FC2ブログ
「あ、はい、ただいま…」
僕は景子叔母の熱い視線に見つめられながら恵美さんに乗っかり、ゆっくり挿入して行きました。
「ああ…」
体位を変えようかとも思ったのですが、ここはこのまま一気に追い詰めたほうがいいと判断して、再び正常位での合体。恵美さんが大きく脚を広げ、両手で僕の背中を掻き抱く姿勢です。
そして、僕が得意とする単調ながらもペニスの長さをフルに利用したストロークの長い運動を繰り出す。
「ああ、いい!いいわ…純ちゃん!」
恵美さんの性感は、著しく高まっている気配だったので、ここは変な小細工は弄さず、若者らしいシンプルな責めに徹することとし、徐々に腰使いのスピードを上げていきました。
「ああ、いいわ!突いて!ペニスで突いて!」
恵美さんは声を上げながら腰を細かく、そして素早く動かし、いつしか両手は、僕のお尻を抱き寄せている。
そして、ついに僕も終局を意識し始めました。
恵美さんを責めながら、チラッと足元の方を伺うと、景子叔母が身を低くして、僕たちの性器の結合を観察している模様。たぶん、お尻の穴まで見られてるって思うと、なんだかムズムズしてきて、さらにエッチ心が高まってしまい、もう我慢が出来ません。
(頃やよし!)
やがて襲い来た、めくるめく快感に、僕は素直に身を任せることにしました。
大声で吠えながら恵美さんの体を抱き締め、コンドームを被せたペニスから勢いよく体液を噴き出させた。恵美さんは再び両手を背中に回し、強い力で抱き返してくれ、そして僕よりワンテンポ遅れて唸り声を上げました。最後に、『イクッ!』と、一声叫ぶと体全体を強張らせ、そして激しく痙攣したのでした。

しばらく抱き合って息を整えた後、僕は恵美さんからゆっくりと離れました。
ペニスをズルっと抜く瞬間、恵美さんが、『あん…』と声を漏らして、微かに震えた。
景子叔母は、僕たちの足元の方に正座して、茫然としています。
それでも、僕がコンドームを外すと近づいてきて、
「私が捨ててあげる」
と言いながら、僕から使用済みのコンドームを受け取りました。
「すごい…こんなに溜まって…」
しばらく袋の中を覗き込んだり、匂いをかいだりしていましたが、やがて口を縛ってティッシュにくるみ、名残惜しげに布団の脇にあった小さなゴミ箱にそれを捨てました。
恵美さんは仰向けのまま、まだ荒い息をしていて、性器は開いたまま濡れて光っています。
そんな無防備な恵美さんの下半身に、僕はタオルを掛けてあげました。
「ホントにすごいわ!私、興奮しちゃって…。あなたたち、もう一回するんでしょ?」
景子叔母が目を輝かせながらそう言うと、恵美さんが意外な応答をしました。
「ううん、私はもうええの。充分気持ちよくしてもろたから」
僕は、ちょっと驚きました。ひと休みした後、当然二回戦があると思っていましたから。
「景子さん、私は寝室に行って眠るから、あんたはここにいて」
そう言うと恵美さんが体を起こし、下着を身に付け始めました。そしてパジャマまで着てしまった後、僕に向かってこう言いました。
「あんたたち、おめこしなさい」
これには、僕も景子叔母も絶句してしまいました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.10.26 Sat l 素敵な叔母さん・改 l コメント (2) l top
「な、なにを言うの恵美さん?私たちは叔母と甥なのよ」
景子叔母は心底驚いていました。
「別にそんなん気にせんでもええよ。景子さん、さっき純ちゃんのちんぽ、口に含んでたやろ?そこまでしといて、おめこせん方が不自然や」
僕と景子叔母に返す言葉はありませんでした。
恵美さんはニッコリ笑って僕と景子叔母の顔を交互に見て、
「とにかく、うちは隣りの部屋に行くから、後は喧嘩するなり愛し合うなり、好きにしなさい。ほな、おやすみ」
と、最後は僕に向かってウインクを投げて部屋を出て行ったのでした。

「まったく恵美さんたら急に無茶なこと言い出すんだから」
僕がブリーフとスエットを身に付けるのを見ながら、景子叔母がぼやきました。
「甥とセックスなんて出来るわけないのに…あなたもそう思うでしょ?」
景子叔母に上目遣いに見つめられ、僕はドキドキしながら、
「叔母さんはとても魅力的な人です。でも、やはりいけないことですよね」
と答えてしまいました。案外僕も、常識人なのです。
