FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
詩織さんが、夫の昌明さんから、昌明さんの弟のマコト君の同居を相談されたのは、マコト君が大学合格が決まってすぐのことでした。
旦那さんの弟、つまり詩織さんから見ればマコト君は『義弟』ってことになります。
昌明さんは、一応相談という形は取っていたけれど、詩織さんにとっては、ほぼ決定事項を通告されたって感じでしょうか?
それでも旦那さんは、
「1年だけだからさ」
と、人のいい愛想笑いを浮かべて、一応は奥さんに気を使ってるみたいです。
もちろん詩織さんに断るすべはありません。
「じゃあ1年間、東京に慣れるまでの間、お世話させていただくわ」
と、『1年間』をなにげに強調したのですが、そのあたりの微妙なニュアンスが旦那さんに伝わったかどうか…
昌明さんは比較的鷹揚な性格、思い切って言ってしまえばけっこう鈍感な男性だったのです。

義弟のマコト君の同居は、夫のお母様が画策したに違いないと詩織さんは踏んでいました。
マコト君の母親(つまり詩織さんの義母)は、はじめマコト君を県人寮に入れようとしたみたいだけど、一人暮らしに憧れるマコト君がそれを嫌がったらしい。たしかに今時、県人寮なんて好んで入りたがる若者なんて少ないでしょうね。
でも、溺愛する末っ子が東京でいきなり一人暮らしを始めることが心配でたまらないお義母様は、折衷案として1年生のうちだけ、長男である昌明さんの家に居候させようと画策したに違いないのです。嫁である詩織さんからすれば、提案というより命令同然。また、夫の昌明さんは、長男なのに故郷(信州)には戻らずに東京で就職し、さらに詩織さんという東京育ちの嫁を貰って、都内に一戸建てまで構えてしまったことに、ある種の後ろめたさを覚えているみたいでした。だから母親の頼みには弱い。
『面倒くさいなあ…』
これが詩織さんの正直な気持ち。
同い年の夫と3歳になったばかりの一人息子の翔クンとの三人暮し。息子にはまだまだ手はかかるけれど、家族水入らずの暮らしは、じゅうぶん幸せと呼ぶにふさわしいものでした。そこに、詩織さんにとっては他人である義弟に闖入されることが、何やら気が重いのです。
詩織さんとマコト君は何度か顔を合わせていたけれど、詩織さんの受けた印象は、社交的な夫とは違ってシャイで晩稲な少年…って感じでした。
義母にとっては年を取ってからの末っ子ですし、昌明さんも12歳も年齢差のある弟を溺愛していて、『だからひ弱に育ったんじゃないの?』と、詩織さんは密かに疑ったりするのでした。
義理の弟、略して義弟。字で書くと硬いけれど、マコト君は、とても印象の薄い、目立たない男の子だったのです。
特に母親や昌明さんが、マコト君のことを『マコちゃん』と呼ぶのには、なんとも違和感を憶えた。
『アニメのヒロインじゃあるまいし、家族そろって箱入り息子に育てるつもり?』
つまり、詩織さんがマコト君に持っている印象は、あまり良いものではなかったのです。

