FC2ブログ
もの心ついた頃から、夏休みには母の実家のある西日本のとある地方都市へ泊まり掛けで遊びに行くのが恒例となっていました。
母は両親を早くに亡くしたため、田舎では母の妹である雅子叔母さんちで泊まることになります。
母と雅子叔母さんはとても仲の良い姉妹で、帰省するとずっと二人で楽しそうにしゃべっています。
雅子叔母さんは結婚はしているけど子供がいないので、僕が遊びに行くとまるで自分の子供のように可愛がってくれます。
僕は、そんな雅子叔母さんのことが大好きで、幼い頃から夏休みの里帰りが大きな楽しみになっていました。
また、雅子叔母さんの旦那さんである亮一叔父さんは、幼かった僕を山に連れ出しては虫獲りや川釣りを教えてくれました。
はじめは蝶々にすら触れなかったへたれな僕でしたが、亮一叔父さんに叱咤されながら徐々に慣れて行き、やがて釣り竿に自分で捕ったエサを付けて、川魚を釣り上げるまでに成長していました。
亮一叔父さんは口は悪いけど実は優しい人で、仕事一筋であまり構ってくれない僕の父とは対照的。長身でたくましく、物知りな叔父さんのことを僕は密かに尊敬していました。

母の郷里では、8月のお盆の時期に、『はだか祭り』と呼ばれるお祭りが開催され、最近では多くの観光客を集める全国的にも有名なお祭りになっていました。
江戸時代から続くというこのお祭りは、ふんどし一丁になった男衆が御神輿(おみこし)を担ぎながら走るという豪壮なもので、小さな繁華街を御神輿を担いだまま全力疾走で駈け抜け、町外れの神社にどの地区の御輿(みこし)が一番に到達するかを競う一種のレースみたいなもので、転倒して御輿の下敷きになるなんて事故はしょっちゅうのこと。時には死人が出ることもあるという荒っぽいお祭りです。
あまりに危険ということで、かつては警察から中止勧告が出たこともあったそうですが、観光客が集まり始めてからは町起こしの重要なイベントと位置付けられ、警察も協力的になって今では県警チームとして御神輿を担ぐ側に参加しています。
そして、道路を疾走する御輿の両側には色とりどりの浴衣姿の女衆が陣取って、ふんどし姿で汗みどろに走る男衆たちに、キャーキャー声を掛けながら柄杓で水をぶっかけるのです。
その野卑なまでの豪快さの前に、東京でおしとやかに育っていた幼い僕は恐怖を感じてすくみ上がってしまいました。それでも小学校も中学年になる頃には、一丁前に六尺褌を締めて御神輿を引かせてもらうようになる。
もちろん御神輿と言ってもいわゆる子どもみこしで、しかも走るのは禁止。それでも褌一丁で頭にねじり鉢巻きを締めてもらえば、なにやら大人になったような気分になって、仲間たちと『エイヤー!エイヤー!』と気合いを入れながら練り歩いたのでした。

昔は御神輿を引くのは男衆だけと決まっていたそうですが、男女同権の時代になるとそうも言っておられず、女子もどんどん参加するようになりました。
もちろん女衆の場合は褌一丁ってわけにはいきませんが、白い股引に上半身は白い晒しを巻いた法被姿。それで威勢よく女御輿を担ぐ姿は「いなせ」で、子どもの僕が見ても『カッコイイ!』と思ったものでした。
小さな女の子の中には、男と同じように褌姿の子もいました。親は、記念になると思ってそんないでたちにさせるのでしょうが、男の子たちにとっては眩しいもので妙に浮ついてしまう。
僕が5年生の頃、同い年で遠縁にあたるユミちゃんが、褌姿で女御輿を引くのを見た時は衝撃的でした。一緒にお風呂に入ったこともある仲でしたが、褌が食い込む真っ白いお尻を見て、胸がドキドキと高鳴り、思わずチンコが立ちそうになった。
ただし、女の子の褌姿を目当てとしたカメラ小僧が大挙押し寄せるようになり、その画像をネットに晒す不届き者が増えたことにより、教育委員会と警察の指導により、その年を最後に女子の褌は年齢を問わず禁止されることになりましたが。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2012.03.24 Sat l はだか祭り l コメント (2) l top
さて、華やかなお祭りのムードに流されて若い男女が妙に浮ついていることに、子どもながらも僕は気付いていました。
いや、若い男女だけではありません。酒に酔った大人たちの会話の中に色恋沙汰に関する噂が上ることはしょっちゅうで、どこそこの奥さんが県外から遊びに来た学生にやられてしまったとか声高に話しているのを聞いてもいました。
そして、本来ならばふしだらでモラルに反するはずのそんな性的解放も、お祭り期間中は大目に見られる雰囲気がありました。いわゆる無礼講ってやつでしょうか?
元々日本のお祭りは(日本だけではないのかもしれませんが)、長く苦しい農繁期を終え、一年間のストレスを一気に吹き飛ばすように賑やかに祭りを楽しんだのでしょう。そして、お祭りではセックスが重要なファクターとなり、場合によっては乱交まがいなことも行われたのかもしれず、はだか祭りの無礼講もその名残なのかもしれません。
もっとも、僕がこんな考えを持つようになったのは、後年大学生になってからのことですが。

