FC2ブログ
長野県松本市は私の両親のふるさとだ。
父と母は、このアルプスに囲まれた城下町で出会い、そして宿命的な恋に落ちて、やがて結ばれた。
結婚後、二人は東京で愛の巣を営み、やがて私という愛の結晶が生まれ、ひとり娘の私は両親のあふれんばかりの愛情を注がれながらすくすくと育ち、そして17歳になった。
悲しいことに両親は別々の道を歩むことになってしまったけれど、それもまた人生というものだろう。たとえ離婚してしまっても、両親が私にとってかけがえの無い大切な存在であることに変わりはない。
そして今、私は心の故郷、信州に降り立った。
愛するケンちゃんとしばらく会えないのは寂しいけれど、それでも私の心は震えている。
きっと私のDNAには、この街の匂いが染み付いているのだろう。安曇野の明るい真夏の太陽、木々を渡る爽やかな風、遥かなる南アルプス…ああ、わが心の故郷、松本よ…

「ゆきえ、さっきから、なに一人でぶつぶつ言ってんの?」
松本駅のコンコース、前を歩いていた奈緒が振り返り、不思議そうな視線をゆきえに浴びせ掛けた。
「えっ?私、なんか言ってた?」
「言ってたわよ。わが心のなんとかかんとか…もしかしてボケちゃった?」
「…」
(相変わらず奈緒ちゃんは口が悪い。せっかく詩心に浸っていたのに…)
ゆきえは照れ隠しもあって、先を歩く奈緒に向かって心の中で悪態をついた。
毎年夏休み恒例の信州への里帰り。今年は仕事を始めた母親がうまく休暇を取れなかったこともあり、ゆきえは親友の奈緒を誘って二人で帰省したのだった。
「暇だし、たまにはド田舎の空気でも吸ってみようかな。ゆきえのお守りをしながら」
相変わらずの上から目線に、奈緒を誘ったことをさっそく後悔してしまったゆきえだったが、実家に着けば主導権を取れると高をくくっていた。

ホントは恋人のケンちゃんと一緒に来たかったな。高校生だから無理か…でもケンちゃんを連れて帰ったらみんな驚くだろうな。ユリちゃんとか目を丸くして。おばさんは、『あれあれ、ゆきえちゃんが東京からお婿さん連れて帰って来たよ。ちょっと、あんた!』とか…いやだあ!お婿さんだなんて…エヘヘ

ゆきえが、ふとわれに帰ると、再び奈緒が立ち止まって、胡散臭げに、ゆきえを見ていた。
「あっ…」
「どうでもいいけど、駅を歩きながらニヤニヤするのやめてくれない…」
「…」
結局、ゆきえはムスッとしたまま奈緒の後をついて歩くことになる。
だいたい本来はゆきえが先導するべきなのに、奈緒がずんずん歩いて行ってしまうのだ。
ゆきえは仕方なく小走りで奈緒の後を追っ掛けた。
駅前ロータリーに、ゆきえの伯母の早苗と、いとこの友里恵がゆきえたちを待っていた。車で迎えに来てくれたのだ。
「ゆきえちゃ~ん!」
「ユリちゃ~ん!」
ゆきえと友里恵が、手を取り合って飛び跳ねて再会を喜びあったが、奈緒がうんざり顔で、
「再会祝福のダンスはそれぐらいにして、車に乗らない?ここ暑いんだけど」
と、水を差した。
「…誰?」
「ほ、ほら、電話で話した奈緒ちゃん。今回は一緒に遊びに来たの」
ゆきえが慌ててフォローする。
「ふ~ん…」
挨拶もそこそこに車に乗り込んでしまった奈緒に、早くもユリちゃんが不信の目で見ていた。
(あ~あ、やっぱり連れて来るんじゃなかった)
ゆきえは心の中でため息をついた。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2011.12.12 Mon l ゆきえの冒険・高校生編 l コメント (2) l top
「信州って意外と暑いんですね?」
「そうねえ。標高が高い分、紫外線が強いから、日向は暑く感じるかもね。その代わり日陰に入れば涼しいし、特に朝晩は気持ちいいわよ」
「わ~、楽しみ~!東京じゃ今の季節、エアコン無しじゃ眠れませんから。あっ、アルプスが見える!」
さすがに奈緒は大人相手にはソツが無く、さっそくゆきえの伯母の早苗には取り入ってしまったようだ。
電車の中では、『晴れた日には私たちの街からでも富士山が見えるんだから、アルプスが見えたぐらいで顔色変えないでよ』と冷たく言い放っていたのに…
まあその辺りをユリエも敏感に感じるらしく、車中ではツンと横を向いていた。
(奈緒ちゃんとユリちゃん、似た者同士だから反発するのかも…)
そんなゆきえの不安が早くも悪い方に的中してしまって、小心者のゆきえはハラハラするのだった。

