FC2ブログ
「あっ、ヤダ!」
言葉とは裏腹に、健太クンに力強くお尻を抱えられ、旦那さんや祐二クンよりはるかに太くて長いペニスを後方から挿し入れられて、思わず首を振りながら悶える由紀さん。
「ああ…」
背筋をさざ波のような快感が走り、『あっ!あっ!』と甲高い声を上げながら細かな身震いを繰り返します。
それからは縦横無尽に責めたてられ、ただお尻を振って悶えることしか出来ません。
(わたし…ずっと年下の男にお尻から抱かれて感じている。プー太郎に犯されて悶えている…ああ…イクわ!)
これもお酒の酔いの名残りでしょうか。経験したことの無い自虐の歓びによだれを垂らす由紀さん。
膣をペニスでいっぱいいっぱいにされながら、シーツを握り締めて乱れたのでした。

次のコンパの機会はなかなか訪れませんでした。
やはり8人が同時に顔を揃えるのは意外に難しいことなのです。
特に女性陣は一応奥様。
子供の世話もあれば、旦那さんの両親と同居している人もいますので、そうそう夜にうちは空けられない。
昼間集まるにも、お店が年中無休を謳っているので、全員が休むというわけにもいかないのです。
女性には生理だってありますしね。
そんな中、表向きは今まで通りに祐二クンに接する由紀さん。
相変わらず祐二クンはなにやらモノ言いたげですが、それでも二人目の女を知った余裕か、以前ほどがっついた視線を送ってくることは無いような気がします。
(このまま祐二クンが落ち着いてくれたら、もうコンパに参加する必要は無いのだけれど)
そんな微かな願望も胸に秘める由紀さんでした。

コンパが無くても、若い(?)カップルがおとなしくしているはずもなく、直美さんと健太クンなどは普段からデートを楽しんでいるようです。
お休みも合わせて取るから見え見え。
渚さんや亜希子さんも怪しい怪しい。
まあ祐二クンもそんな状況を見ているから、しばらくするとまた欲求不満が募ってきたりして。
結局三回目のコンパが催されたのは、二回目から1ヶ月以上も経ってからのことでした。
今回の由紀さんのパートナーは耕平クンで、直美さんが翔クン、渚さんが健太クン、そして亜希子さんと祐二クンの組み合わせ。
祐二クンは、今度は一見セレブ風の自称清純派とお相手するわけです。

今回もパターンは同じ。
はじめ、今日はお話だけとか考えていた由紀さんも、お酒が入るに連れ、また周りがイチャイチャし始めるのにも煽られ、結局耕平クンと手を繋いで、ホテルラッフルズのドアをくぐってしまったのでした。
すでにこのホテルは由紀さんの行き付け。
初めて来た時に、なにげにもらったクーポン券がすでに3枚。10枚で一回分がタダになります。
ちなみにコンパの飲み食い代は割り勘ですが、過去二回のホテル代は男性側が出してくれました。
(でも今日のお相手は大学生。出してあげた方がいいかしら。それとも割り勘?)
どの部屋にするか慎重に検討する耕平クンを見ながら、そんなことを考えていた由紀さんでした。
(つづく)

スポンサーサイト
[PR]

2010.02.28 Sun l シャッフルズホテル l コメント (2) トラックバック (0) l top