FC2ブログ
退屈な大学の授業も一段落した時期だったので、気分転換に大阪に嫁いでいる叔母・景子さんの家に遊びに行くことにしました。
景子叔母は母の妹で、僕より18歳年上の38歳。大学教授の旦那さんと、中学1年で一人息子の英輔君の3人家族で、大阪のマンションで暮らしています。
景子叔母は、嫁ぐ前の一時期、僕の家に同居していたことがあったので、叔母さんというよりお姉さんという感覚に近い。
母に持たされた大量の土産物を手に叔母宅を訪れると、家族みんなで大歓迎してくれたので、勧められるまま、ちょっと腰を落ち着けての居候を決め込みました。
淀川沿いにあるマンションは、3人暮らしには広すぎるほどだったし、景子叔母の旦那さんは研究室に泊まりこむことが多かったので、あまり気兼ねすることも無かったのです。

ある夜、叔母の親友という恵美さんを交えて、梅田のホテルの中にあるレストランでディナーを楽しみました。
恵美さんは景子叔母と同い年の38歳で、とにかく明るい性格。早口の大阪弁でまくし立てられて圧倒されてしまいましたが、気のいい人なので、すぐに仲良くなることが出来て、とても楽しい時間を過ごせました。
恵美さんは既婚で、明るい中にも妖しい大人の魅力に満ちあふれた素敵な女性なのです。
「ねえ純クン、明日、私が大阪を案内してあげようか?」
特に予定はなかったので喜んでお受けしたのですが、景子叔母は、その日は旦那さんと外出する用があるとかで、一緒に見物に出掛けられないことをしきりに残念がっていました。

その翌日、恵美さんと阪急梅田駅で落ち合い、観光案内をしてもらったのですが、実は観光もそこそこに、どちらが誘うというでもなくホテルに入ってしまいました。
僕の東京でのガールフレンドたちは、同世代か年下の子ばかりだったので、これほど年の離れた女性とエッチしたのは初めてでしたが、今までのセックスがいかにお子様だったのか思い知らされる結果となりました。
スレンダーながら恵美さんの女性らしい体の線と、色白な肌は魅惑に満ちていた。
若い子の弾力のあるおっぱいや締まりのいいあそこは確かに魅力ですが、恵美さんの乳房は柔らかく繊細で、性器はまるで吸いつくようにペニスにからみついて、僕をいとも簡単に射精へと導きました。
僕は官能の海に溺れ、萎えることなく恵美さんのショートカットの髪を愛撫しながら、再び濃厚なキスを交わしたりしました。
まるで初めて出会った瞬間から、こうなることが約束されてたようにさえ感じられるほど。
でも、やっかいなことに、僕と恵美さんの情事は、すぐに景子叔母の耳に入るところとなり、さんざん叱られることになります。
景子叔母は、僕と恵美さんがデートすると決まった時点から、なにやら疑っていたようです。きっと食事の席で、すでにエッチオーラが僕と恵美さんの間で火花を散らしていたのかもしれません。
で、その夜、僕に婉曲にその日の出来事について質問してきたのですが、僕は当然のようにシラを切りました。ところが電話で恵美さんを問い詰めたところ、いとも簡単に白状してしまったらしいのです。
もっとも恵美さんは、はじめから景子叔母に秘密にする気は無かったのかもしれません。
「純ちゃん、あなた嘘ついたわね。二人でホテルに行ったって言うじゃないの。お姉さんに顔向けできないわ!」
景子叔母に叱られて一応しおらしくしていましたが、内心吹き出しそうになった。中学生じゃあるまいし、この程度の自由恋愛で顔向けできないもないでしょうに。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2013.09.05 Thu l 素敵な叔母さん・大阪編 l コメント (1) l top
「恵美さんも恵美さんよ。旦那さんがいるのに、まったく…」
う~ん、景子叔母のおっしゃる通り、たしかに不倫は褒められたものじゃありませんが、両親の行状を小さい頃から見てきた僕には、けっこうハードルが低かったのも事実。実際、うちの母の奔放な男関係を知ったりしたら、景子叔母は失神してしまうかもしれません。その話も、いずれお話する機会があるかもしれませんが。
まあ、そういう生真面目なところが景子叔母らしいところではあるのですが。

