FC2ブログ
あれは僕たちが高2に上がってすぐ、たしか1学期の中間テスト期間中のことだったと思います。
ゆきえからメールが届いたのは、テスト勉強をしていた午後10時半ごろのこと。この時間のメールは珍しくないのですが、文面を見てビックリしました。
『いま、あなたのうちの前に来ています』
驚いた僕は、すぐに携帯から電話を掛けたのは言うまでもありません。
「会いたいの。おうちの前にいるから…」
なにやら思い詰めたようなゆきえの声でした。
(なにかあったのだろうか?お母さんとケンカしたとか?あっ!もしかして僕とゆきえママが一緒にお風呂に入ったことがバレちゃった?…まさか!)
慌てて1階に駈け降りて玄関に向かったのですが、こんな時に限って母親に見つかったりするもの。
「…どこ行くの?こんな時間に」
「あ、いや、ちょっと友達が来てて…」
「友達って…誰?」
「あ、ゆきえちゃん…塾が終わって帰る途中みたい。なんか連絡したいことがあるって…」
「…」
母は疑わしそうな顔をしていましたが、ゆきえとは何度か顔を合わせていたし、けっこうお気に入りにもなっていたので黙って通してくれました。即興でついた嘘の割りには上出来です。

玄関前には、ゆきえがひっそりと立っていました。
薄手のセーターにミニスカートという軽装。自転車で来たようですが、ゆきえの家からだと自転車でも15分ぐらいはかかります。
「ケンちゃん!」
ゆきえが今にも泣き出しそうな顔で駆け寄って、すがり付きました。
「ど、どうしたの?こんな時間に…」
「だって…会いたかったんだもん!」
自宅前でラブシーンを演じては、いろいろと支障も生じるので、とりあえず僕も車庫の脇から自転車を出してきました。
「さあ、送って行くよ。途中、静かな場所でお話しよう」
「…うん」
僕たちは、並んで自転車を漕ぎ始めました。

自宅からほど近いところに小さな公園があります。大きなマンションに付属したような目立たない公園でしたが、オオシマザクラの巨木が1本あって、開花の時期には近所の人が花見に訪れる隠れた名所だったりします。もっとも、今はすっかり葉桜になって、深夜のことゆえ、人っこ一人見当たりません。
僕たちは自転車を停めると、1本桜の樹の下に移動し、そこであらためて抱き合いました。
「急にやってきたりして、どうしたの?」
ゆきえを抱きながら、優しく聞いてみました。
「だって!私がこんなに会いたいのに、ケンちゃんったら冷たいんだもん!」
ゆきえが、拗ねた幼児のように恨みがましく言いました。どうやらたいした理由はなく、ただナーバスになっていただけのようです。
僕は、ホッとすると同時に、そんなゆきえの姿がなんともいじらしく感じました。僕に会いたい一心で夜道を急いで来たのでしょう。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2013.04.15 Mon l 想い出エッチ番外編・深夜の公園で l コメント (4) l top
この日の放課後、ゆきえが僕に会いたがっていたことは知っていました。
ただ、なにぶんにもテスト期間中だったので、『テストが終わったらゆっくり遊ぼうね』と、断っていたのです。
学校では毎日顔を合わせていたし、休日も一緒に過ごすことが多かったし、試験期間中くらいはガマンしてくれると思ったのですが…
人からは、おとなしいと思われがちなゆきえでしたが、実は思い込んだらとても一途なタイプなのです。
時間は深夜11時に近く、暗い公園は静まり返っていました。
「ケンちゃん、会いたかった」
「お母さんは知っているの?」
「ううん、黙って出てきちゃった」
「ダメだよ。心配するよ」
「…ごめんなさい」
僕に抱き締められて、少し落ち着きを取り戻したようです。
ゆきえが下から潤んだ瞳で見上げ、僕はゆきえの背中を優しく撫でながら、ゆっくりと唇を合わせて行きました。
途中から、ゆきえの方が積極的に動き始め、僕らのキスは、やがて激しいものになっていました。

