FC2ブログ
祐子さんは6歳の男の子が一人いる34歳の主婦です。
親友の久美子さんが東南アジア大好き人間で、以前から一緒に旅しようと誘われていたのですが、このほど祐子さんの旦那さんの許可が下りたので、久美子さんと二人、久しぶりの海外旅行となりました。
可愛い盛りの息子大輔君を、旦那さんとお母さんに託し、心配やら寂しいやらで、ちょっと目をウルウルさせながら出発した祐子さんでしたが、20年来の親友と機上の人となるや、心はすっかりバカンス気分、学生気分に戻ってしまいました。

さて、東南アジアの国々は思ったほど蒸し暑くもなく、治安も悪くなく、ただ食べ物は思ったより辛く。
さすが東南アジア来訪10回を超えると言う久美子さんは頼り甲斐があって、日本人があまり行かない観光スポットやら、安くて美味しいレストランなどもよく知っていて、もう祐子さんは完全おまかせモード。
ビーチでは、こちらで買った思いっきり大胆な水着で、男たちを挑発しまくりです。
もちろん人妻なんだし、言葉もわからないので、外国人男性に声を掛けられても無視していましたが、久美子さんは、
「わたし一人だったら、ハントされちゃうんだけどな」
なんて言って、ニヤニヤしています。
久美子さんは旦那さんがいるけれど、子供はいないし、正社員で働いているのでお金はあるし、けっこう遊んでいそうだわ。
この旅で、久美子さんの男性遍歴なんか聞いちゃおうと思っている祐子さんでした。

そしていよいよ楽しい旅も終盤に差し掛かりました。
有名リゾート地のある島のビーチで二人、水着のブラを外して、トップレスでパラソルの陰に寝転がっていた時、いきなり久美子さんが、
「ねえ、今夜、男の子を買って遊ぼない?」
と、言い出したので祐子さんはビックリ。
「ええ!それはやばいよ!」
「大丈夫だって。みんな遊んでるよ」
「でも、もし病気とかにかかったら…」
「コンドームつければ大丈夫だし、知ってるお店は、お客のほとんどが日本人の女性で、料金は高いけど管理がしっかりしてるから、病気なんか持ってないって」
「…でも、旦那に悪いし…」
「あはは、何言ってんのよ。旦那さんだって、今頃ソープ行ってるかもよ。奥さんいなくて大チャンスだなんて。うちの旦那には彼女いるしね」
「そ、そうなんだ…」
何時の間にやら、あれこれ口説いてくる久美子さんの乳首がピンと勃っちゃってて悩ましい。
結局、久美子さんにくっついて、お店に行くだけならってことになりましたが、祐子さんはその後も夜のことが気になってドキドキでした。
外国で開放的になっていたし、露出の多い水着を男性にさらして、ちょっとエッチな気分にもなっていたので、ついて行くだけで済まないかも。なんてね。

さて、夜、久美子さんに連れられていったお店は、日本のプチホテルみたいな感じで、意外に清潔で明るいイメージ。
ロビーで見かけたお客さんのほとんどが日本人女性?女子大生風から50歳を超えたような女性もいますが、皆さんごく普通の女性なので祐子さんは改めてビックリ。日本はいったいどうなるんだ?
お互い、チラチラと観察し合いますが、あくまでも無関心を装っています。
ソファに座って、そこでアルバムになった写真のリストを渡されて男の子を選ぶシステムのようですが、久美子さんは常連みたいで、気軽に男の子の名前をオーダー。
「祐子はそうねえ…この子はどう?」
写真の感じだと、とても若そうで、どうやら現地人の男の子のようですが…
「ちょっ、ちょっと待ってよ!私はただ久美子に付き添って来ただけ…」
「わかってるって。でも人生何事も経験よ。現地の人と触れ合うのも旅の楽しみのひとつでしょ?別に時間までお話しするだけでもいいんだから、気楽に考えようよ」
「じゃあ…お話しするだけなら…」
渋々同意した朋子さんでしたが、もう心臓がひっくり返るくらいに緊張しちゃって…。
その間に久美子さんが、その写真の『ジェイ』という子を、朋子さんのパートナーとして指名しちゃったのでした。
呆然としている祐子さんに、久美子さんがいろいろ説明してくれます。
「料金は2時間で3万円だって。日本円が使えるわ。若いから時間内にエッチ2回は出来るわよ」
久美子さんはそう言って、あっけらかんと笑います。
どうやら久美子さんは、ヤル気満々みたい。

やがて祐子さんは、久美子さんと別々の部屋に案内されました。お部屋も小奇麗で、ダブルベッドに花柄のカバーが掛かっています。
飲み物を飲みながらも、生きた心地のしない祐子さん。
八年間の結婚生活で、浮気はたったの一回しか経験がありません。その相手も元カレで、今回みたいに男をお金で買うなんて、もちろん初体験。
なにやら旦那さんには悪いし、さらに可愛い息子の大輔クンの顔まで浮かんできたりする。
(私ったら、いったい何をしようとしているの?)
パニックになって自問している時に、ドアがノックされ、若い男が顔を出しました。
ジェイです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
2009.12.30 Wed l 南の島で l コメント (6) トラックバック (0) l top