景子叔母は、僕と恵美さんのことでぷんぷん怒っていたので、僕はしばらくご機嫌取りに徹することにしました。
家事を手伝う、息子の英輔君の勉強を見てやる、旦那さんのお酒の相手に付き合う。さらに、買い物では運転手兼荷物運びを引き受けたりした成果か、景子叔母の心も徐々にほぐれてきたのです。元々、僕はそういうセンスに長けているのです。
さらに恵美さんから叔母さんに電話があり、
「仲直りのしるしに、2人でうちにご飯を食べにこない?」
との誘いがあって、週末、僕と景子叔母で、恵美さんのマンションを訪れることになりました。

恵美さんの旦那さんは20歳以上年上の大手商社の創業者兼社長さん。しょっちゅう全国の支店を飛び回って前線督戦しているらしく、その夜は不在でした。
旦那さんは再婚ですが恵美さんは初婚で、子供は無いそうです。
「景子さん、ゴメンなあ。この子、妙に色っぽいところがあるもんやから、つい…」
口先で弁解する恵美さんでしたが、悪びれたところは微塵もありません。
景子叔母は、あまりこの話題には触れたくないみたいで、さっそくテーブルのセッティングなどを手伝っています。
僕はと言えば、恵美さんとホテルに行って以来、約1週間女性と接していないせいか、恵美さんの、ちょっとハスキーな声を聞くだけで勃起を催すような状態。会った直後は疎ましく感じた大阪弁すらも、今では色っぽく感じてしまって…
でも、今回の食事会では何も出来ないとあきらめていました。いくらなんでも叔母さんがいる席で、恵美さんを口説いたり出来ませんからね。そう思うでしょ?

恵美さんの住むマンションは、市営地下鉄江坂駅のすぐそばにありました。旦那さんは宝塚に大きな屋敷を所有しているとのことですが、こちらの方が仕事の移動には便利なのでしょう。
僕らが訪れたのは夕方で、さっそく恵美さんの手料理でもてなされました。
食事は高級食材を使った豪勢なもので、僕は旺盛な食欲で美味しい料理を平らげて行きました。景子叔母と恵美さんは昔話に花を咲かせ、僕は気を効かせて二人のためにワインを注いだりと、ホストとしての役割も忘れません。これも僕の才能のひとつなのです。
お酒が進んでくるとさらに座が和み、恵美さんの話題はついついエッチネタへと移って行きます。
「それにしてもこの子、若いのにアレが上手なのよね。私、メロメロにされちゃったわよ」
「そんな…僕はリードしてもらっただけです」
純情ぶる僕に、景子叔母がちょっと厳しい表情。
「純一は東京に彼女がいるんでしょ?」
「いや、いません。まあ、可哀想に思って一緒に寝てくれる子はいますけど」
それを聞いた恵美さんが、
「きゃ~、厭味なこという子やわ。日本中のモテない男の反感を買ったわね」
などと、笑っています。
「純ちゃん、知ってる?景子叔母さんは、38年も生きてきて、旦那さんしか男を知らへんのよ」
いきなり恵美さんにすっぱ抜かれた景子叔母が焦り、そして逆ギレしました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.09.07 Sat l 素敵な叔母さん・大阪編 l コメント (4) l top
「悪い?それが普通なのよ。あなたは旦那さんがいるんだから軽はずみなことしちゃダメ。純一も調子に乗り過ぎ!」
ついに景子叔母が怒り始めました。
「景子さんは堅過ぎるのよね。若い恋人の一人でも作る甲斐性があれば一皮剥けるんやけど」
一方、恵美さんには反省なんて全く無いようですが、僕は景子叔母が叔父さんしか男を知らないという事実に、ちょっと感動しました。叔母さんらしいと思ったのです。
「叔母さんは叔父さん一筋なんですね。素敵なことじゃないですか」
これは僕の本心でしたが、それを聞いた景子叔母が、ポッと頬を赤らめ、叔母さんの怒りもようやくおさまったようです。

宴が盛り上がるに連れて3人のお酒のピッチも上がり、景子叔母も恵美さんもけっこう酔ってしまったようです。二人の女性は、酔いが深まるに連れ、色っぽさを増して行く風情で、僕の目を楽しませてくれました。
「あんたたち、今日は泊って行きなさいよ」
夜11時を過ぎたころ、恵美さんがそう提案しました。
「そうねえ…純ちゃん、泊めてもらう?」
いつになく酔っぱらって眠そうな景子叔母が自宅に電話を掛け、旦那さんに了解をもらい、僕と景子さんは恵美さんに誘われるまま、泊って行くことに決まりました。
あっ、もちろん僕はこれぐらいの酒で酔っぱらったりはしませんよ。秘かな期待もありましたしね。