「でも、あなたは2度目をしたかったんでしょ?もしガマンできないのなら、私からあらためて恵美さんに頼んであげるけど…」
「いえ、僕も一度出して精神的には満足していますから。もっとも、こいつが満足していないみたいですけど…」
僕はふざけたふりをして、ジャージの上から股間を撫でました。
「あら…まだ大きいままなの?」
「勃起してるわけではないのですが、大きさは保っているみたいです」
「やっぱりあなた…強いのね」
景子叔母がため息をつきました。
僕は思い切って、
「今日はもうガマンします。でも、そのかわり…叔母さん、ちょっとだけ触ってくれませんか?」
と、図々しく言ってみました。
「…まったく、この子ったら厚かましいわ。私はもう眠るの。なんだか疲れちゃったし。あなたも横になりなさい」
叔母さんの心の中では、どうやら常識派が勝利を収めたようです。僕は、今日はこれ以上の進展は望めないと感じましたが、それも仕方の無いことでしょう。叔母と甥で、これ以上、性的な関係になることはタブーなのですから。
でも、僕が布団の中に入ると、景子叔母も遠慮がちながら同じ布団に入ってきました。そして体を寄せると、僕の方に手を伸ばしてきたのです。
「どれ?」
叔母がいきなり僕の股間に触れてきたのには不意を突かれました。
「あら、大人しくなってるじゃないの」
ちょっとからかうような口調です。
「…ええ、もう触ってもらえないとあきらめていましたから…」
そう言い終わるのより早く、叔母さんの手に反応したペニスが、むくむくと膨張を始め、脈動を伝え始めた。
「あらっ!」
景子叔母が驚きの声を上げました。
「…スゴイわ。さっき出したばかりなのに…」
瞬く間に勃起しきったペニスを、景子叔母の手が確認するように撫で、やがて握ってきました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.10.28 Mon l 素敵な叔母さん・改 l コメント (5) l top
スエットと下着の上からながら、握られたペニスが快感に包まれ(精神的なものが大きいのかも)、悩ましい気分になってきました。
「叔母さん…直接」
腰を揺すりながらおねだりする僕に、景子叔母は秘めやかな声で、
「ダメ。…さあ、もう落ち付いたでしょ?眠りましょ」
と、告げたのでした。でも、この状態でどうやって落ち付けと言うのでしょう?口とは裏腹に、叔母さんの指はいまだペニスに触れているのですから。
僕は思い切って、最後のお願いをしてみました。
「叔母さん…叔母さんには何度も触ってもらったけど、僕はまだ叔母さんの体に触らせてもらってませんよね?」
「…なに言ってるの?」
「お願いです!軽く触れるだけでいいんです」
「私に触っても面白くないでしょ?」
「いいえ、僕の憧れだったんです」
「…なんと言われてもダメなものはダメなの。あきらめなさい」
そう言われると、かえってあきらめ切れないのが人情。僕は食い下がりました。
「じゃあ、おっぱいを…おっぱいに触らせてください。いや、鑑賞するだけでもいいです!」
景子叔母は、僕のペニスを握ったまま少しの間考えていましたが、やがて、
「ホントにちょっとだけよ。パジャマの上からなら触ってもいいわ。そっと触るだけよ」
と譲歩してくれたのでした。
僕が喜んだのは言うまでもありません。『はい!』と元気よく答えると、いそいそと右手を伸ばして行く。景子叔母は僕の股間から手を外し、布団に仰向けになって迎えてくれました。
「…」
どうやらブラジャーは付けていないようです。厚手のパジャマの生地を通してですが、ふっくらとした叔母さんのおっぱいを手のひらに感じて感無量。
「お久しぶり…って感じです」
「あら?触ったこと、あったかしら?」
「小さい頃、お風呂で触らせてもらいましたよ。乳首を吸わせてもらったこともあります」
景子叔母がクスッと笑いました。
「そんなこともあったわね。でも、あれはあなたが4歳ぐらいの頃でしょ?よく憶えてたわね。幼く見えたけど、あの頃からすでにエッチだったのかしら」
「じゃあ、エッチなわがままついでにもう一つ。僕を4歳の子供だと思って、おっぱいを吸わせてもらえませんか?」
「…はあ?」
景子叔母は呆れたようにため息をつきましたが、やがて僕の手を胸から外すと、自らパジャマのボタンを外し始めたのです。
(やった~!)
