FC2ブログ
母と二人で京都に向かうことになった。
『そうだ、京都に行こう!』と、思い立っての母娘旅行ではない。京都には母の旦那さんが単身赴任しているのだ。
『母の旦那さん』…などと持って回った言い方をしたのは、その人が私の実の父親ではないから。別に斜に構えて拗ねているわけではない。母が再婚したのは私が高校に入ってからのことだし、離婚した父も元気でピンピンしているし、今さらその人を『お父さん』などと恥ずかしくて呼べはしない。その人だって困るだろうし…
だから私は、その人を『おじさん』とか、『三浦さん』と、姓で呼んだりする。ちなみに母は再婚して三浦さんになっちゃったけど、私は苗字を変えるのも面倒なので、今でも父親の姓を名乗っている。
ここで母と三浦さんのなり染めを、母から聞いた話を基に、多少私の想像を交えて話してみようと思う。

『三浦さん』は仕事大好き人間らしく、結婚なんて考えることなく、これまでの人生を仕事に捧げてきたらしい。
それでも40歳を迎えた頃、いきなり独身でいることに不安を感じてしまったらしい。
(僕の人生、このままでいいのか?死ぬまで仕事が出来るわけではない。歳を取って一緒にお茶を飲む人もいない人生なんて、人として失敗ではないのか?)
そんな思いに急に取り付かれて一念発起。結婚紹介サービスに入会したのだった。
そうなると完璧主義の三浦さんの性分が頭をもたげてくる。紹介される女性のデータを、タイプ別、条件別に分類し、分析整理するのだけど、どうも結婚相手と言うものは解析すればするほどにイメージが遠ざかり、一生に一度のお相手としては物足りなく感じてしまうらしい。
(僕が今まで独身を通したのは、仕事に没頭してきたと言うより、この厄介な分析癖にあるのでは?)
三浦さんは、やはり自分は結婚には向いていないのかと自信を失いかけていたのだが、人生、思わぬところに出会いがあるものだ。
母は、その結婚紹介サービスの会社で、マッチング担当者のサポートをするパートタイマーとして働いていた。50人もの会員を抱えて多忙を極める担当者に代わって、コンピュータを駆使して理想のお相手をセレクトするのだが、三浦さんもまた、母の手駒のひとつだったのだ。
母はその仕事をけっこう気に入っていたらしい。この広い世間の空の下、自分がマッチングした男女が出会ってやがて結婚し、家庭を築くかもしれないのだ。その家族がやがて太い大河のような一族を構成していくかもしれない。まさしく母は、大河の一滴を選別する仕事をしているわけで、生活のためのパートとは言え、その職種に生き甲斐と誇りを感じていた。
そして、母のそんな仕事に対する姿勢は、クライアントからも会社からも高く評価されていた。
週末になると熱心に相談に訪れる三浦さんと母は、すぐに顔馴染みになった。
完璧主義の三浦さんは、結婚紹介サービスのコンピュータソフトだけでは満足出来ず、ついには自分にコンピュータを操作させて欲しいと言い始め、もちろんそんなことは出来るはずもなく、担当者はそんな三浦さんが面倒臭くなったのか、アシスタントの母に任せ切りにしてしまう。でも母は、担当者が投げ出した三浦さんを温かく迎え入れ、そしてサポートに努めた。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2012.10.10 Wed l 母と私とおじさんと+1 l コメント (2) l top

コメント

なんだか
三浦さんって人の気持ちがわかるなぁf^^;。
俺も結婚したくないって時があったからなぁ。
2012.10.11 Thu l 大高忠敬. URL l 編集
大高忠敬さんへ^^
僕の場合は、若い頃には結婚願望があったけど、だんだん消えていきました^^;
40歳がターニングポイントでしょうか。
2012.10.12 Fri l スマイルジャック. URL l 編集

コメントの投稿