かくいう詩織さんも、あまり社交的な方ではありません。
女子大を卒業して、お勤めしている時には、『真面目で面倒見がよく、仕事も出来てけっこう使える女』などという評価を得ていた詩織さんですが、実は人付き合いが苦手で、顔ではニコニコしていても、心の中ではいつも人間関係のストレスで疲れ果てていました。
だから、社会人生活3年目に学生時代から付き合っていた昌明さんからプロポーズされた時には、二つ返事でOK!それは昌明さんを心から愛していたというより、これで専業主婦の座にありつけて、とりあえず仕事を辞めることが出来ると考えたからです。
あっ!詩織さんが怠けものとかじゃありませんよ。逆に愛する家族のためならエンヤコラ!結婚当初から完璧な家事を心がけ、まさしく専業主婦を自分の天職と位置づけ、翔クンを出産した後は、子育てともども主婦業の完成に向かって邁進している女なのです。
だからこそ、詩織さんが築き上げた家族水入らずの生活を守りたい気持ちが強かったのかもしれませんね。
正直、義弟のマコト君との同居は疎ましかった。だいたい、マコト君も同居など望んでいないはずで、この折衷案はお義母さん以外、誰も幸せにしないのです。
『お義母様め!こうなったら仕方がないわ。こちらもあまり気を遣う事無く、軽い気持ちで接することにしよう。どうせ1年間だし…』
詩織さんはそう心に決めて、マコト君受け入れ準備に精を出すのでした。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011.11.01 Tue l My Lovely Little Brother l コメント (4) l top
マコト君が上京してきたのは、ソメイヨシノが東京中をピンクに染める4月1日。
『今日はエイプリルフールだわ。冗談だったらいいのに…』
往生際の悪い詩織さんのもとに、これまた緊張した表情のマコト君がやってきました。
でも、礼儀正しく挨拶されたマコト君の表情を見て、それまでの先入観がすっと消えていくのを感じた詩織さん。夫よりずっと痩せてスマートでしたが、昌明さんとよく似た顔立ち。いや、昌明さんよりむしろ息子の翔の面影とそっくりで、詩織さんが思わず微笑んでしまったほど。前に会ったのが、翔が生まれてすぐの時だったので、そこまでは気付かなかった。そう言えば、夫も『なんだかマコトの小さい頃に似てるんだよな』とか言ってましたっけ。
驚いたのは、普段は人見知りをする翔が、マコト君と顔を合わせたとたんに、もじもじした笑顔を向けたことでした。もしかしたら『こやつ、僕の一族だな!』と本能的に感じたのかもしれません。
とにかく詩織さんは、夫が出勤中に義弟を出迎える緊張が、スーッと消えていくのを感じていたのでした。
こうして詩織さん一家とマコト君の同居がスタートしました。

二年ぶりに見るマコト君は、詩織さんの目から見てもそれなりに大人になり、男っぽさすら感じられるように成長していました。
でも、根が素直なのでしょう、詩織さんと目が合うと、はにかんで慌てて視線をそらすような初心っぽさは相変わらずで、今回はそんなところにも好感が持てたりします。
『やっぱり先入観をもってはダメ!』
詩織さんは反省しました。人生、すべからく勉強なのです。

上京当日、マコト君は自分に用意された二階の部屋の片付けに時間を費やし、詩織さんは夜の食事の準備に追われ、翔は一階と二階を興奮気味に行ったり来たりしています。
そして、一家の主人の昌明さんが帰宅するのを待って、ささやかな歓迎会を始めたのでした。
「マコト、仲良くやっていこうな」
兄にビールを注がれながら、でもマコト君は詩織さんの方を向いて、
「うん…お姉さん、ご迷惑をかけますが、1年間よろしくお願いします」
と、あらためて丁寧な礼をしたのでした。
「そんなに堅苦しくしないで。自分の家だと思ってくつろいでくれればいいの」
「はい」
慣れないビールを一口飲んだだけで真っ赤になったマコト君を、詩織さんは微笑ましく眺めていました。
マコト君は詩織さんのことを『お姉さん』と呼んだけれど、3人姉妹の末っ子で育った詩織さんには、それがまた新鮮で心地よかったりする。
『なんとか、うまくやって行けそうだわ。まさに案ずるより産むが易し』