車で20分ほど走れば友里恵の家に到着する。
「田んぼの中を延々と走るから、アルプスの山荘にでも連れて行かれるのかと思ったわよ。思った以上に田舎ね」
奈緒がゆきえに耳打ちしたのが聞こえたらしく、ユリエが睨んでいる。
「おお、こわ」
「…奈緒ちゃん」
先が思いやられるゆきえだった。

早苗が、駐車場に車を回しに行ったその時、中学二年になるユリエの弟のジュンが、友達2人を連れて帰って来た。3人ともTシャツは泥だらけで、ジュンは顔や腕に、いくつもの擦り傷を作っていた。
「ジュンちゃん、どうしたの、その傷?」
いつの間にか身長もゆきえを追い越し、大人の体付きに近づいているようだ。ただし、その表情は、まだまだ幼さを残していたが。
「おお、ゆきえちゃん!着いたのか?ちょっと、隣町の番長とタイマン張ってね。もちろん勝ったけど、来週はそのまた隣村の番長と決闘よ。あっ、こいつらオレの舎弟。おい、挨拶しろ!」
「コンチワーッス!」
後ろに控えた二人の中学生が頭を下げた。
「ケンカばっかりして!」
ユリエがジュンを叱っている。
奈緒はゆきえの耳元に顔を寄せ、
「ねえ、ここって平成の日本だよね?昭和40年代の『ハリスの旋風』の時代じゃないよね?」
と、目を丸くしてささやいた。
「ゆきえちゃん、今夜は一緒にお風呂に入ろうな」
ジュンが大人びたことを言えば、仲間の中学生たちが目を丸くしている。
「バカ!入るわけないでしょ!」
「昔は一緒によく入ったじゃないか」
「小学生の時でしょうが!」
中学生にからかわれて真っ赤になるゆきえを、ジュンたち悪ガキがニヤニヤ眺めていた。
「それ、いいじゃない!私も一緒に入りたい。男子中学生とお風呂に入るチャンスなんてなかなか無いからね。ところで、あんたたち、もう毛は生え揃ったのかな?」
いきなり参戦してきた奈緒の品定めするような目に、ジュンたちが一歩引いた。
「だ、だれ?」
「あ、ああ…友達の奈緒ちゃんよ。今年は一緒に来たの」
「そうだ!お風呂の前にド田舎の中坊らしく、田んぼの畦道に並んで、立ちションでもして見せてよ。ゆきえがチンコを見て採点するから。合格した子だけ、一緒にお風呂に入ることを許してあげるってのどう?じゃあゆきえ、採点係を任せたわよ!」
さすがにユリエも唖然としていた。
「ちょっと、奈緒ちゃん!早くうちに入ろうよ」
呆気に取られる3人の中坊を残し、ゆきえは奈緒を引っ張るようにして家に入り、奈緒は中学生たちに悪戯っぽく手を振った。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.12.14 Wed l ゆきえの冒険・高校生編 l コメント (2) l top
呆然と立ち尽くして奈緒たちを見送った3人の中学生たちだったが、やがてジュンが、
「クソ…あの女、オレたちをバカにしやがった!」
と、うめくように言った。
「都会の女は下品だなあ」
「うん…でもキレイな人だったなあ」
そんなことを言い交わす舎弟たちに、ジュンは、
「よし!仕返しするぞ!」
と高らかに宣言した。
「えっ?どうやって?」
「お風呂を覗いてやる!」
「マ、マジで?覗けるの?」
「ああ。自慢じゃないけど、うちのお風呂は古いからな。最近、覗ける隙間を発見したんだ。姉ちゃんの裸も、いい加減見飽きたから、今日はあの東京女を覗いてやる!」
「えっ…じゃあ、オレも行っていい?」
「おお、いいぞ」
「でも兄貴、のぞきって、なにやら姑息な気が…」
「じゃあ、お前は来るな」
「…行きます。覗かせてください!」
「オレ、東京女もいいけど、ジュン君の姉ちゃんの裸が見たい」
がぜん盛り上がる中坊たちだったが、ジュンは心中、(ゆきえちゃん…おっぱい大きくなったかなあ…)と感慨に耽っていたりする。