やがて夜が更けて3人の宴もお開きとなり、畳敷きの広い客間にお布団を3セット敷いて3人で同じ部屋で寝ることになりました。これは、寝ながらお話ししたいという恵美さんの提案です。
順番にシャワーを浴び、景子叔母は恵美さんのパジャマを借り、僕は旦那さんのスエットの上下を借りることになりました。
「私が監視していないと、あなたたちがふしだらなことをするから」
と、景子叔母が言っているそばから、僕は真ん中に敷かれた布団に、酔ったふりをして寝転がりました。この位置だと両手に花ですからね。
やがて僕の右側の布団に景子叔母、左側に恵美さんが入りました。天井の照明は消され、電灯は枕もとの就寝用スタンドがひとつだけ。
(もしかしたら、恵美さんにちょっとした悪戯ぐらい出来るかも知れない)
僕の胸は密かに高鳴りました。おそらく恵美さんは、触れるぐらいなら拒否はしないでしょう。
僕を挟んで、二人の女性はしばらく話をしていました。僕は途中から眠ったふりをしていたのですが、そのうち本当に眠ってしまって…

ふと目を覚ますと、部屋は枕元のスタンドが放つ淡い光の中、静まり返っていました。
(二人とも眠ったのかな?)
ゆっくりと首を回すと、景子叔母は僕に背中を向けて眠っている様子。一方、恵美さんは仰向けになって目を閉じています。
僕はそっと恵美さんに近づくと、掛け布団の中にそっと手を入れて行きました。叔母さんがすぐそばに寝ていると言うのに不埒極まりないのですが、叱られたらお酒の悪戯と言い訳出来ますしね。
意外な近さに恵美さんの体があり、パジャマの胸元に慎重に手を差し入れて行ったのですが、パジャマの前ボタンが全て外されているではありませんか。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.09.11 Wed l 素敵な叔母さん・大阪編 l コメント (2) l top
いきなり掌に乳房を感じてハッとしましたが、次の瞬間、恵美さんがぱっちりと瞳を開け、僕の顔を見ながらニッと笑いました。僕も釣られて思わず笑ってしまった。やはり恵美さんも僕の手を待っていてくれたのです。
吸い付くように肌理の細やかなおっぱいの感触を楽しみながら、ゆっくりと優しく揉みほぐし、さらに乳首を探り当てて指先で優しく摘みました。すぐに乳首がツンと固くなったのがわかった。そして、さくらんぼのような乳首を転がしたり引っ張ったり…
「…」
恵美さんが声を立てずに目を細め、口を半開きにして気持ちよさを表現しました。
しばらく乳首と戯れた後、僕はゆっくりと体を動かして、やがて完全に恵美さんの布団の中へと移動を完了。恵美さんは嬉しそうに顔を近付けて来ると、僕らの唇が合わされました。
(景子叔母は本当に眠っているのだろうか?気付いたら怒るだろうな…)
そんな心配をよそに、恵美さんが滑らかに舌を忍び込ませて来たので、僕はそれを迎え撃つのに夢中になってしまって…
そして、まさしくその時、
「あなたたち、何をしてるの!?」
と、いきなり景子叔母の声が掛かり、僕らは舌を絡ませたまま一瞬凍結。そして、慌てて唇を外しました。
いつの間にか景子叔母がこちらを向いて、僕たちの方を睨んでいました。もっとも、その瞳に怒りの色は無く、むしろからかっているような感じでしたが。
「景子さん…起きてたのね?」
恵美さんが照れ臭そうな声を上げました。僕は、ただ首をすくめるだけ。でも、右手は恵美さんの乳房に当てたままにしておきました。
「まったく、油断も隙も無いんだから」
ちょっと拗ねたような景子叔母の声に、恵美さんが、『うふふ…』と笑いながら、再び僕に唇を寄せてきました。恵美さんの大胆さに一瞬戸惑った僕でしたが、誘われるまま唇を合わせ、やがて景子叔母の見ている前で濃厚なディープキスを演じて見せることに。
「始めちゃうわけね?私がいるのに…」
「ゴメン景子さん…ちょっとだけ目をつぶっててくれない?」
キスの合間に恵美さんがうめくようにそれだけ言うと、景子叔母は大げさにため息をつき、呆れたように言いました。
「どうせ、私が何を言っても聞いてくれないんだもの…こうなったら見ていてあげるわ」
この言葉には心底驚かされました。目の前で恵美さんとエッチすることを認めてくれるのでしょうか?僕の胸は高鳴りました。景子叔母は、お酒の影響で、正常な判断を下せなくなっているのかもしれません。もちろん、叔母さんが僕と恵美さんの仲を認める気になってくれたのなら、それはそれで大歓迎なのですが。

