FC2ブログ
僕とゆきえ、そして奈緒が高校に入学したその年、衝撃的な事件がありました。
なんと、ゆきえの両親が離婚してしまったのです。
中学の頃から、ゆきえんちに出入りするようになっていたので、お母さんとはすでに顔馴染み。ゆきえのボーイフレンドとして、けっこう可愛がってもらっていました。
お父さんとは会ったことはなかったけれど、たぶん、ゆきえに似た感じの優しい人だと想像していた。
ところが、離婚の原因は、そのお父さんが女の人を作って家を出てしまったとのこと。意外でした。
「両親が離婚することになって…」
そう僕に告げた後、涙ぐんだゆきえでしたが、思ったほど落ち込むことはありませんでした。
すでに僕らは15歳になっていたし、父親も東京に住んでいるわけで、会おうと思えばいつでも会えましたからね。
ゆきえが大学を出るまでは、お父さんが学費などの援助をすることになっていたし、家はもともとお母さんの実家でしたから、すぐに生活に困ることも無いようでしたが、ゆきえのお母さんは働きに出ることになりました。
結婚前、看護師さんをやっていて資格を持っているとかで、昔のツテで小さなクリニックに勤め始めたのです。
「ブランクが長いから大変だけど、やっぱり働くと気持ちが引き締まっていいわ」
ある日、就職祝いを兼ねて夕食を3人で囲んだ時、ゆきえママは上気した表情で、僕たちにそんなことを言いました。
まあ、離婚は哀しい出来事ですが、ゆきえのお母さんが働き始めたことで僕とゆきえが二人っきりになる時間が格段に増えたのは嬉しいことではありました。

ゆきえのお母さんが勤めるクリニックは、土曜にも診察があったので、僕たちは主に土曜の午後、ゆきえの部屋でたっぷりと抱き合うことが出来ました。
高校生になっても、ゆきえの胸やお尻はあまり豊かにはなっていませんでしたが、それでも少しづつ女らしい膨らみが出て、肌もしっとりしてきたように感じました。僕は、彼女の剥き出しのお尻や背中を掌で撫でるのが大好きでした。
「ゆきえ、スベスベ」
「やだ、くすぐったい!」
まだまだ少女の気分の抜けないゆきえでしたが、それでも乳首やクリトリスへの愛撫には、積極的な反応を示したし、さらにフェラチオがますます熟練したことが僕を喜ばせました。
「わたし、ケンちゃんのオチンチンに中毒しているのかも」
そんなことを言いながらペニスを吸ってくれるゆきえは、まさに天使と言っても過言ではありませんが、挿入してもイク気配が無いのは相変わらずでした。
「ハア、ハア…」
と、せわしなくあえいだりはしますが、奈緒のように大声でわめいたりはしないのです。

僕とゆきえは同じ都立高校に進学。僕は中学時代と同じく陸上部で長距離を走り、ゆきえはオーケストラ部でクラリネットを吹いていました。
一方、奈緒は違う都立高校に進学。さすがに学校が違うと会う機会は激減します。
僕と奈緒の秘密のデートは、高校進学後は1回だけしかなく、中学時代に経験した3人遊びなどは一度もする機会がありません。
まあ、高校生になった僕たちは勉強や部活に忙しく、そうそう遊んでいるわけにもいかないのです。
「アレをするのは、週1回にしよ」
僕とゆきえは毎日のように顔を合せていたのですが、ゆきえの提案でセックスは週に1回だけと決めていました。
なんと言っても高校生の本文は勉強ですからね。それくらいの自制心は持ち合わせていたのです。
(つづく)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

2013.02.11 Mon l 想い出エッチ・高1編 l コメント (2) l top

コメント

想いでエッチ始まりましたね(笑)。

なんか主人公とゆきえちゃんって恋人ってより夫婦っぽい感じするんだけど(^-^;。
2013.02.14 Thu l 大高忠敬. URL l 編集
大高忠敬さんへ^^
すでに、しっかり夫婦みたいな二人ですが、まだ高一なんですよね^^;
2013.02.17 Sun l スマイルジャック. URL l 編集

コメントの投稿