「落ち着いた?」
「うん。でも…正直に言うと、お部屋で勉強してたらスッゴく欲しくなっちゃって…」
「…ん?」
「だからあ…これが欲しかったの!」
甘え声で僕の股間に触れてきた時は驚きました。もちろんキスの途中からチンコはピンピンの勃起状態でしたが、清純派のゆきえが、そんな行動に出るとは予期出来なかったのです。なんだか今日のゆきえには驚かされてばかり。
「エッチしたかったの?」
ゆきえは、小学生のようにこくんと頷きました。
こんなにも感傷的に、そして正直になったゆきえを見るのは初めてのような気がしました。中間試験のプレッシャーなどもあって、精神的に不安定になっているのかもしれません。
そんなゆきえを愛しく思うと同時に、急に自分の性欲が高まるのも覚えました。試験中と言うことで抑えていたのですが、ゆきえの正直な気持ちを聞くうちに、欲望がむくむくと頭をもたげてきたのです。
もう一度ゆきえと唇を合わせながら、胸に手を伸ばして行く。控えめでささやかなおっぱいですが、その乳房は僕にとって大切な宝物なのです。それに、最近ではけっこう充実もしてきている。
「ん…」
接吻しながら、ゆきえがくぐもった声を漏らしました。
やがて、唇を首筋に這わせながら右手を下半身へと伸ばして行く。すべすべの太ももを撫で、さらにミニスカートの奥へと伸ばして行くと、やがて指先に布の感触を得ることになります。
「ああ…ケンちゃん…」
ゆきえはすっかり気分を出していました。
僕は、もう一度あたりを見渡すと、ふにゃふにゃになったゆきえの体を抱きかかえるように桜の樹の裏側に回りました。そこまでは街灯の光も届かず、太い幹が僕らの姿を道路側から隠してくれるのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.04.17 Wed l 想い出エッチ番外編・深夜の公園で l コメント (4) l top
「ここ…どうなってる?」
桜の樹の幹の陰で、あらためてゆきえの股間に手を伸ばして行きました。スカートの下の下着を通して、しっとりとした湿り気を感じます。
「あっ…イヤだ」
ゆきえが拒絶の言葉を口にしましたが、本気でイヤがっていないことは明白。だって、むしろ腰をすり寄せて来たぐらいですから。割れ目に沿って指をスライドさせると、『ハアハア』と可愛いあえぎ声を漏らし始めました。
「ねえ…入れて」
しばらく愛撫を続けるうち、ゆきえがさらに過激なことを言い出しました。
「…え?」
「だからあ…少しでいいから入れて欲しいの」
再び、ゆきえの甘ったるい鼻声攻撃。でも、さすがにそれには躊躇してしまいます。
中学生の時、ハイキングで行った山の中で、誰もいないことを確認してから、ゆきえに愛撫してもらったことがあります。眼下に広がるのどかな風景を見下ろしながらチンコをしごかれ、やがて、ひばりの鳴き声を聞きながら、めくるめく射精の瞬間…
木々の梢をかすめるように精液が高く飛び上がるのを見て、ゆきえは、『すごい!』と、目を丸くして興奮してましたっけ。
