FC2ブログ
奈緒から久しぶりにエッチのお誘い電話を受けたのは、僕らが高二になった年の春、ゴールデンウイークが終わった5月のことでした。
「ねえ、明日の午後、うち親がいないんだけど、よかったら遊びに来ない?」
「ん~と…部活があるしなあ…」
「部活ってマラソンの練習でしょ?バカみたいに走ってばかりいないで、たまには遊ぼうよ」
って、バカだけ余計だ。
「わかったよ。じゃあ行くよ」
「うん。久しぶりにエッチしよう」
「…露骨に言うなよ。盗聴されてたらどうするんだ?」
「誰が盗聴するって?あ、でも、陰湿なゆきえなら、やりかねないかもね」
なんてことを言いながら奈緒が笑っています。
最近のゆきえが、僕に対してだんだん支配的になっているのは事実で、僕が他の女子としゃべっていただけで、激しく嫉妬したりするのです。だから、今回の奈緒とのデートにも細心の注意が必要なことは言うまでもありません。
「じゃあ、明日ね。ゆきえにばれないようコソコソおいで」
「秘密の地下水道を通って行くよ」
16歳の肉体はバカ正直で、電話で奈緒と話している途中から、しっかり勃起していました。
思えば奈緒とは1年近くセックスしていません。
ちなみに僕の初体験の相手は恋人のゆきえではなく、奈緒だったことは、世界で僕と奈緒だけの秘密です。
(このあたりのことは『想い出エッチ中学生編・奈緒』に詳しい)
また、中3の時には、ゆきえと一緒に奈緒の家に泊まりに行き、乱交寸前のかなり危ない遊びを体験したりしましたが(このあたりのことは『想い出エッチ中学生編・ゆきえ』に詳しい)、高校生になってからは1年生の時に2度ほど会っただけ。
というのも、僕とゆきえは同じ高校に進んだけれど、奈緒は違う高校に進学し、さらに奈緒も高校入学後、すぐに彼氏が出来たので、まあ僕のことなんかどうでもよくなったってわけです。
その後、奈緒は何人かの男と付き合ったみたいだけど、なぜか誰とも長続きがせず、今現在は彼氏がいるのかいないのか…
そういう奈緒の近況は、高校進学後も奈緒と親交を続けているゆきえからの情報です。
一方、最近の僕はゆきえ一筋。特にゆきえの両親が離婚して、ゆきえのお母さんが勤めに出るようになってからは、毎週のようにゆきえの家にしけ込んで、せっせとセックスの研究を重ねています。
今年のお正月の姫はじめの際には、ついにゆきえが『イク』ことを覚えてしまい、それ以降、今まで以上にゆきえが可愛くなって、セックスが楽しくて仕方がない段階。ゆきえも性交の気持ちよさに開眼して、実に充実したセックスライフを送っていたのです。
もしかしたら、人生で一番セックスが楽しい時期なのかもしれません。

あっ、読者のみなさんはすでにご存知だと思いますが、実は密かにゆきえのお母さん(ゆきえママ)の指によるサービスも受けていたりします。
もちろんこれは性的な関係ではありません。ゆきえママは、僕とゆきえがいまだにプラトニックと信じていて、僕がゆきえによこしまな性欲の炎を燃やすことがないよう、手の愛撫でもって(たまに口も使ってくれる)ガス抜き的に放出させてくれているのです。
もちろんこのことも、ゆきえにバレたら、とんでもないことになるので、秘密保持には万全を期しているつもりです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2013.04.27 Sat l 想い出エッチ・高二編 l コメント (6) l top
そんな5月の、とある火曜日の午後、僕は陸上部の練習をさぼって密かに奈緒邸へと向かいました。
もちろん秘密の地下水道など無いので、自転車に乗って辺りをキョロキョロ伺いながら、奈緒邸の威圧的な玄関の前に立ったのでした。
そう言えば中学生の頃、僕が奈緒宅を訪れると、玄関で奈緒が全裸で待っていてくれたことがありました。でも、この日はちゃんと服を着て迎えてくれた。奈緒も大人になったのでしょう。
「お腹空いたんじゃない?」
奈緒はそう言って、僕のためにピザを温めてくれました。優しいところもあるのです。
「お腹空くと落ち着いてエッチ出来ないでしょ?」
…そういうことね。

「ねえ、奈緒は今、男はいないの?」
ピザをかじりながら聞いてみました。
「うん。今、男絶ちしてるんだ。なかなかいい男っていないものよねえ」
「何人の男と付き合ったの?」
