FC2ブログ
小学校を卒業し、僕とゆきえと奈緒は同じ公立中学へと進むことになりました。残念ながらクラスはバラバラになってしまいましたが、それでもみんな、なにか得体の知れない高揚感に捉われていたことを憶えています。もしかしたらそれは照れ臭いけれど希望とか呼ばれるものだったのかもしれません。
僕らが通った中学には学区にある三つの小学校から生徒が集まって来ました。
コミュニティが大きくなれば揉め事も増えますが、それでも新しい顔ぶれは新鮮でもあります。
でも当時の僕にはゆきえしか見えませんでしたね。
僕とゆきえはお互いすでに恋人同士のつもりで付き合っていましたが、クラスメート達から見ればちょっと仲のいい幼なじみといった印象だったと思います。
というのも僕もゆきえもどちらかといえばマジメ優等生と思われていて、性に積極的なタイプだとは見られていなかったからです。
ゆきえなんて見るからに子供子供してましたからね。
それに僕もゆきえもあまり恋愛沙汰を表に出す方ではありませんでした。
カップルにはイヌ型とネコ型があって、イヌ型のカップルは人前でもやたらベタベタとし、ネコ型は深夜静かに(実は騒々しいのですが)愛を語らうと言います。
そう言う視点からすれば、僕らは典型的なネコ型だったと思います。
僕とゆきえが付き合っていることを知っていたのは共通の親友である奈緒だけだったと思います。

小学校卒業から中学入学にかけての春休み、僕とゆきえの性愛はさらに深まっていましたが、もちろんそれは二人だけの秘密。
奈緒ですら僕たちがキスぐらいはしていると思っていたかもしれませんが、性器の相互愛撫にまで発展していたとは想像もしていなかったでしょうね。
それに中学生になってしまえば勉強時間は格段に増えるし、おのおの部活にも入りました。
僕はかねての希望通り陸上部へ、ゆきえはブラスバンドに入部。
ゆきえは小学生の時からトランペットを吹いていたのですが、ブラバンの顧問の先生からクラリネットをやってくれないかと言われて現在特訓中。肺活量不足のゆきえにとってはいいコンバートでした。
だからいつもいつもエッチなことをしていたわけではないのですよ。
ちなみに奈緒は、長身と抜群の運動神経を買われてバレーボール部に入部していました。

でも僕とゆきえは、日曜日には毎週のように会っていました。
僕の母がパートを辞めてしまって以来、二人っきりで裸で抱き合う機会は激減していましたが、映画を観に行ったりサイクリングで遠出したりと中学生らしいデートを重ねていました。
そして夕方の公園の片隅でキスをしたり、ハイキング先の木陰でゆきえの体に触れたりする程度でガマンしていたのです。
でも、どちらかの家が留守で二人っきりになれるチャンスが訪れれば、大喜びで全裸になっていちゃつきました。まあ、そんな機会は1カ月に1度あるか無しかでしたけど。

小学校以来、二人きりになるとゆきえの前でオナニーで射精するのがコースになっていましたが、いつしかゆきえが愛撫してくれるようになっていました。
僕が細かな指の動きを教えてあげたので、やがてゆきえの手によって射精出来るようにもなった。
慣れてくると、ゆきえが右手で僕のペニスを愛撫し、左手に持ったティッシュに上手に射精させてくれるようになりました。
一度、ゆきえの幼い乳房に精液をかけさせてもらったのですが、なんとなくゆきえを汚したような気がしてその行為はあまり好きにはなれなかった。
お返しに僕もゆきえの大切な部分を愛撫してあげるのですが、怖がりのゆきえは表面を撫でることしか許してくれなくて…
でも、可愛いクリトリスを優しく撫でてあげると、それなりに気持ちよさそうに息を乱します。
僕のペニスは成長し、陰毛もかなり生え揃ってきていましたが、ゆきえはやはり晩生らしく、胸はそんなに成長していなかったし陰毛もまだまだ薄くて割れ目が透けて見える程度。
僕はそんなゆきえの体をいじらしく思って優しく乳首を吸い、股間に触る時には最大限の注意を払って慎重に愛撫をしました。
まだまた若過ぎる二人にはセックスに進む勇気はありませんでしたが、僕たちは充分満足していたのです。
(つづく)
2010.03.30 Tue l 想い出エッチ中学生編・奈緒 l コメント (8) トラックバック (0) l top