やがて、恥ずかしげにパジャマの前をはだけると、懐かしい景子叔母の乳房がぽろんと現れました。
もちろん懐かしいと言っても15年以上前の子供時代以来だし、あれから景子叔母は結婚して男の子を一人出産したのだから、全く別物のおっぱいのはずですが、確かに懐かしいと感じたのです。
仰向けの姿勢だから、乳房はなだらかな丘状態でしたが、真っ白なおっぱいに薄く静脈が透けているのがセクシー。
母乳で英輔君を育てただけに、乳首は恵美さんより、はるかに大きかったけど、その黒ずんた乳首がまた魅力的なのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.10.30 Wed l 素敵な叔母さん・改 l コメント (1) l top
僕は、おそるおそる右手の人差し指と中指で乳首にタッチしてみました。
「あ…」
景子叔母が微かに微かにあえいで、乳首がプルンと震えた。
親指も動員して、サクランボを優しくつまんで転がすうちに、あきらかに血液を集めて固くなるのが指先に感じられました。
「…」
僕が、無言で両の乳首を交互に愛撫すると、叔母さんもまた無言で、目を閉じたまま息を弾ませています。
二つの乳首がぷっくりと膨らんだ頃、満を持して唇を寄せて行きました。
「あっ…」
甘い乳首の懐かしい感触。吸い、舐め、甘噛みして、両の乳首を唾液でベトベトにする頃、景子叔母も、『あっ、あっ…』と、こらえきれないあえぎ声を漏らし始めていました。
いつしか片一方の乳首を口に含み、もう一方の乳房を揉みほぐす愛撫に発展していましたから、もはや鑑賞やご挨拶の域を脱しているのはあきらか。性行為の前戯そのものです。
やがて僕は、ピンピンに勃起した乳首から口を離すと、景子叔母の顔の方に寄せて行きました。
エッチする時のいつもの流れで、無意識に接吻を求めたのですが、唇が触れ合う寸前に我に戻った。
(ダメだ!拒否される)
性器にすら触らせてもらえないのに、キスを許してくれるはずがないのです。
そう思いながら景子叔母の顔を伺うと、唇を半開きにしたまま、目を閉じていて、その表情は恍惚としていました。
(いける!)