「ん~と、ケンちゃん以外にエッチまで進んだのが3人かな。みんなルックスはあんたより、はるかにイケてるんだけど、どっか足りないのよね」
「…ルックスではるかに劣る僕を誘い出すところを見ると、エッチの相性は僕が一番ってことでOK?」
「調子に乗らないの。まあでも、ケンちゃんは初めての男だし、相性のよさはあるかもね。いわゆる刷り込み効果?オチンチンはもう少し大きい方がいいと思うけど」
「…」
「冗談よ。ケンちゃんは、ゆきえ一筋なんでしょ?」
「ん?どうかな」
「えっ?浮気してんの?ゆきえに言っちゃお!」
「…やめて!ウソです。浮気なんかしたことありません」
「私とエッチしたけどね」

ピザを食べ、コーヒーをいただいて、奈緒に誘われるまま、二人でシャワーを浴びることになりました。
約1年ぶりに鑑賞する奈緒のヌードは、明らかに進化を遂げていた。
僕は、小学生の頃から奈緒のおっぱいを見ているわけですが(想い出エッチ・小学生編参照)、当時から小学生離れした乳房はさらに成長して、今やはちきれんばかり。たわわに実ったおっぱいなのに、まるで重力に逆らうように張り詰め、正面を向いたまま下乳を見ることすら出来るのです。
ピンクの乳首は、ゆきえよりかなり大きかったけど、大きな乳房とのバランスが良く、淡い乳輪がなんとも美しい。
乳房の豊かさと際立つように、ウエストはキュッとくびれ、お尻の方へとカーブして行きます。
そして奈緒のチャームポイントでもある脚。太ももからふくらはぎへのラインは完璧で、特に膝から下が長く、真っ白なふくらはぎがまぶしく感じられます。
陸上部にも脚のきれいな女子はいるけれど、運動部にいるとどうしても筋肉が付き過ぎてしまうもの。その点、奈緒の脚には適度な脂肪が付いていて、触れれば吸い付くような肌質なのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.04.29 Mon l 想い出エッチ・高二編 l コメント (4) l top
「なに見てんのよ?オチンチン大きくしちゃってさ」
奈緒が僕の勃起したチンコを見て笑っています。
「…またおっぱい大きくなった?」
「そうね。これ以上大きくなったら肩が凝りそうだから、ちょっと運動した方がいいのかな?」
奈緒が自らの乳房を両手で持ち上げると、白いおっぱいがお湯を弾きながらプルプルと揺れました。
「ケンちゃんのもしっかり剥けて、大人のオチンチンになったわね。ゆきえといっぱいエッチしたからでしょ?」
「…どうせ僕のは小さいから」
「あっ、こだわってる?」
奈緒がニヤニヤしながら僕に近付くと、胸を合わせるように顔を寄せてきました。僕たちは1年ぶりにキスを交わしたのです。
ちなみに奈緒の身長は公称170センチ。僕とほとんど変わらないので、キスをするにも、ゆきえとの時みたいに、かがむ必要は無いのです。
胸と胸が重なって、奈緒の弾力に富んだおっぱいが心地よい。
挨拶のキスから始まった接吻は、だんだんお互いの口を舐めまわす本格的なキスへと進んで行きました。
やがて、奈緒が僕の前に跪いてチンコと対面。
「久しぶりだね。元気してた?」
もちろん、チンコは無言でピクつくだけでしたが、やがて、奈緒は舌を伸ばすと、根元から先端にかけての裏筋をツツーッと舐め上げたのでした。
「う、うう~…」
思わずうめき声を漏らしてしまった…。

奈緒のフェラチオはひとことで言って豪快。全体を口に含んで音を立てながら吸い立て、さらに舌全体を使って舐め尽くすのです。
繊細なゆきえのフェラとは好対照。もちろん、どちらがいいとは言えません。それぞれ彼女たちの個性なのですから。ダイナミックなアメリカンスタイルと、詫び寂びすら感じさせる奥ゆかしい純和風スタイル。
僕は、女性の性格判断はある程度フェラで占えるとすら思っています。

力強い奈緒のフェラチオに刺激され、僕の性感もぐんぐん高まって行く。
「奈緒!ここで一度入れさせて!」
「ダ~メ。コンドーム持ってきてないでしょ?もし赤ちゃん出来たら、お嫁にもらってくれるの?ゆきえと修羅場になるわよ」
奈緒は、さりげなく恐ろしいことを言いながら、再びフェラ再開。今度はゆっくりとノドの奥深くまで入れてしまい、頬をへこませて力強く吸ってくれました。
「う…!」
こんなフェラをしてもらうのは初めて。奈緒はいったい誰に教わったのでしょう?
