FC2ブログ
両手でマッサージするように太ももを撫でながら、隙を見ては性器にちょこっと触れる。
そのたびに叔母さんは、『あっ…』とか『ふん…』とか声を漏らしていましたが、ついに僕の中指が割れ目を捉えた瞬間、ピクッと震えて『ダメッ!』と叫び、両手で股間を押さえてしまったのでした。
「もう!悪戯ばっかりして~!許しませんよ!」
「ご、ごめんなさい!つい…」
こういう時は素直に謝るに限るのです。僕は急いで手を引いて叔母さんの顔色を伺いましたが、本気で怒ってはいないことは、その恥ずかしげな態度でわかっていました。
「今度は私が洗ってあげるから、替わりなさい」
命令口調の景子叔母でしたが、これもおそらく照れ隠しでしょう。
「あ、はい。でも、その前に石鹸を落とさなきゃ…」
僕がシャワーで景子叔母の体の泡を洗い流すのはおとなしく受け入れてくれた。優しく手で泡を撫でながらソープを落として行くのです。
「叔母さん、ちょっと脚を開いて」
遠慮がちに広げられた景子叔母の股間にぬる目のお湯を掛けてあげると、そこは叔母さん自らの手で洗い浄めたのでした。

やがて攻守交代。僕がお風呂イスに腰掛け、景子叔母が後ろに立つ番です。
ソープを泡立てたタオルで、背中から肩に掛けてを洗ってもらう。
「あなた、また背が伸びたんじゃない?」
「まさか。高校時代から変わりませんよ。いつまでも子供と思ってるんでしょう」
「そうでもないけど…でも、純ちゃんには、幼い頃の純真なままでいて欲しかった願望があるのかも。純一の純は純粋の純なのだから」
「今だって純粋ですよ。叔母さんに憧れる気持ちに一点の曇り無し!」
「こんなにしちゃって、純粋も無いものだわ」
景子叔母が背後から僕の股間を覗き込むと、『エイッ!』と掛け声を上げながら、勃起し続けているペニスを握ってきたのでした。
「ワッ!」
突然握られたのにも驚きましたが、後ろから体を密着されたものだから、乳房が思いっきり背中に押し付けられているのです。柔らかな乳房の感触が背中をくすぐる。
「こんなに大きくしちゃって、純粋も無いわよ」
叔母さんが、グイグイ胸を押し付けながら、キュッキュッとペニスをリズミカルに握るものだから、僕は反射的に背中を反らせて逃れようとしました。気持ちがいいのに不思議な反応です。
実は、僕は意外と背後からの攻撃に弱いのです。もし僕が女性だったら、後ろから責められたらすぐにイッてしまうタイプのような気がします。後方からの攻撃には、視覚が効かない分、恐怖感を抱く。反面、一方的に責められるマゾヒスティックな歓びがあるのかもしれません。性は奥が深いのです。
「こうか?こうか?」
いつも冷静な景子叔母にしては、ちょっと悪ふざけが過ぎると思いました。
「お、叔母さん、止めて!出ちゃいますよ!」
思わず立ち上がった僕の背後に、景子叔母も密着するように立ち上がると、執拗にしごき立てるのでした。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.11.21 Thu l 素敵な叔母さん・東京編 l コメント (1) l top
「叔母さん!許してください。ホントに出ちゃいそうです!」
実際、憧れの景子叔母に後ろからいじられて、情けなくも射精寸前だったのです。
笑いながら僕をしごいていた景子叔母も、ふと我に戻ってペニスから手を放してくれました。
「あら大変。でも、出したいのなら出してもいいのよ」
やっと解放された僕は、叔母さんの方に体を向け、僕たちは全裸で向かい合いました。
「出したいのは山々ですが…なんかもったいない気もします」
「もったいないの?」
景子叔母が、きょとんとした目で、僕の顔と脈打つペニスを交互に見ました。
「叔母さん、今夜一緒に寝てくれませんか?」
「…一緒に?」
「はい。二人で、おめこしましょう」