3歳になる翔は、さっそくマコト君のファンになったようです。
いきなり年の離れたお兄ちゃんが出来た興奮に、しょっちゅうマコト君にまとわりついていたけれど、それを嫌がりもせず、絵本を読んで聞かせたり、仮面ライダーごっこの怪人役を演じたりの大活躍。翔クンはもう大喜び。ママやパパの怪人役では、イマイチリアリティに欠けていたようです。
入学式までの数日間、マコト君は庭やバスルームやトイレの掃除まで買って出てくれました。
「いいのよ、そんなことまでしなくったって。東京見物にでも行ってくれば?」
「いえ、実家でもよくやってましたから」
初めだけ点数稼ぎをしてるのかしらと、疑っていた詩織さんでしたが、マコト君の意外な手際のよさと、詩織に接する態度から見て、『この子はホントに誠実なのだわ。裏表の無い素直な子』と評価せざるを得ませんでした。
マコト君は、スーパーの買い物にまで詩織さんに付き合ってくれました。
3歳児を連れての買い物は結構大変なものだけど、マコト君が翔を見てくれるおかげで、詩織さんは久しぶりにゆっくりとお買い物に集中することが出来ます。
翔のあしらい方は、父親の昌明さんより上手いぐらいで、これもマコト君の純真さを、翔が直感的に感じるのかもしれないと詩織さんは思いました。
やがて、マコト君の大学の入学式。オリエンテーリングなど、俄然忙しくなったマコト君でしたが、相変わらず夜には翔の遊び相手となり、土日には家事や買い物の手伝いを甲斐甲斐しくやってくれます。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.11.02 Wed l My Lovely Little Brother l コメント (2) l top
「マコト君は、サークルとかには入らないの?」
ある夜、リビングで翔とじゃれ合うマコト君に、詩織さんが問い掛けました。
「高校時代は陸上をやってたけど、大学の部活は敷居が高いですから。一応、芸術会系の映画研究部に入部することにしました。自主製作の映画を撮ったりするみたいです」
「あら、マコト君、映画が好きなの?」
「はい、入試で1年間あまり見られなかったから、これからガンガン見るつもりですよ。もちろん僕は映画館派。東京にはいろんな映画館があるみたいだから楽しみです」
「そう、いいわね。私は映画館なんか何年も行ってない。結婚前は、よく連れて行ってもらったんだけどね」
ちょっと寂しげな詩織さんに、マコト君は、
「じゃあ、今度一緒に行きましょうよ。翔も楽しめるような映画がいいかな。実は僕、子供向けのアニメみたいなのって好きなんですよね」
と、屈託なく言うので驚いてしまった。
『この子、まだ女の子と付き合ったことが無いのかしら。せっかく東京に出てきたのに、義姉と甥っ子と一緒に子ども向けアニメを見に行っても仕方ないでしょうに…』
詩織さんは呆れると同時にクスッと笑いを漏らしてしまい、マコト君を不思議がらせたのでした。

マコト君が入学して10日ほど経った土曜日、『今夜はサークルの新入生歓迎コンパがあるから夕食はいりません』と言い残して、マコト君は夕方から外出して行きました。
久しぶりの家族3人水入らずの夕食なのに、詩織さんはなにやら物足りない。翔も遊び相手がいなくて、つまらなそうです。詩織さんや翔にとって、すでにマコト君は無くてはならない存在になっていたのです。
この夜は翔を寝かしつけ、詩織さん夫婦も早めに寝室に入りました。
「マコト君、何時ごろ帰るのかしら?私もあまり遅くまでは起きていられないわ」
「起きてることないじゃないか。鍵は持ってるんだろ?」
「そうだけど…まだ未成年なのに外でお酒なんか飲んで大丈夫なのかしら」
昌明さんが、クスクス笑っています。
「なによ?」
「いや、なんだか口うるさい母親みたいだなって思って。翔が学生になる頃には心配で大変だな」
「そんなことはないわよ。私は、お義母様からマコト君のことを任されているんだから、責任があるんです!」
「わかった、わかった。でも、今夜は帰ってこないかもしれないぞ。明け方まで飲み歩いて、どっか友達の部屋に泊まるってのが新歓コンパのパターンさ。女の子も一緒かもしれないし」
昌明さんはそう言って、ニヤニヤ笑っています。
「あら、入学早々さっそく彼女が出来ちゃうのかしら?」
「ハハハ、あいつは晩稲だから、まだまだ時間が掛かるんじゃないか?まあ、オレに似てイケメンだから、そのうち彼女も出来るだろうけどな」
「あなたに似てるかどうかはともかく…マコト君は、地元には彼女とかいなかったのかしら?」
「いないいない。100%童貞。ウールマーク付きだ」
昌明さんは一人で可笑しそうに笑ったけれど、詩織さんはなにやら胸が騒ぎます。
「そんなことより…こっちに来いよ」
夫婦の寝室にはセミダブルのベッドが二つ。詩織さんはいつも翔と一緒に眠るのですが、夫婦の営みの時には典弘さんのベッドへと移動することになっているのです。
「なんだか久しぶりね」
「うん、やっぱりマコトが来てバタバタしてたからな。今夜は大きな声を出しても大丈夫だぞ」
「…いやだ」
詩織さんは頬を染めながら、典弘さんに頬ずりをしました。