「うう~!ナオ~!」
経験した事の無い技巧に情けない声を出す僕に、奈緒は再びチンコを吐き出して、
「やっぱりケンちゃんのはお口にぴったりサイズだわ。他の男のならノドを突いちゃうけど」
と、サラッと言うのでした。多少傷付く…。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.05.01 Wed l 想い出エッチ・高二編 l コメント (1) l top
お風呂場でのいちゃつきで興奮してしまい、のぼせそうになってしまいました。
バスルームでのエッチな行為は早めに切り上げた方が賢明でしょう。
僕たちは脱衣室に出ると、奈緒が用意してくれた大判のホテル用バスタオルで、お互いの体を拭い合いました。バスタオルの生地に反応した奈緒の乳首が、ピンピンに固くなっているのが印象的。
そして、全裸の体にタオルを巻いて、奈緒の部屋へと向かったのでした。
奈緒が冷たいミネラルウォーターを持ってきてくれて、二人並んでベッドに腰掛けながらボトルを傾けました。
「ねえ、ゆきえとのエッチはどうよ?」
「順調だよ。実は最近、ゆきえが感じるようになったんだ」
「へ~、そうなんだ。よかったじゃん」
「うん。お正月にエッチした時、正常位で抱いてたら、急に『あっ!ダメっ!』って声を上げて…」
「うんうん」
「もしかしたらと思って、しっかり抱き締めながら突き続けたら、急にゆきえが、『ウ~ン!』って体を突っ張らせたんだ」
「ゆきえ、イッちゃったの?それまでは絶頂までには達さなかったのね?」
「うん。ハアハアってあえぐ程度だった。で、その時初めて、小さな声で『イク』って…」
「キャ~!可愛い~!萌える~!」
「…なんで奈緒がゆきえに萌えるんだよ?」
「だって可愛いんだもん。私もゆきえをイカせた~い!ねえ、今度、本格的に3Pやらない?絶対、私の方がケンちゃんより上手だと思うの。なんなら勝負する?どっちが深くゆきえをイカせられるか」
「こ、ことわる!」
「それにしても、ついにケンちゃんがゆきえを女にしちゃったんだね。それは素直に評価してあげるわ。立派立派」
そう言いながら、奈緒が僕の頭を撫で撫でしてくれました。
「…それ以降、けっこうゆきえもエッチにも積極的になってさ。僕もゆきえに気持ちよくなってもらいたいから、いろいろと研究して、それを今、試してる段階かな」
「二人とも真面目ねえ。エッチなんて軽いお遊びでしょ?」
「いや、僕とゆきえはエッチを究めようとする求道者なんだ」
奈緒は、小バカにしたように笑いながら、
「じゃあ、その求道者精神とテクニックで、今日は私をイカせてみてよ」
と言って立ち上がり、バスタオルをはらりと落としました。再び豊かな全裸を僕の前にさらけ出し、じっくりと鑑賞させた後、僕の上にのしかかってベッドに押し倒す。
奈緒の方から唇を寄せて来て、口の中に冷えたペリエとは違った温かな唾液が流れ込んできました。

僕は、奈緒をベッドに仰向けに寝かせ、広げた両脚の間に頭を入れて、性器を開きながら舌で愛撫していました。
奈緒の陰毛はゆきえのよりずっと濃く、女性器の周囲をも彩っていて、それが愛液と僕の唾液で濡れています。
大ぶりなクリトリスもしっかりと勃起して、僕の舌先で快感に喜ぶように踊っています。
湧出する愛液は少し白濁していて、舌にまとわりつくほど濃厚にして味も香りも芳醇。何から何までゆきえとは対照的な体なのです。
奈緒は、僕が舌先でクリトリスや陰唇の内部を刺激するたびに、『あん、あん』と、日頃の奔放さには似合わない可愛い声を上げて僕を驚かせ、かつ興奮させました。
中学生の時は、感極まって大きな声で叫んだりしていた奈緒だけど、エッチの反応も色っぽくなったのは、他の男たちとセックスを重ねて成熟したということでしょうか?
