FC2ブログ
バレーボールは、アメリカの教育者ウイリアム・G・モーガンが、老若男女を問わず楽しめるボールゲームとして考案し、YMCAを通じて全米に紹介され、やがて世界へと広がっていった。
日本にも1913年に伝えられたが、バレーボール自体が発展途上の時代だったため、日本独自のルールが考案されたりしながら、その後9人制を中心に発展した。
一方、欧米では第2次大戦後にはほぼ現在と同じ6人制のルールが確立され、1949年に第1回の世界選手権が開催されている。
バレーボール全日本女子は、1960年の第3回世界選手権に初参加すると、当時の無敵王者ソ連から1セットを取る健闘で銀メダルを獲得。さらに1962年の世界選手権ではついに念願の金メダルに輝き、世界中を驚かせた。
世に言う『東洋の魔女』の誕生である。
そして、オリンピックでは初めて正式種目に採用された東京大会(1964年)で、日本中の期待を背負うプレッシャーに押しつぶされることなく、大松監督が鍛え上げた回転レシーブを中心とした粘りのバレーで勝利を重ね、決勝でライバルソ連を破り、晴れある初代オリンピックチャンピオンの称号をものにしたのである。
この快挙に日本中が狂喜し、空前のバレーボールブームが到来。職場や学校で老若男女問わず、夢中でサーブ、レシーブ、トス、それアタック!と、飛躍的に競技人口を伸ばしていった。
さらに『週刊マーガレット』に連載されたスポ根バレーマンガ『アタックNo.1』が、ブームをさらに爆発的なものとし、ライバル誌『少女フレンド』が対抗して連載を始めた『サインはV!』は、ドラマ化もされ、30%を超える視聴率を記録した。
ちなみにテレビアニメ『アタックNo.1』は欧米でも放映され、多くの有名選手が、このアニメがバレーボールを始めるきっかけになったと語っている。
日本では『ママさんバレー』なる言葉も現れ、高度成長期の日本の代表的レクリエーションとなるのだが、考案者のモーガン氏の『女性や子供でも気軽に楽しめるボールゲームを』という理想をもっとも実現させたのは、もしかしたら日本かもしれない。

バレーボールに青春を捧げた多くのバレー少女の中から、厳しく選び抜かれたトップ選手たちは、その後も血の滲むような努力を重ね、オリンピックに挑むことになる。
68年メキシコシチー五輪、72年ミュンヘン五輪では、決勝で宿敵ソ連に敗れ銀メダルに終わるも、76年モントリオール大会では強打の白井貴子を中心にライバルたちを圧倒。決勝のソ連戦は3ー0のストレート勝利、しかも最終セットは15ー2と圧倒的な強さを見せ付け、見事二度目の金メダルを獲得した。
大会を通じて1セットすら失うことが無かった完全優勝であった。
だが、この大会を境に日本女子バレーはピークを越えることになる。
次回モスクワ五輪代表チームは、モントリオール以上、史上最強との呼び声も高かったが、ソ連のアフガン侵攻に抗議すべく日本は不参加。
続く84年のロサンゼルス五輪は、ソ連がボイコットしたものの中国に敗れ銅メダルに終わる。
そして88年ソウル五輪では準決勝でペルーに、さらに3位決定戦でも中国に敗れ初のメダル無し。
92年バルセロナ五輪は5位、96年アトランタ五輪は9位と低迷が続き、ついに2000年のシドニー五輪では世界最終予選で敗退し、初めて五輪出場権を逃してしまったのだった。

どん底からの脱却を図り、若手中心のチームに切り替えた04年アテネ五輪では、なんとか出場権を得たもののベスト8が精一杯。
08年北京五輪の前年には24年ぶりにアジアチャンピオンとなり、本番の五輪でも期待されたものの、準々決勝でブラジルに敗れ5位に終わる。
そして日本バレーボール協会は2012年ロンドン五輪に向け新体制を発足。
『火の鳥NIPPON』をキャッチフレーズに、王国復活を目指すのである。

この物語は、バレーボールに青春のすべてを賭けた美しきアスリートたちの情熱と感動の物語である(ウソ?マジで?)。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2010.11.12 Fri l 泣き虫エリナ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

なんだかさぁ
この本文を芥川流行に読んでほしいよねぇ(スクールウォーズのナレーションやってた人よ!)。
2010.11.13 Sat l 私の碇で沈みなさいっ!. URL l 編集
私の碇でさんへ^^
芥川流行さんってわかりません^^;
(芥川隆行ならわかる)
第1話はちょっとシリアスに書いてみました^^
2010.11.14 Sun l スマイルジャック. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://smilejack13.blog109.fc2.com/tb.php/319-43001c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)