FC2ブログ
温暖化が問題と言われて久しいけれど、やっぱり冬は暖かい方が過ごしやすいに決まってる。
思わぬ暖冬だった僕らが高校2年の冬、僕と優二と正樹の3人は、みんな揃って17歳だった。
僕たちは、その年のお正月に親や親戚からもらったお年玉を懐にして、正樹の部屋に集まり、真剣にあることを討議していた。
お年玉で買い物をする。と言っても、ゲームソフトや新しい携帯、i-podを買おうと言うのではない。
女。僕たちはお年玉で女を買いにいく相談をしていたのだ。

僕たちは大学付属の男子高校に通い、ソフトテニス部という体育会とは名ばかりで、実質的には同好会のメンバーだった。幽霊部員を除けば実際に活動しているのはこの3人だけ。とりあえず、狭いながらも部室をあてがわれていたので、放課後、ここに集まるのが日課になっていた。
練習は…あまりやらない。そして集まれば、最終的には女の話になる。
類は友を呼ぶというか、僕ら3人は揃って晩稲で、なかなか女子と触れ合う機会も無く、あふれるほどの性欲を制御できずに、悶々とした学園生活を送っていた。
3人とも、ルックスはそうひどいものでもないと自負しているし、学校のレベルだって、人に言って恥ずかしいというほどのものでもない。
でもダメ。17年間の人生において、女とはトコトン縁が無いところは仲良く一致する僕ら3人だった。
「オレ、もう女だったら誰でもいい!誰でもいいから女とやりたい!」
長身の優二は、青春のエネルギーがオナニーだけでは発散し尽くせず、顔いっぱいのニキビをテカラセながら部室で怒鳴った。
イヤ実際問題、誰でもいいはずはないのだけど、性欲が極限まで高まった時、僕もペニスを激しくしごきながらそう思うことがよくあったから、ヤツの気持ちもよくわかる。
「正確に言うなら、普通程度の容姿であれば誰でもいい…だろ?」
3人のうちで一番ベビーフェイスながら、成績は1番優秀で、クールが売りの正樹が冷静に切り返した。

高2ともなれば、異性交遊に関しては随分と格差が発生してくる頃で、進んでる同級生には当然彼女がいて、エッチまでやっているうらやましいヤツも多い。中には数人の女と器用に付き合う達人もいる。
女子高の女の子を妊娠させてしまったヤツなんて、親は青くなっているのだろうけど、学校では英雄だ。
でも、大多数の男子高生にとっては、セックスなんて夢のまた夢、下半身で過剰に生産される精液の処理に悩む毎日だった。
若さのパワーを、ちょっとやそっとの運動で発散させるなんて、しょせん無理な話なのだ。

もちろん僕らだって、何の努力もしなかったわけではない。部活を利用して、女子高との合ハイに紛れ込んだりもした。合コンで無いところがご愛嬌だけど、男女のグループでディズニーランドにも行きました。
結果は…いいお友だちでいましょう…携帯番号の交換すらままならず。
さらに一大決心して、街角でナンパの真似ごとをしたり。
結果は…苦痛と屈辱と徒労感にさいなまれ、危うく閉じこもりになるところだった。そうならなかったのは、同じ仲間がいたからだが、僕たち3人がナンパのような色事には向いていないことをあらためて思い知らされた。
でも、向いていないからと、あきらめられるほどの境地に達しているわけもなく、結局同病相哀れむで、3人で部室でグダグタ愚痴るしか手が無かったのだ。

国語の授業で習ったドストエフスキーなら、そんな僕たちの日常を『地獄』と呼んだだろうか。
そんなありふれた内的地獄に、石を放り込んでさざ波を立てたのは、部活の先輩の田上さんのアドバイスだった。
田上さんは僕らより2コ上で、今は系列の大学の1回生。たいしてもてるルックスでは無いはずなのだが、高校時代からガールフレンドが途切れることの無い、不思議で、なおかつ僕らを勇気づけるヒーロー的存在だった。
「お前らさあ、早く女を知らなきゃダメだよ。彼女作るのは、童貞捨ててからでいいんだからな」
所用で近所に来たついでと言って、部室に寄ってくれた時、田上先輩は僕らに向かってそう言った。
「だいたい男子校の男どもは、女との接点が少ないから、どうしても女を高尚・神聖なものとしてとらえ過ぎるんだ。女性崇拝、フェミニズム。でも実際の女はそんな高貴なもんじゃない」
僕たちはただ聞き入っていた。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2011.04.18 Mon l ソープ嬢ナナちゃん l コメント (2) l top

コメント

確かに(笑)
実際の女性どもは男が思ってるほどきれいなモンじゃないよねぇ。日本の男がロリコンになる理由がなんとなくわかる様な気がする・・・・。
2011.04.18 Mon l 私の碇で沈みなさいっ!. URL l 編集
私の碇でさんへ^^
僕も高校時代とか、そんな感じでしたねえ。
最近でこそ男と女、そんなに変わんないとわかりましたが^^;
小さい女の子も苦手です…
2011.04.20 Wed l スマイルジャック. URL l 編集

コメントの投稿