わざと恵美さんに教わった大阪弁で言ってみました。
「そ、そんな…」
景子叔母が、ポッと頬を染めてうつ向く。
「私たち、叔母と甥の関係なのよ。そんなこと出来るはずないでしょ」
「それは何回も聞きました。恵美さんなら、『気にすること無いわ。母親と息子でも珍しいない』とか言うでしょうね。だから僕は決めました。今夜、叔母さんを僕の女にします」
「…」
景子叔母が怯えた目で僕を見上げたので、僕も慌てて笑顔を浮かべました。叔母さんを不安がらせるのは本意ではないのです。
「あっ、もちろん叔母さんが嫌がることはしないと誓います。エッチしたいのはあくまで僕の願望。叔母さんが拒否するならおとなしく従います。でも…お願いですから、今夜は僕の部屋で一緒に寝てください。添い寝だけでも全然オッケーですよ」
景子叔母は、しばらく僕のペニスを見つめながら考え込んでいましたが、やがて顔を上げて、
「わかったわよ。一緒に寝てあげる。ただし添い寝だけよ」
と諭すように言ってくれました。
僕は、『ありがとうございます!』と叫ぶと、景子叔母の肩を抱き、唇にチュッとキスをしたのでした。
「これこれ、エッチなことは厳禁ですよ」
「これは感謝の意味ですから」
僕がもう一度キスをすると、鋭く勃起したペニスが、叔母さんのお腹をつっつきました。
「さあ、お風呂を出ましょう」
こうして僕たちは、その夜一緒に寝ることが決定。二人で交互にシャワーを掛け合って体を流すと、脱衣室でも、ふざけて互いの体をバスタオルで拭きあったのでした。

二人でパジャマを身に付け、脱衣室から廊下に出た時、トイレにやって来た母とばったり鉢合わせてしまいました。
「あれま!あんたたち一緒にお風呂に入ってたの?」
目を丸くする母に、僕は、
「久しぶりに叔母さんとご一緒しました」
と、平然と答えました。
「まったく、いつまでも子供なんだから。明日は結婚式なのだから早く寝るのですよ」
母はそう言って、あくびをしながらトイレに向かったのでした。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.11.23 Sat l 素敵な叔母さん・東京編 l コメント (1) l top
広さにして12畳ほどの僕の部屋に入ると、景子叔母はキョロキョロとあたりを見回していました。
「わりときれいにしてるじゃない」
「お手伝いさんが掃除してくれますから」
「呆れた。掃除くらい自分でやりなさい。まったく過保護なんだから」
「うちの場合は過保護と言うより無関心なんですよ」
猫が初めての場所に連れてこられたかのように警戒していた景子叔母でしたが、少しずつ落ち着いてきたようです。
「お姉さん、変に思わなかったかしら?」
「母も言ったように、僕のことはいまだに子供扱いですから、一緒にお風呂に入ったぐらい気にすることは無いですよ。もし、僕と叔母さんの仲を疑ってたとしても、それもまた気にする必要はありません」
「そうはいかないわよ。私の姉なのよ」
不安そうに立ち尽くす景子叔母をよそに、僕はクローゼットから予備の枕を出して、セミダブルサイズのベッドに二つ並べました。
「掛け布団は1枚でいいですよね?さあ、休みましょう」
僕は、景子叔母の手を取ると、ベッドへと誘いました。叔母さんは、ためらいながらもおとなしくベッドに横たわり、僕も隣に入るとリモコンを使って照明を暗くし、そして二人の上に掛け布団を掛けました。
「約束よ。私が嫌がることはしないって…」
「もちろんです」
二人並んで仰向けの体勢ですが、当然のように僕が左側。右利きの僕としては、女性を愛撫するにはこのポジション取りがベストなのです。
さっそく左手で叔母さんの右手を探って優しく握ったのですが、そのことについては何も言わなかった。
「このベッドに、いったい何人の女の子を引っ張り込んだのかしら?」