でも、さすがに屋外で性交した経験はありません。挿入するとなれば、当然、女性のゆきえが下を脱がなくてはならず、やはりそれは危険ですよね。
それに深夜で人気の無い公園とはいえ、ここは住宅地の真ん中。しかも僕の自宅からは目と鼻の距離なのです。誰か知っている人に見られないとも限らない。
「ここじゃ危ないよ」
「お願い!そのために来たの」
「う~ん…」
女の子にそこまで言われたら引き下がるわけにはいかないでしょう。実際、僕もその気になり始めていましたしね。
「…じゃあ、ちょっとだけ」
「うん」
時間はあまりありません。僕がズボンのベルトを外しはじめると、ゆきえもミニスカートをたくし上げて、その場でショーツを脱ぎ、それをスカートのポケットに押し込みました。
ズボンとブリーフを膝まで下げた僕は、ゆきえの背中を桜の幹に押し付けながら、彼女の左足を持ち上げました。そして、僕の腰にからませるようにしながら、下から挿入して行ったのでした。
「ああ…」
ゆきえは充分に濡れていました。いや、それどころか、今までにないぐらいに濃厚で熱い液体があふれていました。僕のチンコを、たぎるように熱いおまんこが迎えてくれたのです。こんなにも熱いゆきえは初めて。体と心の悩ましさにガマン出来なくなって、わざわざ深夜に、うちにやって来たぐらいですから、かなり性欲が高まっていたのでしょう。
「ああ、ケンちゃん!」
ゆきえが桜の樹を背にしたまま腰をうごめかせました。
僕のズボンとブリーフは、いつの間にか足首のあたりまで下がっていて、後ろから見られたら、かなりみっともない格好でしょう。
でも、今はそんなことを考える余裕はありません。とにかく今は、ゆきえを歓ばせようと必死だったのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.04.19 Fri l 想い出エッチ番外編・深夜の公園で l コメント (4) l top
立ったままの挿入は、屋内でなら何度か経験があります。
特に、ゆきえの自宅のお風呂に一緒に入った時などは、立位の姿勢で前から後ろから挿入して戯れたものです。ゆきえにバスタブに手をつかせて、後ろから責めたり。いわゆる立ちバックってやつです。
でも、今は慣れない屋外での行為。いかに深夜とはいえ、いや深夜だからこその危険が考えられます。
もしヤンキーのグループに見つけられ、そしてからまれたりしたら…
かなり面倒なことになるのは明白でしょう。ましてや避妊具だって持っていないのです。
(早急にゆきえを満足させよう。僕はガマンしなくちゃ)
鼻を鳴らしてあえぐゆきえの唇を求め、2枚の舌が激しくからみ合う。そして、キスしながらも、僕は下から懸命に突き上げるのです。身長差があるから膝を曲げての交接となり、けっこう無理な体勢を強いられているのですが、こういう苦行は男子の本懐ってもんでしょう。それにもちろん僕だって興奮しているし気持ちいいのです。