このように、祭りの浮ついた雰囲気は疫病のように結婚している奥さんたちにも感染し、独身の若者がお祭りの猥雑なムードと酒の勢いを借りて人妻に迫れば、周りの大人たちも、『お祭りやから、一遍だけさせてやって!』と、一緒になって頭を下げてやったりする。
もちろん、ほとんどの人妻は、やんわりと拒否したようですが、中には困惑しながらも受け入れてしまう人もいるようで、話がまとまって、みんなの前で若者に肩を抱かれながら恥ずかしそうに消えて行くのです。
なぜ僕がそんなことを知っているかと言うと、叔母さんちがお祭りの集会所の一つになっていて、無礼講でカップルになった男女が密かに向かうのが、僕と母が寝泊まりしていたその家の離れだったりするからです。
なにも知らなかった頃の僕が離れの部屋に戻ろうとすると、部屋の中から何やら妖し気な息遣いが聞こえてきたりして、小学生の僕は訳もわからずにおののき、立ち尽くしてしまいました。
中で行われていることが気になりましたが、なにやら本能的にそこに踏み込むべきではないと感じてたりして…
そんなことを二度三度と経験したものの、それでもそれは自分とは遠く離れた大人たちの世界のことだと思っていました。
まさか自分の母親がその当事者になろうとは考えもしなかったですからね。

僕が小学校6年生の夏休み、いつものように母と里帰りして迎えた『はだか祭り』本宮の夜、御神輿の奉納が終わった後、母は叔母さんちの母屋で、多くの訪問客に料理やお酒を出すために忙しく立ち働いていました。
お祭りを無事終えた興奮と安堵感からか、みんな賑やかに食べては飲んでいます。
そんな中、『慎二』と呼ばれる若者が、しきりと母に言い寄っていました。
六尺褌に法被姿の慎二は、御神輿競争の名残を残すように胸には渇いた汗が塩となり、下半身は六尺褌からよく引き締まったお尻を露出させている。
あぐらをかいて豪快にコップ酒を煽っていましたが、今思えば、まだ二十歳に満たない年齢だったかもしれません。
「美和さんはべっぴんやなあ。やっぱり都会の女の人は垢抜けとる」
御神輿レースの興奮と酒の勢いを借りて、歯の浮くようなお世辞を並べていましたが、意外だったのは母がまんざらでもなさそうな反応を見せたことでした。
僕の母は何事にもはっきりものを言うタイプの女性で、父が家に連れて来る職場の同僚や部下の中でも、気に入らないタイプの人には露骨に態度に表します。
「あの人、嫌いだからもう連れて来ないで」
みんなが帰った後、きっぱりと宣告された父は苦笑いするしかない。
そんな母がまんざらでもない態度を取るということは、けっこう慎二のことがお気に入りだったのかもしれません。
(つづく)


