FC2ブログ
川添一平は、23歳にしてすでにヘロヘロだった。
サラリーマンになって1年と少し。時代はバブルなどと呼ばれていたが、浮かれていたのは、ごく一部の人間だと思った。
別に希望に胸を膨らませて社会人になったわけでもなかったけれど、連日の深夜残業に休日出勤、わがままな顧客への対応、貴重な休みの日には強制的に組合の行事にまで参加させられて、身体中にチリのような疲労が降り積もっていた。
本来、陽気で快活な性格のはずなのに厳しいノルマが一平から笑顔を消し、学生時代は友達を笑わせずにおかなかった飲み会は、単に上司のお説教会でしかなかった。
人当たりはいいのだが、それが仇となって商談はいつも相手のペースで進んでしまい、結果的に利益はさっぱり上がらず、連日上司の叱責に曝されて一平の心のスタミナを奪って行った。
(われはどこから来たのか?われは何者か? われはどこへ行くのか?)
厳しい社会に出て初めて哲学の意味を悟った一平。10年後の展望すら描くことが出来ず、若いのに過労死やうつ病のことばかりが妙に気に掛かるのだった。

本当は映画関係の仕事に付きたいと思っていた。
『仁義なき戦い』に心を昂ぶらせた中学時代。山口百恵、三浦友和のゴールデンコンビによる純愛映画に心を震わせた高校時代。そして渥美清、山田洋次という二人の天才が築き上げた寅さんシリーズに泣いたり笑ったり。
倉本聡や山田太一のような人の心を動かすシナリオライターになりたいと思い、大学では映画研究部に入部。自主制作の映画にも携わった。
そしてその時、自分の書くシナリオが箸にも棒にも掛からない代物だということを思い知らされることになる。
好きだと言う熱意だけで、どうにかなる世界ではない。野球好きが、いくら練習に明け暮れたところで江川卓や原辰徳になれないのと同様、結局は才能の世界なのだ。
一平は映画界入りに早々と見切りを付けると、たいした展望も無しに無名の食品系の商社に就職した。
いつしか、大好きだった映画を見る余裕すら、一平から失われて行った。

そんな一平の許に、晴天の霹靂のような電話を掛けて来たのは、大学時代の映画研究部で3年先輩だった村田蔵六(ぞうろく)だった。
村田は、学生時代から年間300本以上の映画を観る(もちろん映画館で)ツワモノで、その知識と理論は他の部員の追随を許さず、母校の映研出身者としては唯一人映画界に飛び込んだ、一平たちからすればヒーロー的な存在で、今は大手の映画会社で助監督を務めていた。
『おい、一平!おまえ、映画の仕事をやらないか?』
受話器が割れそうな大きな声。バイタリティーは相変わらずのようだ。
「え、映画って…僕に映画の仕事をさせてもらえるんですか?」
一平の声は、思わず上ずった。
『おうよ!まあ臨時の仕事だけど、急にフォースが辞めちまってな。どうしようかと思ってた時、おまえを思い出したんだ。おまえ、意外と気が利くし、コマ鼠みたいによく働くからな。どうだ?やってみないか?』
考えるまでもなかった。憧れの映画の仕事、そして今の地面を這いずり回るような生活から逃れられるのなら、フォースだろうが大道具だろうがエキストラだろうが、なんだってやれる。
「よろしくお願いします!」
一平は、受話器を手にしたまま、深々と頭を下げていた。
『そうかそうか。そう言ってくれると思ったよ。で、今撮ってるのはポルノなんだけど、おまえポルノ系好きだったよな?』
村田はロマンポルノで名高い、東活映画所属だった。
「ポルノ!もちろんです!自分、映研内に『ロマンポルノ研究サークル』を立ち上げてたぐらいですから!で、主演は誰なんですか?」
『飛鳥ひろみ』
「あすか…ひろみ…」
一平は、夢かと思った。高校時代、友達と大人びた服装をして、歳をごまかしながら初めて見たポルノ映画が飛鳥ひろみのデビュー作『感じまくりの18歳』だったのだ。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2011.09.22 Thu l 燃えろ一平!幻のデビュー編 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