やがて昌明さんが上になると、夫婦はキスをかわし、続いてゆっくりと詩織さんのパジャマのボタンを外し始めました。翔は詩織さんのベッドですやすや眠っています。
たしかにマコト君がやってきてからは初めてのセックス。
夫婦の性交は、30代になってからは自然と回数は減っていましたが、内容は格段に濃くなったと詩織さんは思っています。
なにより翔を出産以来、詩織さんの性感が際立って高まっていて、昌明さんが『大きな声を出してもいい』と言うのも、あながち誇張ではなかったのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.11.03 Thu l My Lovely Little Brother l コメント (2) l top
詩織さんと昌明さんがお付き合いを始めたのは学生時代。
当時昌明さんはラグビーでは名門と言われる大学の準レギュラー選手で、女子大に通っていた詩織さんが、お友達に誘われて試合の応援に行ったのをきっかけとして交際が始まりました。
もっとも詩織さんはラグビーに興味があるわけでもなく、がっちりタイプの昌明さんがタイプだったわけでもないのですが、フォワード特有の押しの強さに根負けし、ついに付き合うようになったのです。
付き合い始めてすぐに、昌明さんは体を求めてきましたが、詩織さんは断固拒否。
この時すでに、20歳を過ぎていた詩織さんでしたが、男性と付き合ったのは昌明さんが初めてで、当然処女でした。
『詩織って美人なのにどうして?』
友達からもそう言われ、女子大七不思議の一つにも数えられたりしましたが、当時の詩織さんは男にもセックスにも、あまり興味をそそられなかった。だから昌明さんは、さんざんお預けを喰って、やきもきしていたのですが、最後には土下座せんばかりのお願い攻撃で、ついに詩織さんの体を開くことが出来たのでした。
あまりの哀願に、気の毒になって許した詩織さんでしたが、初エッチを終えて大満足の昌明さんに対し、ただ痛かっただけ。
その後も昌明さんに求められるまま、繰り返しセックスはしましたが、なかなか慣れることが出来ない詩織さんでした。
特にエッチ前の、昌明さんの欲望に憑りつかれたような顔が不気味で、男の性欲がおぞましく思えて仕方がない。詩織さんにとって、昌明さんは優しくいい人であることに間違いは無いのですが、セックスだけは苦痛だったのです。
だから何度も別れたいと思ったのですが、そのたびに土下座されてズルズルと交際は続きました。

卒業後、昌明さんは証券会社へ、詩織さんは乳幼児用品のメーカーへと就職したのですが、その頃から昌明さんの熱心なプロポーズが始まりました。
詩織さんの答えはなかなか煮え切らなかったのですが、前述したように、3年間のOL生活に疲れた詩織さんがついに受諾することで、二人は結ばれたのです。
結婚後は専業主婦として、主婦業の完成を目指した詩織さん。昌明さんも、『いい嫁さんもらった!』と大満足で、親戚や同僚たちに自慢しまくってはのろけていました。
でも、相変わらず詩織さんはセックスに関して消極的で、それだけが不満の旦那さま。
しかし、やがて詩織さんにビッグバン級の発想の転換がやってきます。
家事全般に完璧を期したい詩織さんは、ある日の夕方、夕食用のブリをさばいていた時、落雷に打たれたように悟りを開いたのです。
『主婦にとってセックスも家事のひとつなんだわ。一家の大黒柱の旦那さまの性欲を満足させ、明日への活力とさせるのは良妻の絶対条件ではないかしら』
そう悟ってしまえば、完璧主義者の血が騒ぎます。
詩織さんは、セックスに関するハウツー本を買い集め、ネットで関連事項を検索し、TSUTAYAでエッチなDVDまで借りて研究を重ねました。
勉強した内容は、すぐに夜の夫婦の営みで実践します。
でも知識が先走りすぎて、いきなり昌明さんのをディープスロートして、あやうくゲロ吐きそうになったり、さほど大きくない両乳房に、ペニスを挟みこもうと苦戦していたら、昌明さんがギョッとなって、
「そんなことしてくれたこと無かったのに…お前、他に男が出来たのか!」
と、真顔で問い詰められたり。
そんな勇み足はあったけれど、バナナを使ってフェラチオの練習をしたり、色っぽいあえぎ声を習得するために、昼間、慣れない自慰を試してみたりの努力が実を結び始め、昌明さんが、
「以前は消極的だったのに…詩織ったらホントにエッチな女になったなあ」
と感慨深げ。すかさず詩織さんが鼻にかかった声で、
「あなたが詩織をこんな女にしたのよ」
と、しなだれかかれば、昌明さんは『ムフフ』と、いやらしくも満足げな笑みを漏らすのでした。
この時の詩織さんは、すでにハウツー本を1冊書けるほど、夫婦の性交を手の内に入れていて、単純な旦那さまは、実は奥さんの手のひらの上でコロコロ転がされていたのでした。
そうなってくれば、詩織さんも俄然セックスが面白くなります。
自慰での練習の成果か、自分の性感帯のポイントを徐々に把握するに連れ、今まで昌明さんが、いかに見当違いな愛撫をしていたかが明らかになってきました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.11.04 Fri l My Lovely Little Brother l コメント (2) l top
昌明さんは、元ラグビーのフォワードらしく、ずんぐりした体型をしていましたが、ペニスも同じくずんぐりタイプ。
そんなペニスを詩織さんに挿入すると、体に似合わぬ俊敏な動きで、前からでも後ろからでも突きまくるのですが、この高速ピストンは明らかに詩織さんの性感には合致しないことに気付きました。
『私はもっと優しく、柔らかく接してくれた方が感じるはず。スローセックスこそが私に適した方法なのだわ』
そう確信した詩織さんは、こんどは昌明さんの性癖改善に取り掛かりました。
これはなかなか難しい。昌明さんは、自分のテクニック(?)に自信を持っているみたいだし、詩織さんのセックスを開花させたのは自分だと信じ込んでいる。
そんな昌明さんのプライドを傷つけないよう、詩織さんは細心なまでに注意深く導きます。
「ああ、いい!あなた気持ちいい…でも…もう少しゆっくりの方が私には合ってるかも…ああ、いい!」
みたいな感じで巧みに誘導するのです。
「アッ!あなた、イキそう!でも…私のクリトリス、とても敏感みたいだから、もう少し優しく舐めてくれた方がいいかも」
「そ、そうか?」
こうして本人の気付かないうちに、どんどん性技が向上する昌明さん。まさしく婦唱夫随。夫婦の性生活の成長期でした。