にほんブログ村 にほんブログ村へ
2012.03.26 Mon l はだか祭り l コメント (2) l top
そんな二人の様子を見た周りの大人たちが、さっそくお節介を焼き始めました。
「美和さん、祭りに免じて慎二を男にしてやってくれんかね?」
「からかわないでくださいよ。私みたいなオバサン、慎二さんに気の毒ですよ」
「ワシ、美和さんが相手してくれたら、一生女断ちしても後悔はせんよ」
慎二もすっかり本気モード。そんな大人たちのやりとりを、僕はちょっと離れた席でご飯を食べながら、耳をそばだてていました。年下の男の子たちが、しきりとアニメの話をしてくるけど、僕は気が気でない(当時の僕は、かなりのアニメオタクだった)。小学校6年生ともなれば、ある程度、男と女のことに勘が働くようになりますからね。
周りには女の人も何人かいましたが、みんなニヤニヤしながら母と慎二たちの掛け合いを聞いていました。
そして、慎二本人のたび重なる懇願と周りのオヤジ連中の口添えにより、ついに母が、
「仕方ないわねえ…一遍だけよ」
と、はにかみながら答えたので、僕は驚いて巻き寿司をノドに詰まらさせそうになった。
「ウッシャー!」
慎二がガッツポーズを決め、周りのオヤジ連中も、『慎二、よかったなあ!』と、わがことのように喜んでいます。
「美和さん、こっちはもういいから、慎二君と行っておいで」
母と一緒に男衆の酒の相手をしていた女性が、優しく母に言いました。
ポッと頬を染めた母は、息子の僕から見てもとても可愛いと思った。だいたい母が照れるところを見るのなんて初めてのことでしたから。
母は、恥ずかしそうに雅子叔母さんに近寄りましたが、笑顔の叔母さんに何事かを耳元に囁かれ、再び頬を染めて微笑んだのでした。
「おい慎二!ちゃんと美和さんをエスコートせんかい!」
酒で顔を赤らめたじいさんに言われ、慎二は少し照れながら母の肩を抱くと、二人は身を寄せながら広間を出て行きました。
僕はただ、呆然とそれを見送ることしかできなかった。せめて母が、僕の方にチラッとでも視線を送ってくれたら気持ちも落ち着いたのかもしれませんが、母は僕の存在など眼中に無いかのように、目を伏せたまま慎二に肩を抱かれ、いそいそと行ってしまったのでした。

さて、どうしてこの町の人々はお祭りの無礼講に寛大なのでしょうか?
敬虔なカソリック信者から見れば、信じがたいほどのふしだらさかもしれませんが、今の僕ならその辺りの機微もわかるような気がするのです。
町のじいちゃん、おっちゃん連中だって、若かりし頃には、そうやって女を知り、人生を知って行ったのに違いありません。この町では、経験豊かな人妻が若者に性を教えるのは、一種の義務だったのかもしれません。
もちろん奥さん連中だって、義務感だけで若者に抱かれた訳ではなく、年に一度だけ夫以外の男を抱く歓びに、うち震えていたのかもしれません。
では、旦那さんは、奥さんが他の男に抱かれることに平気なのか?
もちろん、奥さんがお祭りエッチすることは秘密裡でしたが、狭い町なのだから、すぐに人々の口の葉に上ることになります。でも、ほとんどの場合、旦那さんは建前として知らんぷりを通したようです。そして、そういう態度こそが鷹揚で男らしいと認められる風土でもある。
もっとも、旦那さんだって人の奥さんに教えられて大人になった経緯があるし、お祭りの夜には既婚男性だって無礼講として、町の乙女や観光にやって来た女性たちとセックスを楽しんでいたのです。言ってみれば『お互い様』なのでした。
(つづく)


にほんブログ村 にほんブログ村へ
2012.03.28 Wed l はだか祭り l コメント (2) l top
そう、旦那さんたちもまた、年に一度の無礼講に心を燃やしていたのです。
だからこそ、乱れたお祭り期間も終わってしまえば再び元の穏やかな地方都市の生活に戻って行く。夫婦の間に『はだか祭り』の話題が上ることもなく、何事も無かったように静かな日常が復活するのです。
今でこそ避妊の技術も発達したものの、そういう知識の無い時代、お祭りで身籠ってしまう人妻も多かったようですが、そんな時でも男たちは生まれて来た子どもを自分の子どもとして育てたとか。鷹揚で大らかな土地柄なのでしょう。
閑話休題。

さて、僕の母と慎二を暖かく見送った後、お座敷では何事も無かったかのように宴会が続きました。あまり詮索しないのが礼儀なのかもしれません。
でも、僕はそうはいかない。広間で一人、気もそぞろで居ても立ってもいられなくなり、『ちょっとトイレ…』と、誰にともなくつぶやくと、その場を立ったのでした。
母たちがどこに向かったかは、ある程度想像がつきます。僕たちが寝泊まりする離れの部屋に向かったに違いないのです。
一応トイレに立ち寄ってから、僕は膝が震えそうな緊張感の中、離れの部屋へと向かいました。
誰かに見られたら困ると言う気持ちの他に、自分たちの部屋に戻るのだから、いくらでも言い訳が出来るという小賢しい計算もありました。
裏庭を抜けて、やがて離れの部屋に到達。ガラス扉は閉じられていましたが、最近改修したらしく、そっと引き戸を引くとスルスルと音も無く開きました。
エアコンの室外機がゴーゴーと音を立て、母屋からは宴会の騒ぎがさざ波のように流れてきます。
僕が足音を忍ばせて玄関に入ると、目の前が昔ながらの障子戸になっていて、その向こう側が毎晩僕らが眠る座敷です。
そして沓脱ぎには、男物と女物の下駄が、仲良く揃えられていました。
天井の灯りが消されていることが障子戸を通してわかりましたが、枕元に置いてあるはずの小型の行灯型のスタンドは灯されているようです。
この障子は雪見障子と言うらしいのですが、ちょうど大人の腰の高さの部分が素通しのガラスになっていて、僕は沓脱ぎから膝をにじらせると、音を立てないよう気を付けながら体を乗り出し、顔を雪見障子のガラスの部分に近付けました。
僕の目に入って来た光景は…
薄暗いオレンジ色のスタンドの灯りを弾くように、生き物が蠢いていました。その物体が人間の背中だと気付くのに、少し時間は掛かりましたが、気付いてしまえば前後運動をする日焼けした肌が、慎二の背中だとすぐにわかった。
そして、その慎二のお尻に割られた白い両脚こそが母のものだということもすぐに理解しました。
「…!」
僕は極度の緊張で、胸が苦しいほどでしたが、この状況を見届けざるを得ず、目を見開いて室内を凝視していました。
やがて、慎二の汗に光る背中に、母の白い両腕がからまると、まるで爪を立てるように掻き抱いたのです。
「…ああ!」
母の苦しげな声を聞き、僕はめまいがしそうになりましたが、視線は貼りついたように二人の絡み合いから外すことが出来ません。
(つづく)