『見ていてあげる』と言う景子叔母の言葉に、さすがの恵美さんも度胆を抜かれたようですが、すぐに接吻を再開させるあたりはさすがです。やがて、僕を体に乗っけるように動くと、自然な流れでパジャマの前がはだけ、決して大きくはないものの、美しい造形をした恵美さん乳房がこぼれ出ました。
「さすが体に自信のある人は大胆だわ」
景子叔母が、おどけたように言いましたが、その声はなんだか震えているみたい。3人の中でもっとも緊張しているのは、景子叔母なのかもしれません。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.09.13 Fri l 素敵な叔母さん・大阪編 l コメント (2) l top
僕は、流れで恵美さんの乳首に吸い付いていったのですが、掛け布団がずれて景子叔母からもこの様子がハッキリと見えているはず。僕は異様な状況にとても興奮していました。
しばらく乳首を吸ったり噛んだり格闘していると、
「大きな息子がママのお乳を含んでるみたい」
と、からかうような景子叔母の声が間近に聞こえました。ふざけた物言いですが、どさくさに紛れて僕たちのすぐ横まで移動して来ていたのです。
いつも固いことを言う景子叔母ですが、この状況を楽しむ心理になっているのなら歓迎です。
「ん…うふ…私、子供いないけど…授乳ってこんな感じなのかしら?…あん!」
「バカねえ。そんなはず無いでしょ」
乳首に集中して口が塞がっている僕の上で、二人がとぼけた会話を交わしていました。
やがて僕は、恵美さんのパジャマのズボンの中へと右手を侵入させたのですが、なんと恵美さんは下着を付けていなかった!
だから、僕の指はすぐに恵美さんの柔らかな陰毛に触れ、指を伸ばせば簡単に温かい泉を湧き立たせる性器へと達したのでした。
「ああ…」
恵美さんが微かなあえぎ声を漏らす頃には、景子叔母さんも静かになっていた。軽口を交わす状況は過ぎてしまったようです。そして、恵美さんの指が僕の着ているジャージのズボンを下ろしにかかり、もちろん僕も慌ただしく協力したので、すぐに下半身裸になり、勃起しきったペニスが解放されました。そして、それを恵美さんの優しい指が的確に握ってきた。軽い掛け布団の下で相互愛撫が始まったのです。
(いったい、どこまで進めてしまうのだろう?ホントに叔母さんの前で、恵美さんとエッチしてもいいものだろうか?)
僕の指が、膨らんだクリトリスを押さえたのに合わせて恵美さんが、『ああ…』と、ハッキリした声を上げたその時です。
「やっぱり本当にするのね?」
と、景子叔母の声を聞き、思わず動きを止めてしまいました。あまりにも哀しげな声だったのです。
強がって見物するつもりが、土壇場で怖くなったのかもしれません。
僕は慌てて、
「もちろん、叔母さんがダメだと言うのなら、僕はそれに従います」
と、素直に言いました。
恵美さんを抱きたい気持ちは強いけれど、叔母さんの反対を押し切ってまでエッチしようとは思わないのです。
それに異義を唱えたのは恵美さんでした。
「景子さん、そんないけずなこと言わんといて。だって純ちゃんが可哀想!こんなになっとるんよ」
恵美さんがそう言いながら勢いよく掛け布団を跳ね除けたので、今や下半身裸になってしまった僕の体と、乳房もあらわな恵美さんの体が、景子叔母の目の前に露呈してしまいました。
「キャッ!」
「ワッ!」
景子叔母も驚いたようですが僕も驚いた。
でも、景子叔母の目は、恵美さんに握られた僕のペニスに吸い寄せられていました。
今や、うねるような青筋を立てて勃起しきったペニス。包皮は根元まで剥き立てられ、膨れ上がった亀頭の部分はスタンドの光を受けてテカテカと輝いていました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.09.15 Sun l 素敵な叔母さん・大阪編 l コメント (2) l top