出ると、うまくしゃべれないし、話題すら見つからなかったりする。それってやっぱり先輩の言うように、コンプレックスがあると思うんだ。もしもソープでエッチを体験して、それで一皮剥ける可能性があるなら、やってみる価値はあると思う。考えるな!感じろ!…だ」
さっそく先輩に感化された優二は、しゃべり方まで影響を受けている。
「…佑介、どうする?」
正樹が僕に問い掛けた。
「うん…とりあえず、研究課題としては興味深いんじゃないの?明日は土曜だし、正樹の部屋に集まって検討してみないか?」
そしてこの日、僕らは正樹の部屋に集まったってわけだ。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.04.19 Tue l ソープ嬢ナナちゃん l コメント (2) l top
情報分析に掛けては、正樹ほど便利な友達はいない。僕たちが集まるや、さっそく下調べした風俗の説明を始めた。
「僕たちの目的を、あくまで童貞喪失に絞って考えたら、やっぱりデリヘルなんかの無店舗営業より、ソープランドの方がいいと思うんだ。キチンと店を構えている分、サービスは一定レベルにあると思っていいし、料金もハッキリしている。ソープ嬢のお姉さんたちはプロ意識も高いはずだから、初体験の僕らもうまく扱ってくれるはずだ」
「ふむふむ、やっぱりソープだよな」
優二が、嬉しそうに相槌を打っている。
「なにより、ソープ嬢さんは定期的に性感染症の検診を受けているらしいから安心でもある」
「性病は勘弁だよな。コンドームは使うんだろ?」
「うん、今はほとんどの店はコンドームを使ってると思う。その方がお客の方も安心だしな。ただ問題もある。店を構えている分、風営法の管轄下にあるわけだから、僕たち未成年を客として迎え入れてくれるかどうかが心配」
僕と優二が顔を見合せた。
「OK、お前らが何を考えているかはわかるよ。問題は僕だ。ヘタすりゃ中学生に間違えられるぐらいの童顔だからな。門前払いの可能性は高い」
そう言って、正樹が肩をすくめた。
たしかに正樹は童顔で小柄。でも顔立ちは可愛いと言っていいくらいで、正樹の顔を見ていると、僕ですらなにやら胸騒ぎを覚えるほど(もちろん僕にその気は無い)。
「警察も、ソープランド内で売春が行われてるのは承知しながら黙認している。店側が、ある一定のルールに則って営業していればな」
「そのルールの一つは…未成年は雇わない、客として入れない…ってとこか?」
僕の答えに正樹が『ご名答』と言って笑った。
「風営法では、18歳未満は立ち入り禁止。だから、僕が参加して断られるぐらいなら、お前ら二人で行った方がいいんじゃないかと思って…」
正樹が全部言い終わる前に、いきなり優二が正樹にヘッドロックを掛けて締めあげた。
「バ~カ、お前が断られたら、3人で帰ってくりゃいいんだよ。オレたちは友達なんだから、お前一人を残したりできるかよ」
小柄な正樹は、必死に力を振り絞って優二のヘッドロックから逃れると、顔を真っ赤にして『この馬鹿力!』と、優二をにらみつけたけど、実は嬉しそうだったりする。たしかに優二は単純バカだけど、友達思いのいいヤツだって言うことには、僕にも異存はない。
「じゃあ、もし断られたらそれはその時として…どこの店に行くか、決めようか」
髪の毛を直しながらポーカーフェイスを取り戻した正樹が、パソコンデスクの前に座りながら言った。
この日は、ソープに行くかどうかを討議するはずだったけど、なんのことはない。最初から行くことを前提としての検討になっていた。もちろん僕だって、そのことに否やは無い。

正樹の新型バイオのディスプレイに、日本の主要なソープ街が映し出されている。
「首都圏だと、有名なのはやはり吉原と川崎堀之内だな」
レクチャーを始めた正樹に、優二がさっそく割り込む。
「この雄琴ってのはどうなんだ?」
「バカ、雄琴は滋賀県だろ!」
「…そうなの?…で、吉原ってよく聞くけど、どこにあるんだろう?」
「台東区千束。駅で言えば山手線の鴬谷が近い。うちからだと、電車で1時間半ぐらいかかるだろう。で、堀之内は京急川崎駅が近いから、1時間ぐらいかな」
「ふ~ん。で、どっちにするんだ?」
どうやら優二は、店の選択に関しては、正樹に丸投げするつもりらしい。まあ僕もそれには賛成だ。正樹なら、そう間違った選定はしないはずだから。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.04.20 Wed l ソープ嬢ナナちゃん l コメント (2) l top