にほんブログ村 にほんブログ村へ
2012.03.30 Fri l はだか祭り l コメント (2) l top
僕は、抱き合う二人の足元の方から覗いていましたが、慎二の浅黒い背中がリズミカルに前後に動き、そのたびに母の白い脚が揺れていました。
「ああ…」
男の腰が進むたびに母が微かな声を漏らし続ける。
やがて、慎二が上体を起こしたので、母の顔が現れそうになりましたが、右手を顔の上に掲げていたのでよく見えません。
そして、慎二が母の両脚を肩に担いだと思うと、ぐっと体を乗り出し、母の体は海老のように折り曲げられてしまった。
「ああ!」
(お母さんが苦しがっている!)
そう感じたのもやはり束の間でした。母は再び慎二の背中にせわしなく両手を伸ばして抱き寄せようとしたのです。
(そう言えば、お母さんはいつも体が柔らかいことを自慢してたっけ)
そんなことを思い出しながら二人の動きをつぶさに観察します。
たぶんこれが『セックス』と言うものなのでしょう。不思議なもので、同級生たちより晩稲と思われていた僕でも、それは本能的に理解することが出来ました。わからないのは、どうして母が慎二とセックスをしているかということでしたが。

しばらくエビ固めの態勢で責められ続け、母は先ほどよりさらにはっきりした声で喘いでいました。
やがて慎二が母の足を肩から下ろすと、二人は顔をくっつけ合って何やら囁き合い、やがてキスを始めたのがわかりました。
「…」
もちろん大人のキスを見るのはこれが初めて。それはテレビドラマで見る健やかなキスと違って、ガラス越しに見てもとてもエッなキスで、僕が覗いている場所にまで音が聞こえそうな激しさでした。
やがてキスを終えると、慎二がゆっくりと体を起こし、母に何やら言いましたがよく聞こえません。
そして、慎二が母から離れることにより、母の開かれた股間が僕の目に飛び込んできました。
もちろん淡い照明の下でもあり、薄ぼんやりとして細部まで窺い知ることは出来ませんでしたが、それでも僕にとっては衝撃的だった。
濃い陰毛の下の複雑な部分はなにやら濡れているように光っていて…
そして、慎二が母のお尻に手を伸ばすと、母はクルッと体を回転させ、四つん這いの態勢になったのでした。
「…?」
僕には、これから何が起こるのか、見当もつかなかったのですが、膝立ちした慎二の後方から、チンコがチラッと見えました。
暗くてよくわからなかったけど、それは信じられないほどの大きさで、天井に向かってつっ立っている。なにやらピンク色のゴムみたいなものが被されていたような…
そしてその時、僕のチンコも勢いよく立っていることに気付いたのです。
母は、揃えた両手の上に顔を乗っけるポーズで、お尻だけを高く掲げ、そのお尻を慎二が優しく撫でたかと思うと、やがてグイと腰を突き出して、チンコのあたりを母のお尻に押し付けて行ったのです。
「ああ…いい!」
母のはっきりとした声。やがて、慎二がお尻の筋肉を緊張させながらせわしなく腰を振り始めた。
パンパンパン…
体が打ち当たる音と、母のうめき声。僕は呼吸も忘れて見入っていたのですが、次の瞬間、着ていたTシャツの首をグイッと誰かに引っ張られました。
(つづく)


にほんブログ村 にほんブログ村へ
2012.03.31 Sat l はだか祭り l コメント (2) l top