ゆきえとは、中2の初体験以来、コンスタントに性交を重ねてきましたが、早熟で早々に花開いた奈緒とは対照的に、ゆきえの体はなんとも晩稲で、まだまだ固い果実を想わせました。
ところが、この年のお正月の姫はじめの折り、ゆきえが僕の腕の中で、初めて歓びの声を上げたのです。
「ああ、いい!ケンちゃん、気持ちいい!」
正常位で結ばれていたのですが、ゆきえが僕の背中に爪を立てるように、激しく乱れたのでした。
あの時の感動と興奮をなんと説明すればよいのでしょう。嬉しさに加え、ゆきえを一人前の女にした誇らしさ。
それ以来、ゆきえの性感は急激に開花し、今ではすっかりイクことを覚えてしまってセックスに夢中。もちろん僕だって、可愛いくてエッチなゆきえの反応に、あらためて新鮮な歓びを感じ、満足もしていたのです。
肉体が開花した初夏の悩ましい夜。だからこそ、この日はこんな危なっかしい行動に走ってしまったのでしょうか。

ゆきえはよほど欲しかったと見え、数分の交接で、『ああ、ダメ…』と、イク気配を見せはじめました。
あ、もちろん僕の性感だって最高潮。いくらセックスを重ねてきたとは言え、しょせん15歳の高校生。そうガマンは効かないのです。
(妊娠の危険性もあるし、ここは絶対ゆきえの中に漏らしてはならない。でも、ゆきえを満足させなくてはならない)
困難な二律背反のプロジェクトでしたが、僕は歯を食いしばって奮闘しました。
懸命に腰を動かせていると、やがてゆきえの性器がひくひくと締め付けを始め、ゆきえが声をガマン出来なくなったのか、幼いけれどエッチなあえぎを漏らし始めました。
「ああ…ケンちゃん…」
僕も、このまま果ててしまいたい欲望に激しく駆られましたが、ここはガマンのしどころ。激しく動きながらも懸命に耐えました。
「ああ…ケンちゃん…イク…」
ゆきえが声を振り絞ると、僕の肩口に歯を立てました。そうしないと大きな声を漏らしてしまうからでしょう。
やがて、ゆきえの性器を中心として、ひくひくと律動が始まり、背中の筋肉がピクピクと痙攣して…
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.04.21 Sun l 想い出エッチ番外編・深夜の公園で l コメント (4) l top
「ケンちゃん…イク…」
ゆきえは目を細めながら押し殺した声を漏らし、僕の背中を抱く手に力を込めました。そして、ノドの奥で耐えきれないうめき声を上げながら、絶頂を迎えたのでした。

僕は、精液を漏らしてしまわないよう細心の注意を払いながら、徐々に動きを止めて行きました。
ゆきえの性器のひくつきが次第に収まっていくのがわかります。
「じゃあ…離れるから」
うっとりとしていたゆきえが、驚いたように瞳を見開きました。
「え?でもケンちゃんはまだ…」
最近の僕らのセックスは、ゆきえをまず一度頂上に押し上げておいて、挿入したまま小休止し、その後、彼女の2度目の頂上のタイミングで射精するというパターンが確立していたのです。
「うん。でも、ここでこれ以上は危ない。テスト期間が終わったら、ゆっくり楽しもう」
そう言って、僕は静かに離れたのでした。
「あん…」
チンコを抜く瞬間、ゆきえが可愛くアゴを上げ、夜の闇にも隆々と勃起したままのチンコが、濡れて光っていました。

お互い身づくろいを整えた頃には、ゆきえもすっかり落ち着いていました。
「ごめんね。迷惑かけちゃった」
「ううん、いいよ。ゆきえに会えたし。でも、これからはこんな時間に一人で出てきちゃダメだよ」
「はい」
ゆきえが素直に答えました。
それから二人で自転車に乗り、ゆきえを自宅まで無事送り届けたのでした。

僕が帰宅したのは深夜11時半を過ぎていました。
母には、『ゆきえがテストのことで悩んでいて、僕に相談したかったみたい』とだけ説明しておきましたが、母は何も言いませんでした。
その後、シャワーを浴び、ゆきえの愛液に濡れたチンコを洗っていると、先ほどまでの興奮が思い起こされて、またまた勃起してしまって…
部屋に戻って、ゆきえと短いメールのやりとり。
『今夜はごめんなさいm(__)m勉強はかどってる?』
『うん、なんとか。ゆきえに会えてうれしかったよ(^-^)次の土曜にね♡』
土曜には、ゆきえの部屋で、ゆっくりセックスを楽しめるという意味です。
その後、テスト勉強を再開したのですが、僕だけイケなかったことに体が不満を持っているのか、どうにも集中が出来ません。
(仕方ないな)
結局はベッドに横になって、オナニーを始めることになります。
ゆきえとのセックスは週に1度(まあ、会えば2回はしますが)と決めていましたが、もちろん週一では高一男子には物足りない。部活で汗を流したくらいでは、15歳の溢れる性欲を解消し切れないのです。
そして結局、自慰行為で紛らせることになるのですが、この日も先ほどまでのゆきえの柔らかで温かな締め付けを思い起こしながら、チンコをいじるハメに。
(今頃ゆきえは落ち着いて勉強してるんだろうな。まったく今夜のゆきえには驚かされたよ。女の子って面倒…でも可愛い)
そんなことを考えながらも、やがて、『ああ!ゆきえ!好きだよ!』と小さく声を漏らしながら、精液をほとばしらせたのでした。
(おわり)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.04.23 Tue l 想い出エッチ番外編・深夜の公園で l コメント (4) l top