「問題なのは吉原も堀之内も、日本有数のソープ街ってこと。そこら辺を歩いているヤツは、みんなソープが目的って考えられるよな。となると、高校生の僕らにはちょっと荷が重いような気がするんだ」
正樹の説明にはまったく無駄というものが無かった。
「…ふむふむ」
「で、考えたんだけど、実は新宿歌舞伎町も、ソープランド街としてはけっこう有名な街だったんだな。それもけっこうリーズナブルで、その割に女の子の質が高いらしい」
「ほう…歌舞伎町なら、オレたちも何回か一緒に行ったよな」
優二の言う通り、僕たちは何度か歌舞伎町で映画を見て、ファーストフードでハンバーガーを食べ、ゲーセンに寄ったりして遊んだことがある。危険な街のイメージはあったけれど、かと言ってチンピラに絡まれたり、ヤンキーにカツアゲされたりした経験は無かった。
「うん。歌舞伎町なら映画館やゲーセンも多いし、地方からの観光客もたくさんいる。僕たちが歩いていても不自然じゃないだろ?ソープランドにも、スムーズに入って行けそうだと思わない?」
「なるほど歌舞伎町かあ。おれは全面的に支持するよ。で、どこかいい店知ってんのか?」
「知ってる訳ないだろ!ちっとは自分で考えろよ」
丸投げ体質の優二を、正樹が叱った。
「チェッ、なんだよう…でも、そう言えばうちに来てる職人連中が歌舞伎町の店の話をしてるの聞いたことあるなあ。たしかソープランドの店の話だったと思うけど…」
優二の家は工務店をやっているので、職人の出入りが多いのだ。
「おお、思い出せ!こういうのは何より口コミでの評判が信用できるんだ」
「うん…安いのにいい店だって言ってたな…たしか、ニューなんとかって言ってたような…」
「ニューなんとか?」
正樹がすかさずキーボードを叩き、『歌舞伎町 ソープランド ニュー』と打ち込んで検索を始めた。
「ニューグランド、ニューシルク、ニューキャッスル…」
「おお!ニューキャッスル!新しい城だな。たしかニューキャッスルって言ってたと思うぞ!」
正樹が優二のうろ覚えの情報で、さっそく検索を掛けた。
「ニューキャッスル。営業時間、日の出から24時。入浴料70分8,000円、コンパニオン在籍多数」
「ワオ!スゴイ、スゴイ!」
3人が覗きこんだディスプレイには、『本日の出勤予定』と書かれたスペースに、10人以上の女の子の画像が用意されていた。さらにその画像をクリックすると、超ミニのスーツ姿や、胸の大きさを強調したキャミソール姿の女の子の写真が拡大された。うつむいたり、目元を隠したりで素顔を分かりにくくして写っていたけれど、僕たちには、みんなが若くて美人のように思われた。
「おお!いい女ばっか!ここ、いいんじゃないか?」
優二は大乗り気、僕もなんだかわくわくドキドキしてきて、下半身に血液が集まってきた。
(ホントにこんな女性とエッチ出来るのか?)
「入浴料8,000円ってことは、だいたい入浴料の2~3倍がサービス料らしいから、トータルで24,000円から30,000円ってとこだな」
正樹はこんな状況でも、いつも通り冷静だ。
「オレ5万までなら用意できる!ここにしよう!」
優二は早くもイレ込んでいる。
「店の名前は優二が仕入れてきた情報だし、値段もまあまあみたいだし…佑介、どうだ?」
「うん、いいんじゃないか。で、決行はいつ?」
「そうだな、次の土曜日はどうだ?朝10時に出撃だ」
「朝10時って…早過ぎない?」
「いや、あの街は昼過ぎからどんどん人通りが多くなる。夕方から夜に掛けてなんて、通学ラッシュ並みだ。朝10時ぐらいが1番空いてて入りやすいと思うぞ」
「なるほど。それにしても夜明けから営業って…そんな時間に来る客がいるのかな?」
「たぶん、夜通し飲んだ酔っぱらいとかが行くんじゃないのかな」
「ハシゴ酒して、締めがソープってか?大人って贅沢!」
優二が妙なところに感心している。
「よし!じゃあ来週の土曜の朝8時半に駅に集合だ。出来るだけ大人っぽい服装で行こうぜ」
「オレ、親父のスーツ着て行こうかな」
「それじゃあかえって不自然だろ。大学生かフリーターって感じの方がいいよ」
いよいよ冒険が具体化してきたのだ。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.04.21 Thu l ソープ嬢ナナちゃん l コメント (2) l top