まだ小さかった頃、小学生だった姉とゆきえちゃんの3人で、よくお風呂に入った。そしてそこで、女子の胸がだんだん膨らんでくる人体の神秘を目の当たりにしたのだ。姉のユリエの方は、小学校も高学年になれば、まろやかな女の体へと変身して行く気配だったが、同い年のゆきえちゃんの体は、まったくその兆候を示さず、ジュンは子供心にも心配したものだった。
さすがに姉たちが中学生になれば、一緒に入浴することも叶わなくなったが、ゆきえたちが中2の夏休み、偶然を装って二人の入浴中に乱入したのだが、ゆきえの乳房が小さいながらも形よく発育しているのを確認して、ホッとするとともに激しく欲情。
あの時には、ユリエ姉ちゃんに思いっ切りひっぱたかれたけど、ゆきえちゃんの幼くも愛らしいおっぱいは、しっかりと網膜に焼き付けた。
そして、中1でオナニーを覚えて以来、最高のおかずは、ゆきえちゃんの微美乳と決まっていたのだった。
(あれ以来、お目に掛かってないけど、さてさて、どんなおっぱいに育ったのだろう?)
ゆきえに、淡い恋心を抱く少年は、密かに顔を赤らめたりして…
悪友たちとのボーイズトークでも、初恋の話題が出れば、条件反射のようにゆきえの面影が脳裏に現れたが、そのことを誰かに告げたことは一度も無いジュンだった。
こうして夜の再集合を決めた少年たちは、興奮と期待に胸とチンコを膨らませながら一時解散したのだった。

その日の夜は、ゆきえの実家の親戚一同が集まって、とても賑やかなものになった。
そして、30畳敷の大広間での宴会の主役はなぜか奈緒で、地元のオヤジやジイさん連中の間をお酌して回っては、バカ話に興じて大声で笑ったり笑わせたり。大人気なのだった。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.12.16 Fri l ゆきえの冒険・高校生編 l コメント (2) l top
「なんなの?あいつ…」
いつもの主役の座を奪われたユリエは、隅っこでゆきえを相手にクダを巻きながら悔しがったが、奈緒のこの手の要領のよさには誰も対抗出来そうに無い。オヤジ連中の扱いの巧みさはまるでキャバ嬢、しかも『嬢王』クラスなのだ。
「奈緒ちゃ~ん!こっちに来てくれないと寂しいよ~」
酔っ払ったユリエの父親のヒロシ(ゆきえにとっては伯父)が、甘えた声で奈緒を手招きしている。
「ハ~イ、ヒロシ君、お酌してあげようねえ」
場違いなマイクロミニで、スラリとした太もももあらわな奈緒に、オヤジたちはもう夢中。カットソーから覗くピンクのブラチラも妖しく、とても高2とは思えないお色気を発散しまくっているのだ。
しかも、みんなに勧められて、お酒もかなり飲んでいるらしく、ヒロシにしなだれかかってお酒を注いでいる。
「なによ!人の父親に向かって『ヒロシ君』って。何様のつもり?」
荒れるユリエには全く気付くことなく、ヒロシは、
「奈緒ちゃんは可愛いね。オジサンお小遣いをあげようかな?」
とか、やにさがって、ユリエをいっそう苛立たせる。
「エエ~、ホントですかあ?でも、私に関わると高く付きますよう」
奈緒のからかいに、
「大丈夫大丈夫。オジサン、お金持ちだから」
と、けっこうマジな顔で答えたりするヒロシを見て、周りの連中が、『おい、ヒロシが妻子を捨てる気だぞ!』と、かき回して爆笑の渦。
明らかに大広間は、奈緒を中心に大盛り上がりを見せていた。

「ハ~イ、ゆきえ、ユリエ。ゆきユリコンビ、隅っこで二人して、なにブーたれてんの?」
広間を一巡した奈緒が、ゆきえとユリエの席にやって来た。
「ちょっと奈緒ちゃん、酔っ払ってんの?飲み過ぎよ!」
「高校生のクセにお酒なんか飲んで!」
「なんだよユリエ!あんたが仏頂面してるから、かわりに私がサービスしてやったんじゃないのよ!」
「なによ!誰がそんなこと頼んだ?」
「ちょ、ちょっと二人ともケンカしてないで…そうだ!お腹もいっぱいになったし、そろそろお風呂に入らない?ここのお風呂、すっごく広いんだよ。3人でパーッと入ろうよ!」
ゆきえの懸命の提案も、ユリエが、
「イヤだ。こんなヤツと一緒になんか入らない!」
と、あえなく却下。
「おっ!さてはユリエは体にコンプレックスがあるんだな?まあ、私のナイスバディで自信喪失させちゃったら悪いからね。ゆきえを見てもわかるけど、貧乳が一族のDNAみたいだからさ」
そ、そこまで言うか…
付き合いの長いゆきえも、さすがに唖然としたが、ユリエはすでに頭から湯気が上がる状態だ。
「だ、だれが貧乳よ!よし、いいわよ!その勝負受けて立つわ!」
(って、どんな勝負よ?)
結局、3人でお風呂に入ることになったのだが、おっぱい勝負に戸惑いいっぱいのゆきえだった。

