FC2ブログ
「あっ、いや!」
騎乗位で動いていた景子叔母が、背を反らせて顔を歪めました。小さな頂に達したのかもしれません。
僕は下から乳房に手を伸ばして揉み上げた。
「ああ…」
叔母さんが、さらに背中を反らせて乳房を突き出し、僕の指は膨らんだ乳首を捕らえました。そして優しく転がしつつ、つねり、引っ張り、キュッと押しつぶしたりするのです。
「あっ!ダメ!」
先ほどのエッチで、景子叔母は乳首が急所であることを把握していた僕は、両乳首をつまんだ指先に、さらに力を込めてみました。
「イヤ!感じる!」
景子叔母が小刻みに腰を揺すりながらあえぎました。ペニスをくわえ込んだ性器から、ジュワッと熱い液体が溢れて…
僕は、首をもたげて右の乳首を口に含むと、まずは荒々しく吸い立て、やがて歯を立ててみた。はじめは、ごくごく柔らかく触れるか触れないかぐらいの軽さで。まずは乳首の根元を噛み、徐々に先端に向かって乳首を輪切りにするように噛み進めるのです。
「ああ、もっと…もっと強く!」
叔母さんの要請に応えて、ほんの少しだけ歯先に力を込め、再び根元に歯を立てました。そして改めて先っぽに向けて前歯で輪切りにしていく。まさに乳首のCTスキャンです。
「ああ、もっと!噛み切るぐらいに!」
腰を揺すって焦れる景子叔母を上目遣いに見ながら、さらに少しだけ力を強めて根元に歯をあてる。乳首噛みのクレッシェンド。そして、この技法が絶妙の焦らし効果となって女性を高めることを僕は本能的に知っていました。
「ああ!いい!」
さらに歯先に力を込めた頃には、景子叔母は口を大きく開けて天井を向き、いやいやするように首を振って悶えていました。
性器はさらに熱く燃えて、熱い液体が諄々と溢れる感じ。
その頃には、かなりの力が歯先に込められていて、ちょっと心配になるくらいでしたが、景子叔母が『もっと!もっと!』とせがむので、さらに強く乳首を噛んであげました。
根元から先端までゆっくりと歯を進め、先っぽギリギリまで来たところで、ついにパチンと乳首が歯から外れ、ピクンと踊りました。
「ああ!イクわ!」
景子叔母が、目を細めながら上体をピクピクと震わせた。どうやら乳首を噛まれただけで絶頂に達してしまったようです。
「あ、ああ…」
少し遅れて、違う種類のうめき声を上げ、景子叔母の腰が震えて性器がキュッキュッと締まりました。乳首に続いて性器でも感じたみたいです。

僕は、荒っぽく扱った景子叔母の乳首を癒すように、優しく揉みほぐしてあげました。強く噛みすぎて、ちょっと皮が剥けてしまったみたいです。
「叔母さん、大丈夫?」
「あ、うん…平気。気持ちよかったわ」
感に堪えないようなセクシーな声。
「すごく乳首が感じるんですね?驚きました」
「初めてだわ。こんなに感じるなんて…」
「今度は叔父さんに噛んでもらってください」
「…それはどうかな?まあ、機会があればね」
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2013.12.31 Tue l 素敵な叔母さん・東京編 l コメント (1) l top

コメント

とりあえず
「乳首噛みのクレッシェンド」って表現に笑いました。

スマイルさんお仕事大変そうですねえ、ホントにお疲れ様です。
2013.12.31 Tue l 大高忠敬. URL l 編集

コメントの投稿