FC2ブログ
その日以降、彼女たちは僕の勃起したちんぽを見たがるようになりました。
ゲームに勝とうが負けようが、奈緒が遠慮も無く、
「見せて見せて!」
と、しつこいったらありません。ゆきえは何も言わないけれど、期待にうずうずした瞳を輝かせています。
「いいけど…お前らも上だけでも脱げよな」
「…いいよ」
結局僕は全裸にされ、上半身裸になった奈緒とゆきえの乳房を見ながらチンコを立てる。いつの間にやらそれが僕らの恒例になっていました。
僕に陰毛が生えたのを先に見つけたのも彼女らでした。
「あ!ケンちゃん、毛が生えてるよ!」
「えっ、ウソッ!?」
たしかに根元の部分にちょろちょろと毛が2、3本生えかけてました。
「毛が生えたんなら、精通もあるんじゃない?」
「自慰はしたことあるの?」
聞きかじりの性教育から、質問を浴びせてくる女たち。
当時の僕は、自慰や精通などの用語こそ授業で習って知っていましたが、まだそれを実行する段階には達していませんでした。
今思えば、彼女らの指摘により、初めて自慰を身近に意識したかもしれません。

そんなことより僕の野望は、とにかく彼女たちのパンツを脱がしたい!…でした。
でも2対1では勝ち目がないことはよくわかっていました。特に奈緒には口では絶対に勝てない!
ということは、ゆきえを奈緒から切り離して、二人っきりで会うことが出来れば…
季節は1月、その年は特に寒さが厳しく、学校ではインフルエンザが大流行。そして奈緒もインフルエンザに罹ってしまい、学校を休んだのです。
(ここがチャンスだ!)
その日は、母もお仕事の日だったので、僕はゆきえを学校が終わってからうちに来るよう誘いました。
「ええ!奈緒ちゃんいないから、今日はやめようよ」
ためらうゆきえをなだめすかし、なんとか一緒に帰って来ることに成功したのですが…

僕とゆきえはこの時、初めて二人きりになりました。
僕の部屋でジュースを飲んだりして、頃合いを見計らっていたのですが、ここでゲームに誘えば『いかにも』って感じで、なんとなくためらわれます。
タイミングを見失い、ダラダラと時間ばかりが経っていた時、ゆきえの方から、
「ねえ、ゲームをして、わたしを裸にしたいんでしょ?」
と、話し掛けてきました。
「えっ?そういう訳じゃ無いけど…」
「奈緒ちゃんがいないから、私なら言うことを聞くと思ったんでしょ?」
「いや…そんなことは…」
図星を指されて、僕は焦りまくりました。なんだか浅はかな計画で、ゆきえに嫌われてしまったかもしれません。
「…いいよ」
「…へ?」
「いつもケンちゃんばかり脱がしているから、今日はわたしが全部脱いでもいいよ」
「…」
「でも、恥ずかしいから、ケンちゃんも一緒に脱いでくれる?」
思わぬ展開に、茫然とした僕でした。
(たしかに今、ゆきえは裸になってもいいって言ったよな?そして僕にも裸になって欲しいと…)
「…ケンちゃん?」
考え込んだ僕に、すがるように聞いてくるゆきえに、あわただしく首を縦に振り、
「わかった。じゃあ、僕から脱ぐから」
と、服を脱ぎはじめると、ゆきえも僕に背中を向け、セーターを脱ぎ、ブラウスのボタンを外し始めました。
僕は早くもパンツ1枚になっていたのですが、思わずゆきえの細い後ろ姿に目が吸い寄せられ、見られているのを知っているのか知らないのか、ゆきえは肌着を脱いでショーツだけの姿になっていました。
上半身裸になったゆきえの姿は、いつも見慣れているはずなのに、奈緒のいない二人きりの状況だと、妙に刺激的で僕の喉はカラカラに乾いてしまっています。
「あっ…恥ずかしい!」
僕に見つめられているのに気づいたゆきえは、あわてて部屋の隅にある僕のベッドの掛け布団の下に潜り込んでしまい、しばらくして布団から手だけ出すと、パンツ(ショーツです)をハラリと床に落としたのです。
僕は、急いでパンツまで脱いで全裸になると、ゆきえが入っているベッドの掛け布団に突入しました。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2010.01.10 Sun l 想い出エッチ・小学生編 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