「お?奈緒ちゃん、どこ行くの~?」
広間を出ていく奈緒たちを目ざとく見付けたヒロシが、酔いで赤くなった顔を向けた。
「ユリエちゃんとゆきえちゃんとお風呂に行くの。ヒロシ君も一緒に入る?」
「おお!いいのか?入る入る!」
ヒロシが半ばマジで応じれば、そこら辺のオヤジ連中が、『オレも!』、『ワシも!』と次々に手を挙げた。
「あんたたち、いい加減にしなさい!お父さん飲み過ぎ!」
ユリエの雷が落ちて、広間が一瞬静まり返り、3人の女子高生は、肩を怒らせたユリエを先頭に廊下へと出て行った。
最後に奈緒は、ヒロシたちに向かって、頭から角を出すポーズで笑った。
「なんだよユリエのヤツ…おっかないなあ」
「だんだん早苗さんに似てきてヒロシも大変だな」
広間が再び笑いに包まれた。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.12.18 Sun l ゆきえの冒険・高校生編 l コメント (2) l top
さて、お風呂に向かった3人だったが、思わぬ『おっぱい勝負』の展開に焦ったのはゆきえだった。
奈緒のナイスバディは、今までにもたびたび見せつけられてきたし、ユリちゃんの体だって決して侮れないことを知っている。ところが、自分ときたら…
もちろん二人は、そんなゆきえの思惑など考えもせず、脱衣室でにらみ合いながらパッパと服を脱いでしまい、上半身裸になるや、ズンッ!とお互いのおっぱいを突き合わせた。ゆきえの目の前で4個の乳房が踊った。
「どうよ!どこが貧乳よ!」
ユリエが強がったが、さすがに奈緒相手では分が悪いことをすぐに悟ったようだ。
ユリエのおっぱいも、大きさ的、形的に申し分なく、むしろ美乳と呼んでもいいぐらいだったが、何しろ奈緒のそれは、豊満な上に完璧な造形を誇り、しかも首筋から乳房、お腹へと理想の曲線美を描いている。後ろから見れば、肩から肩胛骨、さらに背中のラインまで、ゆきえが見てもため息を漏らすほどに美しい。
つまり、おっぱいだけが素晴らしいのではなく、上半身全体が絶妙なバランスで美を補完しあっていて、隙と言うものがまるで無いのだ。まるで難攻不落の旅順要塞。
「ムム…」
さすがのユリエも思わず絶句してしまったが、奈緒は追い討ちを掛けるように、
「ふふ、ユリエはまだまだお子さまのおっぱいね」
と、余裕の笑みを浮かべて、ユリエの可愛い乳首をキュッとつまんだのだった。
「キャンッ!さ…さわるな!」
「おっ!わりと感じやすいみたいね」
やがて、奈緒は思わせ振りに下も脱ぎ捨てたのだが、下半身もまた上に劣らぬ美しさで、腰から長い脚に至るラインは、CGで合成した美容系アンドロイドのような完璧さ。まさに日本人離れした超弩級プロポーションなのだった。
ユリエは悔しそうに黙ってしまい、奈緒のよく手入れされたヘアに見入っていたが、奈緒も勝者の余裕かそれ以上追及することはせず、
「じゃあ、ご自慢のお風呂に入れてもらいますわ」
と、長い脚の上、高い位置にある真っ白いお尻を思わせぶりに振りながら、先に立って浴室に向かった。ユリエが忌々しそうにショーツを脱ぎ捨ててそれに続き、ゆきえと言えば、文字通り貧乳をタオルで隠しながら追い掛けたのだった。

「へえ、スゴいお風呂ね。これ檜風呂って言うの?いい匂いがする」
「この檜、私たちのおばあちゃんが所有している山から切り出したのよ」
3人で総檜作りの大きな浴槽に浸かりながら、ユリエがちょっと自慢気に言った。
「へえ、あんたたち、けっこうなお嬢様なんだね。ゆきえを見てると貧乏くさいから、とつもそんな感じには見えないわ」
(いちいち癪にさわる…)
ゆきえが、心の中で毒づいた時、ユリエが擁護してくれた。
「ちょっと!さっきからゆきえちゃんのことバカにしてるけど、私が許さないわよ!」
ユリエが、ゆきえのために怒ってくれたのだ。
(ユリちゃん…やっぱり持つべきものは親友より親戚だわ)
ゆきえは、ちょっと胸が熱くなった。
「あら、怒られちゃった。ユリエはまるでゆきえの保護者みたい」
「悪い?私たちは子どもの頃から双子の姉妹みたいに仲が良かったんだから」
そこで奈緒がムフフと意地悪く笑った。ゆきえは、嫌な予感に襲われた。
(奈緒ちゃん…なんか企んでる)
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2011.12.20 Tue l ゆきえの冒険・高校生編 l コメント (2) l top