僕は、さらに顔を近付けると、そっと唇を合わせていった。
チュ…
柔らかな唇に唇を合わせたけれど、景子叔母からの抵抗はありません。僕は、唇を舐め、そして優しく吸ってあげたのですが、叔母さんは、ただ『ウフッ』とか、あえぐだけなのです。
やがて、ごく自然な流れで舌を差し入れて行くことになりました。
「ウッ…」
一瞬、体を固くした景子叔母でしたが、決して拒絶はせず、やがて温かな舌で迎えてくれた。そして図に乗った僕は、ちょっと強引に舌をからめていったのでした。
「ん…うふ…」
叔母さんのあえぎ声と、接吻を交わす湿った音だけが部屋を満たしています。
いつの間にか僕は叔母さんの体の上に乗り、胸を合わせながらのキスになっていました。
当然ペニスは勃起していて、パジャマ越しに叔母さんの太ももを圧迫しています。
いったい、どれくらいの時間、ディープキスを交わしていたでしょう?ついに景子叔母が意を決したかのように接吻を終わらせたのは、僕が叔母さんの舌を引き出して強く吸おうとした時でした。
「ダメッ!やめて!」
強引に唇を引き離すと、僕の胸を両手で強く押し退けたのです。
もちろん僕は、それに抵抗したりしません。叔母さんの意志は真っ先に尊重しなければなりませんから。
僕から離れた景子叔母は上体を起こすと、慌ててパジャマの前を合わせて乳房を隠しました。
「はい、もうおしまい。いい子だからおとなしく眠りましょうね」
余裕を示しながら僕をなだめましたが、その声は裏返って震えていました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.11.01 Fri l 素敵な叔母さん・改 l コメント (1) l top
「なんだか暑いわ。汗ばんじゃった」
景子叔母が、頬を染めながら手で顔を扇ぎましたが、その照れ隠しな様子がなんとも可愛いのです。
「まったく、プレイボーイなんだからあ。そうやって何人の奥さんを骨抜きにしてきたの?」
やがて、恨みがましい目で、そんなことを言いました。
「そんなには多くないですけど…」
「あら?以前、年上の経験は無いって言わなかったかしら?」
「…誘導尋問ですね」
「ふふ…まあ、いいわ。でも人妻は気を付けた方がいいわよ。恵美さんみたいにさっぱりした人ばかりじゃないし、万が一旦那さんにバレたりしたら修羅場よ」
「はい。これからは叔母さん一筋にします」
「…バカねえ」
なかなかいい雰囲気なのです。今後も景子叔母とは、こういうほんわかエッチな関係を続けて行きたいと願う僕でした。
「すっかり汗をかいちゃいました。シャワーを浴びなきゃ」
「純ちゃん、先に浴びてきていいわよ」
「叔母さん、一緒に浴びませんか?」
「…また変なことを言い出す」
「いいじゃないですか。シャワーを浴びるだけで、もう何もしません。約束します。さあ、行きましょう!」
僕は、景子叔母の手を取って立ち上がりましたが、叔母さんは、『もう、強引なんだからあ…』とか言いながらも、おとなしくついてきてくれました。
僕らは手をつないだまま、もつれるように、バスルームへと向かったのでした。

二人で脱衣室に入り、僕は景子叔母の前で、ためらわずに全裸になりましたが、叔母さんが脱ぐ前に浴室に追いやられてしまいました。
お風呂は広く、大きなバスタブには、きれいなお湯が溢れんばかり。
せっかくなので、シャワーではなく、お湯に浸かって叔母さんを待つことにしました。
やがて、体の前面をフェイスタオルで隠した景子叔母が、恥ずかしそうに現れました。
「あら、お湯に浸かってるの?」
叔母さんが、はにかみながら言いました。
「いいお湯ですよ。叔母さんもどうぞ」
ちょっと迷った景子叔母でしたが、洗面器で下半身にお湯を掛けると、そっと左足からお湯に入ってきました。
タオルで隠してはいたけど、バスタブをまたぐ瞬間、陰部がチラッと見えた。
「フ~ッ」
僕と並んでお湯に浸かって、景子叔母が大きく息を吐き、僕はそんな叔母さんを、ニコニコしながら見つめていました。
「あんまり浸かっていると、かえって汗をかくわよ」
景子叔母が、濡れたタオルで僕の顔を拭ってくれる間、あらわになった、たわわな乳房を鑑賞することができました。若い頃に比べて、おっぱいも大きくなって、多少緩んで垂れている感じでしたが、若い子なんかより、ずっと魅力的に感じた。僕には、マザコンの素養があるのでしょうか?
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.11.03 Sun l 素敵な叔母さん・改 l コメント (1) l top