FC2ブログ
お母さんの実家が長野県にあるので、物心ついた時から毎年夏休みには信州に遊びに行っていました。
母の実家はお城で有名な松本市にあり、市街地から少し離れてしまえば田園地帯の広がる風光明媚でとてもいいところです。
そして私が信州に行く大きな楽しみの一つは、実家に住んでいる、いとこのユリちゃんに会えることでした。
ユリちゃんは私と同い年で3歳下にジュン君という弟がいます。
どっちかと言うと一人っ子で引っ込み思案な私と比べ、弟のいるユリちゃんはしっかり者で、同い年なのになんだかお姉さんみたい。
甘えん坊の私にはとても安心できて頼りになるユリちゃんなのでした。
しっかりして自己主張が出来るところは親友の奈緒ちゃんにも似てるんだけど、奈緒ちゃんみたいに意地悪じゃないし。

私が5年生の夏休みにも、母と二人で松本に出かけました。お父さんは仕事の都合で後で合流する予定。
「ユリちゃ~ん!」
「ゆきえちゃ~ん!」
私たちはおばさんちの玄関先で、抱き合って再会を喜び合い、大人たちはそんな二人を笑って見ていました。
それからの楽しい夢のような数日間…
さっそく自転車で近くのアルプス公園で遊んだり、プールで泳いだり。ユリちゃんの地元の同級生ともお友だちになれました。
夜にはスイカを食べ、花火をして、そして夜遅くまでユリちゃんといろんなことをお話しするのです。

ある夜、ユリちゃんとお風呂に入ることになったのですが、ユリちゃんのお母さん(伯母さんです)に、『ジュンも一緒に入れてやって』と言われ、3人で入ることになりました。
私は3年生のころから一人でお風呂に入っていて、他の人と一緒に入るのは恥ずかしかったのですが、仲のいいユリちゃんだし、それにジュン君はまだ2年生。あまり気にしないよう心がけて裸になりました。
お風呂では、はしゃぐジュン君をユリちゃんが叱ったりしてそれは賑やかなもの。一人っ子の私にはあまり経験の無いことで、ちょっとうらやましかった。
しばらくしてジュン君が、
「姉ちゃん!チンチン立った!」
と、嬉しそうに叫ぶので、思わずジュン君の股間を見てビックリ。可愛いオチンチンがピッ!て上を向いて立っていたのです。
実は、お風呂に入った時からジュン君のオチンチンには興味があった。だって男の人のオチンチンなんて、昔お父さんとお風呂に入って以来、見たことが無かったのですから。
はじめは小指の先ほどの可愛い突起で、全体が皮に覆われていたのですが、今見るジュン君のオチンチンは勢いよく天井を向き、大きくなっている…
しかも先っちょが少し剥けて、赤い中身がちょっと覗いていました。
「こら、ジュン!オチンチンなんか立てちゃって!恥ずかしいなあ、もう!」
ユリちゃんが慌てて叱ったのですが、私は驚いてしまってオチンチンから目を離すことが出来ません。
ジュン君はそんな私たちを見て、嬉しそうにオチンチンを突き出し、腰を振って踊っていました。
「こいつどうしようもないバカなの。しょっちゅうオチンチン立てて遊んでるんだから」
私は、なんでオチンチンが立つんだろ?と、不思議な気持ちでいっぱい。そんな私を見て、ユリちゃんがお姉さんみたいに話しかけてきました。
「ゆきえちゃん、勃起したオチンチン見るの初めて?」
「…ボッキ?」
そう、その頃の私は何も知らなかったのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2010.07.02 Fri l ゆきえの冒険・小学生編 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

ついに
ゆきえの冒険がはじまりましたね~
まぁ、ジュン君との絡みがどうなるかがすごく楽しみです!。

次回 ゆきえの冒険・小学生編 第2話

長野で女を磨け! ゆきえ!
2010.07.03 Sat l 私の碇で沈みなさいっ!. URL l 編集
私の碇でさんへ^^
鋭い!
実はジュン君、まだまだ子供ですが、『ゆきえの冒険・高校生編』に登場させようかと思っています。
まだまだ構想段階ですが^^
2010.07.03 Sat l スマイルジャック. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://smilejack13.blog109.fc2.com/tb.php/190-48b83e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)