「人聞きの悪いことを!さすがに自宅のベッドには連れ込めませんよ。…親の留守中に2、3人?」
「…そんなことだと思ったわ。で?年上もいた?」
「たしか…高校生の時、同級生のお母さんと…」
「はあ…聞いた私がバカだったわ」
「そう呆れないでくださいよ。それより、お休みのキスがまだでした」
「…なに言ってんの?そんなの必要ありません」
「そう言わないで…」
僕は上体を起こして景子叔母の唇にチュッと口付けましたが、叔母さんは目を開いたまま平然と受けてくれました。
「はい満足した?じゃあ、おやすみなさい」
余裕で受け流されたのが、なんだか癪に触ります。
「う~ん…もう一回」
再び唇を付けましたが、今度はじっくりと時間を掛けることに。
「…ん」
逃れようとする景子叔母のアゴを片手で支え、なんとか唇を割って舌を入れようとしましたが、歯を食いしばって阻止されてしまいます。
(よし!それならば…)
僕は、唇をアゴの方に滑らせると、さらに耳たぶを甘噛みし、耳孔に息を吹き掛けました。
「ヒャッ!」
叔母さんが首をすくめて口を開いた瞬間を見計らって、素早く唇を合わせると、今度はなんとか舌を入れることが出来た。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.11.28 Thu l 素敵な叔母さん・東京編 l コメント (1) l top
「う…」
型通りの抵抗はあったものの、なんとか本格的な接吻に移ることが出来ました。
はじめ固かった叔母さんの口腔も、頬を撫でながら根気よく舌を蠢かせるうち、意識的なのか無意識なのか応じてくれるようになった。やがて、僕たちは舌をからめ合わせて唾液を交換する、本格的なディープキスへと発展していました。
「んふ…もうダメ。やめて」
やがてキスを振りほどかれましたが、景子叔母の声は甘かった。
「叔母さんの唇って美味しくって素敵です」
「なにプレイボーイぶってるの?おやすみキスはこれで終了。眠りましょう」
口で叱りながらも、景子叔母の顔は上気していました。もちろん僕は眠るどころではなく、さらに厚かましく迫りました。
「…少しだけ、おっぱいに挨拶したいんですけど…」
「ダ~メ。言うことを聞きなさい」
「少しだけですから」
了解も得ずにパジャマの上から胸を押さえました。着ているパジャマは、僕の母が貸し淡い金色のシルク。薄い生地を通して、ブラジャーを付けていない乳房の膨らみを手のひらに感じました。
「あなたのママみたいに大きくないから、つまらないでしょ?」
「なんのなんの、これぐらいが理想的です」
「よく言うわ。男の人は、おっぱいが大きければ大きいほどいいのでしょ?」
思わず吹き出してしまいました。どこでそんな情報を仕入れたのでしょう。
「それは誤解です。それが男の心理なら、女性は男のチンコが大きければ大きいほど嬉しいってことになります」
釣られて景子叔母も笑い出しました。
「たしかにそうね。あなたぐらい大きいと、少し恐怖感を覚えるけど」
「まさか。僕のはそんなに大きくありませんってば」
そんな軽口を叩きながらも、僕の右手は柔らかにおっぱいを揉み続ける。
「ボタン外しますね?」
「あっ、ダメ…」
口では拒否したものの抵抗がほとんど無かったので、すぐに乳房をあらわにすることが出来ました。緊張しているのか、薄く鳥肌が立っていました。
「やっぱり、叔母さんのおっぱいの造形は理想的です」
僕は、まず左の乳房をマッサージするように優しく揉みほぐし、やがて手のひらと指の腹を使って、乳首を転がしました。
「…乳首が固くなってきました」
「…気持ちいいから…」
僕が、親指と人差し指、さらに中指を使って乳首をつまむ頃には、それは充血してピンピンに勃っていた。
「ああ…」
微かに叔母さんがうめき声を上げました。