次の土曜の朝、僕らは新宿を目指すべく、急行電車に乗り込んでいた。電車は空いていて、僕ら3人は並んで座るとこれから始まるアドベンチャーについて、あれこれ話しあっていた。
大人っぽい格好と言ってもそんなの持ってないし、結局は3人ともファー付きのジャケットや、パーカー、ジャンパーを着こんで、下はジーンズかチノパン。
はたして18歳と言って通用するのか…。まあ、決めるのは僕らではなく店側なのだから、ここであれこれ悩んでも仕方がないのだが。
3人とも懐には5万ほど用意していた。全財産と言ってもいい。
貴重な金だし、親に内緒でこんな高価な買い物(買い物と呼んでいいものなのか?)をするの初めてだけど、3人とも『もったいない』なんて気持ちは、微塵も無かった気がする。使わなきゃお金じゃないし、今回のプロジェクトは人生に対する有効な投資になるはずだった。
ちなみに僕は、先週の土曜の夜にオナニーして以来、それを自らに禁じていた。後から思えばお笑いぐさだけど、出来るだけ精液を溜めといた方がいいと思ったのだ。
いつもは、ほぼ一日置きにしていたし、ソープランド出陣を決めて以来、頭の中はそのことで一杯で、禁欲にはかなりの意志力を必要としたが、なんとか耐え切った。
後はソープ嬢のお姉さんのあそこに(正確にはコンドームの中に)思いっきりぶちまけるだけ。そんなことを考えていると、溜まりに溜まった下半身がムズムズしてくる。そしてその状況は、正樹も優二も同じように思われた。

9時過ぎには新宿駅に着いてしまい、僕らは駅構内のフードコートに寄り、ホットドックとコーヒーで、簡単な朝食を取った。
緊張が徐々に高まる中、優二がホットドックを齧りながら、正樹に質問した。
「正樹、予約とか入れなくていいのか?」
「まずは、店を外から確認したい。万が一怪しい店構えだったらイヤだろ。それにこの時間帯だから、予約してなくっても混雑ってことは無いだろう」
事ここに至って、僕と優二は、全面的に正樹の判断に従う覚悟だ。
やがて僕らは改札を出て、一度地下に潜り、スタジオアルタの前で地上に出ると、長い靖国通りの横断歩道を渡り、一気に歌舞伎町へと突入した。
朝10時前のセントラル通りは、何とものんびりしたもので、人影よりもゴミを漁るカラスの方が多いぐらい。この街の午前10時は、まだ深い眠りの底にあるのかもしれない。
ところが、コマ劇場跡と映画館街の間の道を抜け、ラブホテルが多い地域に足を踏み入れると、やたらホストクラブが目立つようになり、店の前では、いかにもホストといった感じの若い男たちと、どう見ても高校生にしか見えない女の子たちが、大声ではしゃぎ合っていた。
「あの子らがホストクラブに入れてもらえるんなら、オレたちがソープに行くことも問題なさそう」
体をくっ付けてじゃれあう男女を横目で見ながら、優二が小声で言った。
「しっかし、ホストクラブって朝までやってんのな」
賑やかなクラブの前を通り過ぎながら、優二が問いかけ、正樹がクールに答える。
「風適法の改正によって、ホストクラブは午前1時から夜明けまでは営業できなくなったんだ。だから今の時間は『第2部営業』の真っ最中ってところだろう」
「…お前、いつそんな情報仕入れるの?」
「ソープを調べた時、ついでに調べた」
そうこうしているうちに、目的の『ニューキャッスル』の看板が見えてきた。意外と地味で小さなネオン看板だ。
僕は、足が震えるような緊張感とワクワク感に襲われた。
入口はスモークになった自動ドアで、入口の脇に小型の花輪が一つ。おそらく客引きというのだろう、髪を短く刈った男が一人、ダウンジャケットを着て寒そうに入口に立っていた。
僕らは一度店をやり過ごした。店の前は市場のように大きな魚屋さんで、数人の男たちが忙しそうに立ち働いていた。
「あの男は客引きかな?」
「うん。風営法では敷地外に立っちゃいけないから、まあドアボーイみたいなものだろう。評判のいいソープは、強引な客引きをしなくても客は来る」
ワンブロックほど歩いてから、ニューキャッスルを振り返り、僕らは最後の軍議を開いた。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.04.22 Fri l ソープ嬢ナナちゃん l コメント (2) l top