そんな詩織さんをさらに劇的に変化させたのは、長男の翔クンを産んだことでしょうか。
育児にも慣れてきた出産1年後あたりから、自分でも驚くほど性感が高まり、昌明さんとのセックスが待ち遠しくてたまらなくなったのです。
そして旦那さまに抱かれ、演技ではない本物のあえぎ声を上げるようになり…
ついにセックスは、旦那さまにご奉仕する家事の一種から、詩織さん自身の大切な歓び、楽しみへと変わって行ったのです。

さて、話をマコト君がコンパに出掛けた夜の、詩織さんと昌明さんが絡み合う寝室に戻しましょう。
夫婦の性交も佳境に入り、組み敷いた昌明さんの縦横無尽、硬軟織り交ぜた攻撃に、詩織さんはあられもない声を上げながら揺れていました。
昌明さんをここまで育てたのは自分だとの自負が詩織さんにはありますが、旦那さまのプライドを慮って、そんなことはおくびにも出しはしません。
もう、決して一本調子ではない昌明さんの動きに、詩織さんはあえぎ、悶え、旦那さまの背中に手を回して、うめき声を上げ続ける。昌明さんの成長を思えば感無量です。
まず正常位で詩織さんを歓ばせておいて、一度ペニスを抜いた昌明さんが、詩織さんを裏返すのがいつものパターン。後向きにして、お尻を抱えて後背位で合体するのです。
詩織さんは、後ろからペニスを挿しこまれて、
「うっふ~ん!」
と、色っぽい声を漏らす。

再び脇道に逸れることをお許しください。
学生時代、初めて昌明さんのアパートでバックから入れられた時には、詩織さんは情けなさで涙が出そうになりました。
『こんな屈辱的な姿勢で喜ぶ女がいるのかしら?両親は、こんなことをさせるために高いお金を払って私を女子大に行かせたわけじゃない!』
とまた、大げさな嘆きよう。
そのショックがあまりにも大きく、さっと昌明さんからお尻を引いてペニスを抜くと、『もうイヤ!別れてください!』と宣言したものだから、昌明さんは裸のまま大慌て。平謝りの末、『二度と変態的な恰好はさせない』と誓うことで、なんとか許してもらえたのでした。
ところがどうでしょう。
セックスを家事の一環としてライフワークにしようと決意して以来、当然後背位も夫婦のポピュラーな体位となったのですが、今ではお尻から抱かれながら、シーツを握り締めて、うめきながら自らお尻を前後左右に振るまでに開花していたのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.11.05 Sat l My Lovely Little Brother l コメント (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。