続けて右の乳首に掛かりましたが、その頃には景子叔母は胸を反らせるようにして、ただあえぐばかり。僕は両の乳首が勃起したのを確認すると、満を持して唇を寄せて行きました。
「ああ…」
(ついに憧れの叔母さんの乳首を…。なんだかとても懐かしい気がする)
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.11.30 Sat l 素敵な叔母さん・東京編 l コメント (1) l top
しばらく口で吸うことに専念していると、叔母さんに、
「あなた、お母さんのおっぱいを懐かしんでるんじゃないの?」
と、からかわれてしまいました。でも、あえぎながらからかわれても説得力が無いのです。僕は無言で乳首を舐め、そして前歯で甘噛みしてみた。
「あっ!」
景子叔母がピクンと跳ねてさらに胸を突き出しました。
僕は、右の乳首を口で吸いながら、左の乳首をちょっと強めにつまんであげた。
「ああ…」
驚くのは景子叔母の感じ方で、乳首を責められての反応は予想外にビビッド。こらえきれない声を上げながら、のた打ち回るのです。若い子たちとは比較にならない感じ様。
昔、友達のお母さんとセックスした時のことを思い出しました。その時も乳首への攻撃に息絶え絶えになって、性器に触れる前に絶頂を迎えた彼女に圧倒されたものです。
子供を生んで母乳で育てた女性は、乳首が性器に匹敵するくらいの性感帯になっているのかもしれません。女性は乳房で子供を育て、そして子供が吸ったり噛んだりしながら、乳首の性感を育てるのでしょうか。
僕の唇と指の攻撃に、景子叔母は当初の余裕など忘れたかのように悶えていました。
ただ叔母さんが乱れるのは僕にとっては好都合。目を閉じ、唇を広げてあえぐ隙を突いて、僕は右手を一気に叔母さんのパジャマのズボンに突っ込んで行ったのでした。
「あっ、ダメ!」
景子叔母が身悶えたけど、この態勢から逃れるのは難しいのです。右手は容易にショーツのゴムをくぐり、柔らかな毛を感じながら指先が割れ目を捉えたのでした。
「あっ!」
そこは驚くほど熱くて豊潤な泉となっていて、僕の指をたっぷりと濡らしました。
でも、景子叔母に手首を強くつかまれて動きを封じられてしまったのです。
「ダメッ!お願いだから止めて!」
そう哀願されたら、それ以上は進むことは出来ません。もとより叔母さんが嫌がることはしないとの約束なのです。
「ここで止めてくれたら私はあなたを尊敬するわ」
僕は黙って手を引くしかありませんでした。抜いた中指が叔母さんの液に濡れていた。
僕から解放された景子叔母は、さっとパジャマの胸前を合わせると、ベッドの上に正座しました。
「ありがとう。止めてくれて感謝するわ」
「…仕方ありません。約束ですから」
「…あなたって素敵ね」
叔母さんが膝立ちすると、僕の肩を抱いて、優しくキスしてくれました。
僕が舌を伸ばすと叔母さんも応じてくれて、しばらく舌と舌で戯れる接吻を楽しみました。
「あなた…がまん出来るの?」
「正直、限界です。パンツに擦れただけで今にも爆発しそう…」
僕の切実な声に、叔母さんがクスッと笑いました。
「そんなに?…じゃあ、叔母さんにもう一回見せてみなさい」
「えっ?なんだか恥ずかしいな」
「今さら何言ってんの。ほら!」
景子叔母が僕の肩を突いてベッドに仰向けに倒すと、さっさと僕のパジャマのズボンに手を掛け、ずり下げたのでした。
「キャッ!」
「女の子みたいな声を上げないで」
こうして僕は、勃起しきったペニスを再び叔母さんの目の前に晒すことになりました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2013.12.03 Tue l 素敵な叔母さん・東京編 l コメント (1) l top