FC2ブログ
私が、韓国人留学生のヨン・ドンギュンと付き合い始めたのは、留学仲間だった里美ちゃんに誘われた合コンがきっかけだった。
ニックネームはドン。彼は留学生とは言いながら、父親が外交官なので日本での生活も長く、日本語には堪能。
出会ったのは、里美ちゃんに誘われて行った六本木のクラブだった。
オーストラリア留学で一緒だった里美ちゃんは、向こうで日本人留学生キラーのプレイボーイにバージンを捧げて以来、うぶな女子高生が一気にエッチ開眼。
帰国後は主に白人の男の子を専門に追い掛け回し、おとなしそうな顔に似合わぬ行動力で、すでに六本木あたりでは有名人になっていたらしい。
帰国からしばらく経った頃から、里美ちゃんから合コンに誘われ始め、面倒くさくてずっと放置していたのだけど、ついに断り切れずに一度だけのつもりで出掛けてきたのだ。もっとも、この日は合コンではなく、お友だちを紹介したいからと言うことだったが。
地下鉄六本木駅のコンコースで待ち合わせた私たちは、留学以来久しぶりの再開となる。
「奈緒ちゃ~ん」
小柄で目鼻立ちのちんまりした、雛人形みたいな顔立ちの里美ちゃんに、派手なメイクにキラキラアクセサリー、マイクロミニが似合っているのか、いないのか。
でも、さすが高三にして六本木界隈で鳴らすだけあって、立ち居振る舞いに妙な慣れというか風格があったりする。
まあ私は、(よく、そんな格好で、大宮くんだりから出掛けて来られるわね)と、内心呆れていたのだけど。

里美ちゃんに連れて行かれたクラブは、テレビ朝日近くに建つ小じんまりした雑居ビルの中に、2フロアぶち抜きで作られていて、店内は外から想像するよりゆったりと広々した構造になっていた。
暗い店内に暖色系のスポット。天井には控えめなミラーボールが廻って、音楽も意外なほど静かなもので、全体的にシックなクラブだった。
客のほとんどが外国人の若者で、日本人は女の子がちらほらいるくらい。
戸惑う私をよそに、里美ちゃんは次々と外国人たちと挨拶を交わしたりハグしあったり。
そして、一人の長身白人男性を見つけて駆け寄ると、ぶら下がるように抱き合ってキスを始めた。
『はは~ん。この男が里美ちゃんの彼氏か。自慢したかったのね』
もともと義理で一回だけの付き合いと決めていたし、見栄っ張りな里美ちゃんの性格もわかっていたので別に腹も立たないけど。
「奈緒ちゃん、お友達のマーク。カナダ人なの」
誇らしげに里美ちゃんに紹介され、マークと呼ばれた、いかにも軽そうな金髪のイケメンボーイと握手する。
「Nice to meet you .I am Mark. 」
「Nice to meet you.I am Nao.」
さすがに里美ちゃんは顔が広く、その後、私を一通りの男の子に紹介してくれたけど、どうやらこの店の公用語は英語のようだ。
そして、店内にたむろする他の日本人の女の子と、里美ちゃんとの最大の差は語学力。日本人向けにスローな英語などしゃべる気なんてさらさら無い外国人たちのスラング混じりの英語にも、里美ちゃんは必死に喰らい付いていた。かなり勉強しているのだろう。
もちろん、オーストラリア留学で揉まれた私だって、ある程度の会話には参加出来るけど、なんだかバカらしくなって、言葉がわからないフリをして黙っていた。
(なんだか私ったら浮いてる?)
そうは思っても、身振り手振りの割りに内容の乏しい周囲の会話がとても楽しいとは思えず、ぼんやりオレンジジュースをすすっていると、同じように手持ち無沙汰そうな男と、目が合ってしまった。
(日本人かしら?店内に日本人の男の子は一人も見かけなかったけど)
たぶん、日本人の男の子には、この店は敷居が高いのだろう。そんなことを考えていたら、その男が、さっさと近づいてきて、
「こんばんは」
と、やけに爽やかな笑顔で挨拶してきた。
おっ!日本語。でも、ちょっと発音が変かも。
「あっ、僕は韓国人です。大阪大学に留学しています。今日はアメリカ人の友達に誘われてきたんだけど、みんなの英語についていけなくて」
なるほど、たしかに韓国人っぽい日本語だけど、なかなかに流暢。留学生と名乗るからには在日韓国人ではなく、本国の人間なのだろう。
身長は175センチぐらいだろうか?痩せているけど筋肉質で均整のとれた肉体。でも、私の目を釘づけにさせたのは、その端正な顔立ちだった。
スタイリッシュショートのヘアに、絵に書いたような小顔で甘いマスク。でも、たしかに同年代の日本の男には無い、ギラッとした何かを持っている気がする。
(コイツ…油断できないかも)
私は内心、身構えた。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2011.08.06 Sat l 奈緒の冒険・なにわアクション編 l コメント (2) l top

コメント

おお!懐かしいですね
しかしまぁ、奈緒の冒険が始まるわけですね?。

あの謎の女性とかがどう変わるか楽しみです(笑)。
2011.08.07 Sun l 私の碇で沈みなさいっ!. URL l 編集
私の碇でさんへ^^
はいはい、また始まりました^^;
前に書いた時も、碇でさんにいろいろコメントを頂きました。
ちょっとづつ内容を変えていくので、どうぞお楽しみに^^
2011.08.08 Mon l スマイルジャック. URL l 編集

コメントの投稿