なんか納得いかんぞぉ~(笑)
「いいけどお前らも脱げよな」と言われてあっさり脱いでしまう奈緒ちゃんとゆえきって一体・・・・。

で、とうとう4話あたりでゆきえとイタス事になるわけですよね(水爆)。

P.S 椎間板ヘルニアの方はいかがですか?。
私の知人にもかかったヒトがおりしばらく車椅子生活をしていたのを覚えております。
とりあえずあんまし無理なさらないで下さいね。
2010.01.10 Sun l 私の碇で沈みなさいっ!. URL l 編集
お大事に
腰痛と、足のしびれ・・・同じですね。
今は私の腰痛もおとなしくしていますが、来週の今日、思い切り体をいじめますから・・・。
あっ・・・えっちじゃなく、地域のイベントね~ある意味肉体労働(笑)
今週からは、やっと息子も学校が始まりますので、お休みの時はまたよろしく~(@私信)
2010.01.10 Sun l 柚. URL l 編集
私の碇でさんへ^^
まあ、この3人はかなり過激な状況に慣れてしまってるんですね。
ただ、奈緒とゆきえも、ケンちゃんだからこそってのはあるのでしょう。
ちなみに小学生編では本番は無しです^^;

車椅子…コエー!
無理できませんね(-_-)
2010.01.11 Mon l スマイルジャック. URL l 編集
柚さんへ^^
ご無沙汰しています<(_ _)>
柚さんも腰痛持ちでしたね。
僕もある意味職業病みたいなもんです。
でも、無理しないように心懸けなきゃ。

はい、また連絡させてもらいますね^^
2010.01.11 Mon l スマイルジャック. URL l 編集
No title
スマイルさん「おひさぁ~^^」

かわいそうやけれども、私の仲間やね。腰痛仲間。嬉しいわ。
何でも聞いてね、楽に過ごす方法のちょっとは、知っているからね。
しかし、筆で調べるって、知らなかったでしょ^^

立ちっぱなし(チンチンと違うよ)の時は、足も元にレンガぐらいの塊をおいて、方足づつ置くのです。すると、腰には楽らしいで。

エロは地球を救うでしょ^^
腰、治してね、でないと頑張れないで。

良歌はですな、もう散々でっせ。今に分かるよ。プロって、こげに「えぐいの(T_T)/~~~」もう、毎日毎日、書いたものの整理。
くるしかよ。
では、またきます~大好きなスマイルちゃん!
2010.01.11 Mon l ココロンですたい^^. URL l 編集
ココロンさんへ^^
コロリンさん=良歌の宮さんですね^^
お久しぶりです^^
腰痛の先輩なんですね?
そう、腰が良くないとエッチもままならない^^;
早く治します。

プロの道はやっぱ厳しい?
でも、うらやましいな^^
2010.01.13 Wed l スマイルジャック. URL l 編集
No title
あのね、私の初めての出版本が、決まった時に息子が「こころ」とひらがなでペンネームをつけたのです。
それからいろんな人が「ココロン」がいいとか、いろいろとありましが、どうぞ好きに呼んでと、思っています。
みなさんが、私をイメージして本当に愛して下さって呼んでいただけるのだから、なんでもいいの。

私ね、11年前に脊髄に膿がたまり、もう助かっても寝たきり、よくて車椅子といわれ手術に入ったの。
だから、障害者ですよ。http://beauty.geocities.jp/silvertabby713kokoro/ここが、本家やで。

変な話し、障害者になってからの我が人生は、生きていてよかっただよ。
冷えると痛くなるから、大事にしてね。
2010.01.14 Thu l 良歌の宮だよ^^. URL l 編集
良歌の宮さんへ^^
おお!本がすでに出ていたのですね!
スゴイ!
そこから『ココロン』さんですか。
息子さんをはじめ、いろんな方に囲まれ、幸せな人です^^
僕も負けずに頑張りますが、でも腰は大切にしないとね^^;
2010.01.15 Fri l スマイルジャック. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://smilejack13.blog109.fc2.com/tb.php/15-74e7be62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)