FC2ブログ
「いいわ祐二クン。あなたが望むなら私の体でお勉強して。でも、ホントに初めてが私みたいなオバサンでいいの?」
「由紀さんがいいんです!ヨロシクお願いします!」
二人はしっかりとお互いの手を取り合って、感激に浸ったのでした。

初めてということで別々にバスを使い、ホテル備え付けのバスローブを身に付けて、やがて由紀さんと祐二クンは巨大なベッドの上で向かい合いました。
「祐二クン、キスの経験は?」
「それはあります。でも歯と歯がゴチンとぶつかった思い出しかなくって…」
「じゃあまずキスからね」
二人はベッドで膝立ちしたまま肩を抱き合い、しっかりと唇を合わせました。
もちろん由紀さんが、人妻特有のよく動く舌でもってリードしたのは言うまでもありません。
キスに夢中の祐二クンを制して、由紀さんがスルリとバスローブを肩から外すと、一人娘を母乳で育てながらもハリは失っていない(と、自分で信じている)乳房がこぼれ出ました。
それを、ため息混じりにうっとりと見つめる祐二クンの頭をそっと両手で抱くと、やがて二人はベッドへと倒れ込み、上になった祐二クンは幼な子のように乳首を貪り吸い始めたのでした。

それからは、経験者として由紀さんが祐二クンをリードしながら行為は進みました。
祐二クンは乳房に続いて由紀さんの全身を舐め回し、やがて両脚を開いてもらって由紀さんの中心部にも舌を這わせました。
舌戯なんてものじゃありません。ただひたすら本能のまま舐め尽くす。まさに動物です。
コンドームの装着を指示したのも由紀さん。
やがて下から手を添えながら、ゆっくりと祐二クンをいざない、そして合体。
「ああ…」
感動のうめき声を上げた由紀さん、そして運動が始まって…

(…?)
祐二クンの様子がちょっと変なのに気付いたのは、ピストンを始めて1分ほど経ってから。
「アレッ?」
とか、首をひねっていますが、その理由はすぐにわかりました。
由紀さんの体内に入ったペニスが、力を失っていたのです。
(さっき軽く触れた時はピンピンだったのに)
「ん?大丈夫?」
「あ、はい…ちょっと調子が悪いみたいで…」
「…どれ?」
体を離して祐二クンの下腹部を見てみると、案の定力を失ったペニスがピンクのコンドームを被ったままぶら下がっています。
「おかしいなあ…いつもなら全然平気なのに…」
焦りの色濃い祐二クンを落ち着かせるように、由紀さんは、
「大丈夫よ」
と、優しく声を掛けると、コンドームを外して体を伏せ、ゆっくりとペニスに口を寄せていったのでした。
「ああ…」
祐二クンの感極まった声。
夫に鍛えられた口戯で、ペニスはあっという間に由紀さんの口を満たすまでに再成長。フル勃起しさえすれば、若者らしい強靭なペニスなのです。
「ほら、大きくなった。大丈夫だから落ち着いてね」
「ハイ!」
もはや祐二クンは由紀さんの言いなりです。
今度は由紀さんがコンドームを付けてあげ、やがて祐二クンを仰向けに寝かせると自ら上に乗っかり、騎乗位で結ばれたのでした。
(つづく)
oai1002191455017-p6.jpg
(スマイルジャック情報)
今日は仕事をしながらも、みんな男子フィギュアのことが気になって仕方が無い^^;
休憩に出る人から小出しに情報を仕入れます。
「小塚は4回転に成功したのにトリプルアクセルで転んだ」
「織田の靴ヒモが切れた!」
などなど。
そしてなんといっても高橋大輔の銅メダル。
帰宅してからニュースを見たけど、贔屓目に見ても大輔の演技、素晴らしかったですね。
男子フィギュアを見て感動したのは始めてかも!
果敢に4回転にチャレンジしたのもよかったです^^
織田君も、アクシデントにめげず、最後までよく頑張りました。
今回の代表はみんな若いし、さらに成長していつか金メダルを取って欲しいですね。

そして次は…ガンバレ真央ちゃん!

スポンサーサイト
[PR]

2010.02.20 Sat l シャッフルズホテル l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

やっぱり
男性はデリケートなんでしょうね。
経験豊富な人でさえ、初回の相手では緊張して タチが悪くなったりしますもんね^^;
ましてチェリーでは そりゃ無理もないかも。
やっぱり年上かプロにお願いするのがベストなんでしょうね^^
それにしても由紀さん、潔いくらいに 積極的!(笑)
セイヨクも母性本能も 強そうだ^^;
2010.02.20 Sat l ろおりん. URL l 編集
ろうりんさんへ^^
お酒が入るとえっちバリバリのわかりやすい由紀さんでした^^
僕も初めての人だとダメなんですよね^^;
相手がプロならなんとかなるんですが・・・
いろんな女性と楽しめる男性って、ある意味スゴイと思います。
女性の皆さん、男性には優しく^^
2010.02.21 Sun l スマイルジャック. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://smilejack13.blog109.fc2.com/tb.php/58-546c1558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)