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.05.03 Fri l 想い出エッチ・高二編 l コメント (0) l top
やがて、僕は奈緒の足の間から這い出して、あらためて抱擁しながらのディープキス。
「まったく…ゆきえとこんなことばっかりして遊んでるんでしょう。バカになるわよ」
「バカだけ余計。って、奈緒に言われたくない。ゆきえには気持ちよくなってもらいたいから努力と研究を重ねてきたんだ。奈緒だって気持ちよかったでしょ?」
「うん、まあまあね。…ねえ、そろそろ入れてよ」
鍋料理の最後に、そろそろうどんを入れてよ…的な軽いノリで、奈緒が挿入をねだりました。
「うん。でも、一つお願いがある。最初だけ、直接入れちゃダメかな?」
「ええ?何言ってんのよ!射精しなくてもオチンチンから精子がにじみ出てる可能性があるって授業で習ったでしょ?」
「それはわかってんだけどさ…1年ぶりだし、奈緒をしっかりと確認したいんだ。ちょっと入れるだけで動かさないから。お願い!」
「う~ん、仕方ないわねえ。絶対漏らさないでよ」
僕は大喜びで奈緒に乗っかると、両脚を開かせてチンコをあてがい、目で目視しながらゆっくりと進んで行きました。
カーテンを引いてあるとはいえ5月の夕方のこと。奈緒のよく濡れたピンクの割れ目を左右に分けながら、先っぽの部分が侵入を果たすのをしっかりと確認。そして、そのまま温かい液体にまぶされながら、ググッと根元まで入って行く様子をつぶさに観察したのでした。
「あ、ああ~」
奈緒が長い溜息のような声を漏らし、僕らは再びしっかりと抱き合って静止。
セックスで何がいいって、この最初の挿入の瞬間が一番素晴らしいのです。チンコを入れる時の弾力に富んだ抵抗感、温かい液体、ぬるぬるしたおまんこの把握、女の反応。
しかも、コンドームを付けない抜き身のファック。妊娠恐怖症気味なゆきえでは、絶対に許してくれません。
「ああ、久しぶりに奈緒とエッチしてる」
「…ねえ、ゆきえと比べてどっちがいい?」
「…そんな質問には答えられません。どちらにも違った良さがある」
「優等生的な答えね。つまんない…」
僕らはひとつになって抱き合いながら、バカな会話を交わしていたけど、いつもの奈緒とは違って、何やら甘えのようなものを感じさせるのは気のせいでしょうか。
「あんたは動かしちゃダメだからね」
そう言いながら、奈緒がピクピクと内部を動かして信号を送ってきました。柔軟だけど強靱な括約筋。チンコをキュッキュッと締め付けられるのが心地よい。
僕も負けじと、チンコをしならせて返信を送ります。動かすなと言われたけど、まあこれくらいは許容範囲でしょ。しばらく、お互いに合図を送りあって遊んでいました。
「大丈夫?絶対、出さないでよ」
(ピクピク)
「うん、わかってる。でも…そろそろやばいかも…」(ピクピク)
「あら大変。じゃあ離れてアレ付けて」
名残は惜しかったけれど、ゆっくりとチンコを熱いぬかるみから抜いて行くと、奈緒が、『うふん』と、色っぽい声を漏らしました。
コンドームは僕が持参したのを使います。男のエチケット。
奈緒は、僕がスキンを付ける様を、四つん這いになって、まじまじと観察していました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.05.05 Sun l 想い出エッチ・高二編 l コメント (2) l top